アフィリエイト広告を利用した記事があります

電気代が安い電球の選び方!LEDで電気代を節約する方法とは?

電気代が安い電球の選び方!LEDで電気代を節約する方法とは? 家電

LEDは従来の白熱電球や蛍光灯に比べて消費電力が少なく、寿命が長いという特徴があります。

「LEDに替えるとどれくらい電気代が安くなるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。

この記事では、LEDと従来の白熱電球や蛍光灯を比較し、その電気代の差を解説します。

また、電気代を節約する方法も紹介します。

LEDと白熱電球・蛍光灯のどれが電気代が安い?

電気料金

購入価格の比較

LEDに交換する際、まず気になるのが購入価格です。

以下に白熱電球、電球形蛍光ランプ、LED電球の購入価格を示します。

種類購入価格(※)
白熱電球100~200円程度
電球形蛍光ランプ700~1,200円程度
LED電球1,000~3,000円程度

※出典:経済産業省「LED照明産業を取り巻く現状」

白熱電球が最も安価ですが、LED電球は1,000~2,100円と、白熱電球の約10倍の価格差があります。

家中の白熱電球を一度にLEDに替えるのはコストがかかるため、まずはよく使う場所から交換していくと良いでしょう。

電気代の比較

次に、電気代を比較してみましょう。

照明は毎日使うものなので、長い目で見て電気代の差を比較することが大切です。

種類消費電力(※1)電気代(1日あたり)(※2)電気代(1年あたり)(※2)
白熱電球54W11.7円4,257円
電球形蛍光ランプ12W2.6円946円
LED電球9W1.9円710円
※1 出典:経済産業省「LED照明産業を取り巻く現状」 ※2 電気代は「消費電力(W)÷1000×1日の使用時間(時間)×1kWhあたりの料金単価(円/kWh)」として算出 ※2 料金単価は27円/kWhとして試算(平成26年4月公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価より) ※2 1日の使用時間は8時間、1年365日として計算

LED電球は、白熱電球に比べて消費電力が大幅に少なく、年単位で見ると電気代に大きな差が生じます。

寿命の比較

最後に、それぞれの電球の寿命を比較します。

種類寿命(※)
白熱電球1,000時間
電球形蛍光ランプ6,000~10,000時間
LED電球40,000時間

※出典:経済産業省「LED照明産業を取り巻く現状」

LED電球の寿命は白熱電球の約40倍、蛍光灯の4~6倍と圧倒的に長いです。

これにより、買い替えの頻度が大幅に減り、結果的にコストを抑えることができます。

結局どれが一番お得?

長期間使用した場合、最もお得なのはLEDです。

以下に10年間にかかるコスト(購入価格+電気代)を試算して比較しました。

種類購入価格電気代(10年あたり)合計
白熱電球4,500円42,570円47,070円
電球形蛍光ランプ3,800円9,460円13,260円
LED電球2,000円7,100円9,100円

長期的に見ると、LEDが最もコストパフォーマンスが良いことがわかります。

特に、頻繁に使用する場所や長時間点灯する場所でその効果が顕著です。

LED化するには実際どうしたらいい?

シーリングライトや電球は簡単に自分でLEDに交換できます。

一方、直管型蛍光灯をLEDに交換する場合は、バイパス工事が必要です。

電気工事士の資格が必要なため、工務店に依頼しましょう。

照明の電気代を節約するには

家計の節約

LEDに交換する以外にも、以下の方法で照明の電気代を節約できます。

  • 適切な使用:日中は自然光を利用し、必要なときだけ照明を使う。
  • 定期的なメンテナンス:照明器具を清掃し、効率を上げる。
  • 契約プランや電力会社の見直し:ライフスタイルに合ったプランを選び、電気代を節約。

電気代が安い電球はLED まとめ

今回は、LEDの特徴や電気代の比較、蛍光灯や白熱電球との違いについて紹介しました。

LEDがいかに省エネでコストパフォーマンスに優れた照明器具であるかを理解いただけたと思います。

電気代を節約したい方は、家電の使い方や電力会社のプラン見直しも検討してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました