PDを意識した眼鏡の選び方とは?瞳孔間距離のPDを詳しく解説!

PDを意識した眼鏡の選び方とは?瞳孔間距離のPDを詳しく解説! ファッション

「瞳孔間距離」または「PD」という用語をご存じですか?

この瞳孔間距離は、メガネを作成する際に非常に重要な要素です。

また、近年話題の「VR」でも大切な役割を果たしています。

ここでは、瞳孔間距離とは何か、その測定方法、そしてメガネやVRとの関係について詳しくご紹介します!

瞳孔間距離(PD)とは

眼鏡をかけた女性

瞳孔間距離(PD)は、英語で「Pupillary Distance」といい、略して「PD」とも呼ばれます。

これは、正面を見たときに右目と左目の瞳孔(黒目の中心)間の距離を指します。

瞳孔間距離(PD)が重要な理由

瞳孔間距離は、メガネ作成時に非常に重要です。

瞳孔間距離とメガネのサイズが一致しないと、目にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

適切なメガネを選ぶためには、正確な瞳孔間距離の測定が不可欠です。

レンズと瞳孔のズレによる影響

メガネのレンズには「光学中心」という中心点があります。

メガネを作る際には、この光学中心を瞳孔の中心に合わせる必要があります。

これがずれると、左右の視界が不均一になり、脳が調整しきれず、目が疲れやすくなります。

このため、レンズの光学中心と瞳孔間距離が一致することが大切です。

メガネフレームPDとの一致が必要

「メガネフレームPD」という用語もあります。

これは左右のレンズの中心間の距離を指します。

目に合ったメガネを作るためには、メガネフレームPDと瞳孔間距離を一致させる必要があります。

誤差は左右それぞれ1mm以内が理想で、瞳孔間距離と±2mmまでが許容範囲とされています。

メガネと顔の印象

瞳孔間距離は、メガネをかけたときの見え方にも影響します。

見た目を基準にメガネを選ぶ際には、瞳孔の位置がレンズの中心より内側5mm以内になるものを選ぶと、メガネが顔に違和感なく馴染み、洗練された印象を与えます。

逆に大きく外れると、顔が大きく見えたり、違和感を感じたりします。

瞳孔間距離(PD)の平均値

瞳孔間距離には個人差がありますが、市販のメガネフレームは平均値に基づいて作られています。

自分の瞳孔間距離と平均値を比較することで、適切なサイズを選ぶ手がかりになります。

  • 日本人男性の平均瞳孔間距離: 64mm
  • 日本人女性の平均瞳孔間距離: 62mm
  • 子ども: 子どもの瞳孔間距離は成長とともに広がり、大体10歳頃に決定します。

瞳孔間距離を理解し、適切なメガネやVR機器を選ぶことで、快適な視界と見た目を手に入れることができます。

瞳孔間距離(PD)に基づくメガネの選び方

おしゃれな眼鏡をかけた女性

メガネを選ぶ際には、レンズの中心に眼が位置することが光学的に理想とされています。

フレームサイズの見方

メガネフレームのサイズ情報は、例えば「55□17-140」と表記されています。

これは、片方のレンズの幅が55mm、レンズ間の鼻幅が17mmを示します。

この2つの数値を足した72mmがレンズ中心間の距離です。

140はテンプルの長さを示しており、単位はmmです。

フレーム選びのポイント

瞳孔間距離(PD)とレンズの中心位置が一致するフレームを選ぶのがおすすめです。

特に度が強い方は、レンズ幅と鼻幅の合計が瞳孔間距離に近いフレームを選ぶと良いでしょう。

フレームが大きすぎる場合

瞳孔間距離に対してフレームが大きすぎると、目がレンズの内側に寄り、目が寄って見える場合があります。

また、大きすぎるフレームはフィット感が悪く、レンズが厚くなることもあります。

フレームが小さすぎる場合

逆に、瞳孔間距離に対してフレームが小さすぎると、目がレンズの外側に位置し、不自然な見た目になります。

顔が大きく見えることもあるため、適切なサイズを選びましょう。

最適なフレーム

理想的なフレームは、黒目の中心がレンズの中心、もしくはやや内側に位置するものです。

また、フレームの幅が顔の輪郭に合っていることも重要です。

視力に影響を与え、目の疲れやメガネの不具合の原因となります。

瞳孔間距離(PD)の測定方法

メガネ店や眼科では、「PDメーター」という専用の機械を使って瞳孔間距離を測定します。

黒目の部分が光り、それを内蔵されたメーターで測定する仕組みです。

測定精度は眼科とメガネ店でほとんど差はありません。

VR使用時の瞳孔間距離の重要性

VRヘッドセットもメガネと同様にレンズを使用しており、瞳孔間距離が合っていないと目に負担がかかりやすくなります。

適切なヘッドセットを選び、レンズの距離を調整することで、目の疲れや頭痛、目眩を防ぎ、快適にVR体験を楽しむことができます。

PDを意識した眼鏡の選び方についてのまとめ

理想的なメガネの配置は以下の通りです。

  • 瞳孔間距離(PD): レンズの中心、またはやや内側
  • アイポイント(EP): レンズの中心よりやや高めの位置
  • 角膜頂点間距離(VD): 12mmが適切

この配置でメガネをかけると、見た目も美しくなります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました