アフィリエイト広告を利用した記事があります

40代女性の喪服の選び方!センスの良いブラックフォーマルとは?

40代女性の喪服の選び方!センスの良いブラックフォーマルとは? マナー

40代女性が喪服を選ぶときに役立つポイントをご紹介します。

若い頃に購入した喪服がデザイン的に古く感じたり、体形が変わったりすることが多いため、新たに喪服を買い替える女性も多いです。

40代女性にぴったりの喪服の選び方

少し年配の女性の喪服

20代や30代に購入したブラックフォーマルから、新たに買い替えることが多い40代女性。

デザインが古く感じたり、年齢や体形の変化に対応するためです。

喪服の買い替えの目安は10年とされています。

40代女性が選ぶ喪服は、10年後の50代まで着用できるように選ぶと良いでしょう。

40代になるとお付き合いも増え、葬儀やお通夜に参列する機会も多くなります。

喪服を着る機会が増える中で、参列者の目を気にして「常識がないと思われないか」マナーにも敏感になりますね。

年齢を重ねるごとにフォーマルマナーは重要になるため、ブラックフォーマルを選ぶ際に慎重になるのも無理はありません。

そこで、失敗しないための喪服選びのポイントをご紹介します。

ブラックフォーマルの選び方:4つのポイント

合掌する女性

①オーソドックスなデザイン

40代で買い替える際は、10年後の50代も見据えてデザインを選ぶことが大切です。

40代女性には、可愛らしさよりも落ち着いたエレガントなデザインが似合います。

ジャケットとワンピースのセットが一般的で、特にノーカラージャケットが人気です。

顔周りをスッキリ見せ、ネックレスとの相性も良いデザインです。

②大人の品格を表す「品質」

親戚や職場関係の方々が集まる場では、喪服の「黒の色」が比較されやすいです。

黒の深みを重視し、濃染加工を施した生地を選ぶことが大切です。

長く着ることを見据え、50代になっても着用できる深みのある黒を選びましょう。

③安心できる丈感

フォーマルマナーとして、座った際に膝が見えないことが重要です。

最近ではロング丈のワンピースが人気で、体型をカバーしながらも上品に見えるため、試着サービスなどを利用して自分に合った丈感を選びましょう。

④慎重なサイズ選び

40代は体形が変わりやすい時期です。

ブラックフォーマルには伸縮性がないため、動きやすいサイズ感を選びましょう。

少し余裕のあるサイズを選ぶと、動きやすくて楽です。

喪服選びのポイントと賢い購入方法

ハンガーにかけたスーツ

喪服を選ぶ際には、サイズやデザインだけでなく、次のような点にも注意することで失敗を避けられます。

  1. 黒の色味を見極める:品質に大きく影響する黒色の違いをしっかり確認しましょう。
  2. 季節を問わず着られるデザイン:七分袖やワンピースのセットなど、オールシーズン対応のものを選ぶと便利です。
  3. 落ち着いた上品なスタイル:年齢に合った長めのスカート丈は、落ち着きと上品さを演出します。
  4. ゆとりのあるフィット感:アームホールやウエストに余裕があるものを選ぶと快適です。
  5. ファスナーの位置を確認:後ろファスナーか前ファスナーかを確認しておきましょう。

お得な購入方法:バーゲン情報を活用

お得に喪服を購入するためには、フォーマルバーゲンを行っている店舗を狙うのが賢い方法です。

店舗のホームページでバーゲン情報をチェックし、そのタイミングで購入するとお得です。

日頃から気になる喪服をチェックしておき、バーゲンの機会を逃さないようにしましょう。

40代女性の喪服の選び方についてのまとめ

40代女性が喪服を選ぶ際は、年代や体形、シーズンに応じたアイテムを選ぶことが大切です。

シンプルで上品なデザインの喪服を選び、着心地の良いアイテムを選ぶことで、センスの良い着こなしができます。

喪服は突然必要になることが多いため、事前に準備しておくと安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました