アフィリエイト広告を利用した記事があります

20代女性の喪服の選び方は?女性にもフォーマルスーツが必要!

20代女性の喪服の選び方は?女性にもフォーマルスーツが必要! マナー

社会人になると、いつ喪服が必要になるか予測がつかないことが多いです。

今回は、20代の女性が喪服を購入する際に知っておきたい3つのポイントを紹介します。

20代女性の喪服の選び方のポイント3選!

喪服を着ている女性

以下に、20代女性の喪服の選び方のポイントを3つご紹介します。

ポイント1.購入場所

初めて喪服を購入する際、どこで買えば良いか迷うこともあるでしょう。

一般的には、次の場所で購入することが多いです。

  • 百貨店やショッピングモール
  • 衣料量販店
  • 喪服専門の通販サイト

百貨店は品質が高い分価格も高くなりがちですが、量販店は手頃な価格で購入できるものの、デザインの選択肢が少ないというデメリットがあります。

そこでおすすめなのが喪服専門の通販サイトです。

周りと少し差をつけたい場合、通販は良い選択肢となるでしょう。

試着サービスを活用して安心の購入

通販で心配なのが試着できない点ですが、最近は試着サービスを提供している通販サイトも増えています。

このサービスを利用すれば、「サイズが合わない」「写真と実物のイメージが違う」といった問題も解消できます。

ポイント2.おすすめの喪服デザイン

シンプルな黒の喪服だからこそ、デザインの違いが際立ちます。

スタイルがよく見えるもの、かわいらしいもの、上品で女性らしいものなど、さまざまなデザインがあります。

ジャケットのタイプで印象が変わる

20代の女性が着る喪服なら、デザインに丸みを取り入れることでおしゃれでかわいらしい印象を与えられます。

  • ボレロジャケット:短めの丈で若々しくかわいらしい雰囲気を演出。
  • ショールカラージャケット:裾に丸みがあるデザインで女性らしい上品さを表現。
  • Bテーラージャケット:襟の先に丸みを持たせたテーラージャケットで、フェミニンな印象に。

リボン付きデザインで若々しさを

ウエスト位置が高めに見える切替やリボン付きのデザインは、20代の女性にぴったりの若々しいイメージを与えます。

リボンは取り外し可能なものが多いので、シンプルにも着こなせます。

スカートの選び方

タイトスカートよりもフレアスカートの方が動きやすく、しわになりにくいのでおすすめです。

スカートの丈にも注意が必要で、膝が見える長さは避けましょう。

ポイント3.価格

20代の女性が初めて喪服を購入する際、高価なものを選ぶ必要はありません。

適度な価格帯で、見劣りしないものを選べば十分です。

価格による「黒」の違い

喪服の価格によって黒の濃さが異なります。

高価な喪服ほど漆黒に近い深い黒色になりますので、できるだけ濃い黒を選ぶことをおすすめします。

フォーマルスーツは20代に必要?

悲しそうな女性の横顔

中学生や高校生の間は学校の制服があるため、フォーマルスーツを持っていなくても問題ありません。

しかし、20代になると友人の結婚式や葬儀など、冠婚葬祭に出席する機会が増えます。

そのため、フォーマルスーツを一着持っておくことが重要です。

フォーマルスーツの選び方

シンプルで流行に左右されないデザインを選びましょう。

長く使えるシンプルなデザインは、着用回数が少なくても劣化しにくくなります。

サイズ選びでは、体型の変化に対応できるよう、細身のシルエットよりも標準的なシルエットを選ぶと良いでしょう。

フォーマルスーツの着用シーン

お葬式で手を合わせる喪服の女性

フォーマルスーツは、主に冠婚葬祭の場で着用されます。

冠婚葬祭それぞれの意味について見ていきましょう。

「冠」は、公家や武家で成人になった際に行われる儀式「元服」に由来します。

現代では主に成人式を指します。

成人式では、男性は袴、女性は振袖を着ることが一般的ですが、これは和装の正礼装に分類されます。

しかし、必ずしもフォーマルスーツを着る必要はなく、大学の入学式用に購入したスーツで参加することも多いです。

また、「冠」には叙勲も含まれます。

叙勲とは、国家や社会、文化に対して大きく貢献した方に対して国家が勲章を授与することです。

叙勲の伝達式では、正礼装を着用するのが一般的です。

「婚」は結婚式を意味します。

新郎やその父親、親族は正礼装を着るのが一般的です。

ゲストとして参列する場合は、略礼装に分類されるブラックスーツやダークスーツを着用すると良いでしょう。

しかし、近年では結婚式の服装が多様化しており、明るめのスーツを着る方も増えています。

明るいスーツを着てもマナー違反にはなりませんが、花嫁の衣装を引き立てるような服装を心がけましょう。

「葬」は葬式を指します。

葬式では、喪主や遺族は正喪服としてモーニングや袴を着用するのが伝統的でしたが、最近では葬式の簡略化に伴い、喪主や遺族であっても準喪服であるブラックスーツを着ることが一般的です。

冠婚葬祭用のブラックスーツは、ビジネス用のブラックスーツとは異なり、漆黒と呼ばれる深い黒色です。

ビジネス用スーツはややグレーがかった黒色のことが多く、冠婚葬祭の場では違和感を与える可能性があります。

「祭」は、正月やお盆、お彼岸、お中元、お歳暮など、祖先を敬うための祭礼を意味します。

正月やお盆に親戚の家を訪れる際は、伝統的には正装が求められます。

しかし、最近ではラフではない服装であれば問題ないとされています。

また、お中元やお歳暮を持参する際も、正装が本来の在り方ですが、宅配便で送ることが一般的になっています。

それでもラフではない服装を心がけるのが無難です。

地方によっては独自の風習が残っている場合もあるため、その土地の習慣に合わせた服装が大切です。

20代女性の喪服の選び方についてのまとめ

フォーマルスーツや喪服の購入は、社会人の身だしなみとして重要です。

特に20代は冠婚葬祭に参加する機会が多いため、1着は持っておくことをおすすめします。

シンプルで上質なものを選び、長く着用できるようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました