アフィリエイト広告を利用した記事があります

30代女性の喪服の選び方は?失敗しないブラックフォーマルを解説!

30代女性の喪服の選び方は?失敗しないブラックフォーマルを解説! マナー

30代女性にぴったりの喪服や、選ぶ際のポイントについてご紹介します。

何も考えずに購入してしまい、周囲から“非常識”と思われないよう、マナーを考慮した喪服選びが大切です。

大人の女性として、最低限のマナーを踏まえた選択が求められます。

30代女性に似合うブラックフォーマルの選び方

合掌する若い女性

20代の頃に初めて喪服を購入する方が多く、その際には『若々しさ』や『トレンド』を意識したデザインを選んでいたかもしれません。

しかし、喪服の買い替え時期は一般的に10年が目安と言われています。

30代に入ると、自分の体型や環境に合った新しい喪服を検討する時期です。

20代とは異なる「30代の自分」に似合う喪服を考えましょう。

喪服選びの3つのポイント

1. トレンドに左右されないデザイン

喪服は頻繁に買い替えるものではないため、長く使えるデザインを選びましょう。

30代では若々しさと落ち着きを兼ね備えた年代です。

シンプルでエレガントなデザインや、ワンポイントのアクセントがあるデザインがおすすめです。

特に、ノーカラージャケットは顔周りをスッキリ見せ、ネックレスとの相性も良いため人気があります。

2. 安心できる丈感

フォーマルマナーとして、座った際に膝が見えない丈が望ましいです。

最近ではロング丈のワンピースが人気で、体型カバーやスタイルアップ効果も期待できます。

試着サービスを利用して、自分に合った丈感を確認しましょう。

3. 慎重なサイズ選び

喪服は伸縮性がないため、普段の服よりも着疲れしやすいことがあります。

体型変化を考慮して、少し余裕のあるサイズを選ぶことが大切です。

動きやすさも考慮し、参列時の役割に合わせたサイズ選びを心がけましょう。

30代女性におすすめの喪服デザイン

アンサンブルタイプ

ワンピースとジャケットがセットになったアンサンブルタイプは、季節を問わず着られるため便利です。

ジャケットとの組み合わせでさまざまなシーンに対応できます。

エレガントなワンピース

襟元が詰まった長袖で、スカート丈がひざ下からくるぶし丈のワンピースは、格式高い喪服として適しています。

落ち着いた雰囲気と女性らしさを兼ね備えたデザインが人気です。

ブランド喪服

デザイン性が高く、上質な素材を使用したブランド喪服は、30代女性におすすめです。

丁寧なつくりで長く愛用でき、厳粛な場でも見劣りしません。

30代女性が選ぶべきセンスの良い喪服のポイント

  1. 顔まわりをスッキリ見せるノーカラージャケット
    ノーカラージャケットは首元をシンプルにし、顔まわりをすっきりと見せる効果があります。
  2. 大人っぽい印象を与えるジャケットやボレロ
    かっちりしたジャケットやボレロを羽織ることで、より洗練された大人っぽい印象を作り出します。
  3. 体型をカバーできるデザイン
    体型をカバーできるデザインを選ぶと、長期間着用することができます。

30代女性向けの喪服を探すなら?

30代女性におすすめの喪服として、5分袖のワンピースにノーカラージャケットを組み合わせたスタイルが挙げられます。

大人の魅力を引き立てる美しいシルエットで、センスの良い着こなしが可能です。

ノーカラージャケットは首元をシンプルにし、首を細く長く見せる効果が期待できます。

これにより、顔まわりがすっきりとし、シャープな印象を与えることができます。

30代にふさわしい喪服のおさらい

30代になると、20代の頃に購入した喪服が古く感じられることがあります。

特に出産後は体型が変わり、以前のサイズが合わなくなることも多いです。

30代の喪服選びでは、若々しさと落ち着きを兼ね備えたデザインを選ぶのがポイントです。

レース袖やラッフルフリルなど、フレッシュな印象のデザインがよく似合います。

30代は加齢とともに体型が変化していき、喪服を着る機会も増えます。

おすすめはワンピースタイプのアンサンブルです。

アンサンブルはワンピースとジャケットがセットになっており、季節を問わず着用できるので便利です。

慶弔どちらにも対応できる汎用性の高いアイテムを選ぶことをおすすめします。

30代女性の喪服の選び方についてのまとめ

30代はシンプルかつ大人っぽい喪服を選ぶことで、センスの良い着こなしができます。

体型が変化しやすい年代でもあるため、体型をカバーできるデザインを選ぶと長く着用できるでしょう。

自分に合った喪服を見つけて、常識ある大人の女性としてのマナーを守りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました