アフィリエイト広告を利用した記事があります

電球交換時の電球の選び方は?LED電球の正しい捨て方も解説!

電球交換時の電球の選び方は?LED電球の正しい捨て方も解説! 家電

LED電球はオフィスや店舗などで広く使われ、空間を明るく照らして業務効率の向上や店舗の演出に欠かせない存在となっています。

しかし、LED電球には様々な形状やサイズがあり、それぞれの特性も異なります。

快適で集中できる空間を作るためには、用途や雰囲気に合ったLED電球を選ぶことが重要です。

今回は、LED電球の種類や選び方、そして正しい処分方法についてご紹介します。

LED電球の種類

LED電球

LED電球とは、発光ダイオード(Light Emitting Diode)を使用した電球のことです。

白熱電球に比べて消費電力が少なく、長寿命であるのが特徴です。

形状やサイズが異なるさまざまなタイプがあり、空間の雰囲気や用途に応じて選ぶことが重要です。

代表的なLED電球の形状は以下の通りです。

  • 一般電球形
  • 小型電球形
  • ボール形
  • レフランプ形
  • ビームランプ形
  • クリプトン形
  • シャンデリア形

さらに、蛍光灯形状や常夜灯用のナツメ型電球もあります。

LED電球の選び方

1. 口金のサイズ確認

口金とは、照明器具のソケットに取り付けるための金属部分です。

サイズが合わないと電球を取り付けられないので、適切なサイズのものを選びましょう。

家庭でよく使われるサイズは、E26(直径26mm)やE17(直径17mm)です。

他にもE12やE11などの小さなサイズもあります。

2. 光の広がり方

光の広がり方には、全方向に広がるタイプと下方向に広がるタイプがあります。

全方向に広がるタイプは空間全体を明るく照らし、ペンダントライトやスタンドに適しています。

下方向に広がるタイプは手元や足元を照らすのに適しており、シーリングライトやダウンライトに向いています。

3. 光の色

LED電球の光の色は、電球色、温白色、昼白色、昼光色の4種類に分けられます。

  • 電球色: 温かみのあるオレンジ色で、落ち着いた雰囲気を作り出します。
  • 温白色: 温かみと明るさを兼ね備えた白っぽい色です。
  • 昼白色: 太陽光に近い自然な光色で、多くの部屋に適しています。
  • 昼光色: 青白い色で文字をはっきりと見せる効果があります。

4. 明るさの確認

LED電球の明るさはルーメン(lm)という単位で表されます。

一般的な白熱電球からの交換の場合、60W形相当の明るさを基準に選ぶと良いでしょう。

空間の大きさに応じて必要な明るさも考慮します。

電球の捨て方

LED電球を交換する際には、正しい捨て方を確認しましょう。

自治体によって異なりますが、基本的には「燃えないゴミ(不燃ゴミ)」として扱われることが多いです。

詳細は自治体のホームページなどで確認しましょう。

ガラス製の電球は割れる可能性があるため、箱や新聞紙で包んでから捨てるのが安全です。

また、蛍光管など水銀を含むものは特別な処分方法が必要です。

異なるワット数の電球を交換することは可能?

電球を拭く男性

ここでは、異なるワット数の電球を使用する際の注意点について解説します。

照明器具の規定ワット数より低い電球への交換は問題なし

高いワット数の電球から低いワット数の電球に交換する場合、特に問題はありません。

消費電力が少なくなるため、電気代の節約にもなります。

ただし、消費電力が減ると同時に電球の明るさも低下します。

LED電球は消費電力が低くても十分に明るいですが、白熱電球を使用する際は注意が必要です。

照明器具の規定ワット数より高い電球への交換は要注意

低いワット数の電球から高いワット数の電球に交換する場合は注意が必要です。

消費電力が大きい電球は熱を発しやすく、照明器具の規定ワット数を超えると、過熱により部品が溶けて火災の危険性があります。

高いワット数の電球に交換する前に、必ず照明器具の対応ワット数を確認してください。

交換時の電球の選び方についてのまとめ

LED電球を選ぶ際には、照明器具の形状や使用する空間に適したものを選びましょう。

また、電球を交換する際の正しい処分方法も知っておくことが大切です。

LED電球を適切に選び、使うことで、快適でおしゃれな空間を作り出すことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました