アフィリエイト広告を利用した記事があります

電球のサイズの選び方とは?正しいサイズの測り方を解説!

電球のサイズの選び方とは?正しいサイズの測り方を解説! 家電

電球を交換する際、サイズや種類選びに困った経験がある方は多いでしょう。

ここでは、電球の口金サイズや種類の確認方法について解説し、おすすめの電球や交換時の注意点も紹介します。

電球購入前に知っておくべき2つのポイント

電球の光

電球には様々な種類やサイズがあります。

形状や大きさが異なるため、選ぶ際に迷うことも多いでしょう。

しかし、「口金サイズの見方」と「型番の見方」の2つのポイントを押さえれば、選びやすくなります。

ポイント①:口金サイズの見方を知る

口金とは、電球の根元にある金属部分のことです。

口金にはさまざまなサイズがあり、「E26」などの「E+数字」で表記されます。

Eはエジソンの頭文字で、数字は口金の直径を示します。

日本の一般家庭で使われる主な口金サイズはE26、E17、E11です。

日本の一般家庭で使われる口金サイズの種類

口金サイズ直径の大きさ
E2626mm
E1717mm
E1111mm

電球選びのコツ

ガラス球の形や大きさが多少異なっても、口金のサイズが合っていれば取り付け可能です。

口金サイズが異なると照明器具に取り付けられず、落下や電気不通の原因となります。

正しい口金サイズを選ぶことが重要です。

ポイント②:電球の型番の見方を知る

電球の口金やガラス球には、「KR100V22W」などの数字とアルファベットが組み合わされた型番が表記されています。

これは電球の種類、定格電圧、消費電力を示します。

例えば、KR100V22Wの場合、KRが電球の種類、100Vが定格電圧、22Wが消費電力です。

型番の見方

表記アルファベット~V~W特殊記号E~
LCやGWなど100Vや110V40Wなど(G)50などE26、E17など
表記の意味電球の種類定格電圧消費電力ガラス球のサイズなど口金のサイズ

型番の位置

型番は電球の根元の口金部分に表記されていることもあれば、ガラス球の上部に表記されていることもあります。

表記方法は製品によって異なるため、古い電球を店舗に持ち込み、店員に相談するのも良いでしょう。

ワット数に注意

ワットとは消費電力を示す単位です。

電球を交換する際は、元の電球と同じワット数のもの、または照明器具の規格よりも小さいワット数のものを選びます。

規格より大きいワット数の電球を選ぶと、過剰な熱により事故のリスクが高まります。

電球の口金サイズと確認方法のおさらい

LEDライト用電球 60W

電球の口金サイズを確認する方法をおさらいしてみます。

主な口金サイズ

日本で一般的に流通している電球の口金サイズは主に3種類です。

  • E26:直径26mm、広配光・全方向・人感センサー・フィラメント
  • E17:直径17mm、広配光・全方向・ミニクリプトン・シャンデリア
  • E12:直径12mm、ハロゲンライト、スポット電球

間違ったサイズを選ぶと取り付けができず、電球が壊れる危険があります。

口金サイズの確認方法

以下の方法で電球の口金サイズを確認できます。

  1. 使用済みの電球を見る:電球の口金部分やガラス部分にサイズが記載されています。
  2. 照明機器を確認する:取扱説明書や照明機器自体にサイズが表記されています。
  3. 購入時の箱を確認する:電球や照明機器の箱にサイズが記載されています。箱を保管しておくと便利です。

電球の口金サイズを測る方法

電球のサイズが分からない場合は、直接測定することで確認できます。

定規で測る方法

  1. 定規を平らなところに置き、口金の出っ張り部分を目盛りの上にのせる。
  2. 真正面から目盛りを読んで幅を測ります。

メジャーで測る方法

  1. 口金の円周を測り、「円周÷3.14」で直径を出します。
  2. 例えば、円周が82mmの場合、「82÷3.14=26.11」で直径は約26mmとなり、E26サイズです。

電球の種類と表記の見方

電球の種類

電球には白熱電球、LED電球、電球型蛍光灯などがあります。

それぞれの型番の見方を解説します。

白熱電球

白熱電球はフィラメントに電流を流して発光します。

安価ですが、消費電力が高く寿命が短いです。

  • L:ナス型の透明ガラス
  • LW:白く塗装された電球
  • GC:ボール型の透明ガラス
  • GW:ボール型の白く塗装された電球

LED電球

LED電球は発光ダイオードを使用し、寿命が長く消費電力が少ないです。

  • LDA:ナス型、ミニクリプトン型
  • LDG:ボール型
  • LDR:ビームランプ、レフランプ
  • LDC:シャンデリア用

電球型蛍光灯

電球型蛍光灯は蛍光管に電流を流して発光します。

LEDに比べると消費電力が高くなりますが、寿命は長いです。

  • EFA:ナス型
  • EFG:ボール型
  • EFD:ガラス球がないむき出しのタイプ

電球交換時の注意点

ブレーカーを落とす

電球を交換する際は、電源だけでなくブレーカーを落としましょう。

漏電や感電のリスクを防げます。

特に高所での作業は注意が必要です。

W数の確認

W数を低いものから高いものに交換するのは避けましょう。

高いW数は照明器具が耐え切れず、溶ける危険があります。

電球の締め過ぎに注意

電球を締め過ぎるとソケットが壊れたり、交換時に取れなくなったりします。

自然に止まるところまで締めましょう。

電球のサイズの選び方についてのまとめ

電球のサイズや種類の確認方法を知っておくと、交換時にスムーズに対応できます。

適切なサイズや明るさの電球を選び、安全に取り換えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました