アフィリエイト広告を利用した記事があります

野球用のズボンの選び方は?ユニフォームの種類と選ぶコツ!

野球用のズボンの選び方は?ユニフォームの種類と選ぶコツ! ズボン

野球を快適にプレーするためには、適切なウェア選びが重要です。

今回は、野球用のユニフォームズボンの種類や選び方、その他必要なウェアについて紹介します。

ズボン選びのポイントやはき方など、参考にしてください。

野球ユニフォームのズボンには練習用と試合用がある

外野手

野球ユニフォームのズボンには練習用と試合用があります。

  • 練習用: 無地の白で、耐久性が重視されます。
  • 試合用: チームで揃えて購入することが多く、高校野球や軟式野球などの各連盟の規定に従う必要があります。

野球ユニフォームのズボンの種類

野球ユニフォームのズボンにはさまざまなスタイルがあります。

  • ショートスタイル: 裾が膝下までのタイプで、ストッキングを折り込まずに着用できます。
  • レギュラースタイル: 裾がすねまでの長さで、ストッキングを折り込んで着用します。
  • ロングスタイル: くるぶしまでの長さで、裾部分がゴムで絞られています。
  • ストレートスタイル: 裾がかかとまであり、ゴムをスパイクにかけて着用します。脚を長く見せる効果があり、プロ選手にも人気です。
  • 足掛けストレートスタイル: 裾にゴムがなく、すっきりした印象のズボンです。裾が広がったデザインで、スパイクにゴムをかけて着用します。

野球ユニフォームのズボンを選ぶポイント

ズボンを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

  • 耐久性: スライディングなどでも破れにくい、丈夫な素材を選びましょう。
  • サイズ感: ブランドによってサイズ感が異なるため、試着してウエストや股下の長さを確認しましょう。
  • 動きやすさ: ストレッチ性のある素材が使われているものを選ぶと良いです。
  • 軽量性: 長時間のプレーでも疲れにくい、軽量なズボンを選びましょう。
  • 汚れの落ちやすさ: 泥汚れが落ちやすい素材や、防泥加工されたズボンを選びましょう。

野球ユニフォームのズボンのはき方と必要なアイテム

ズボンの種類によってはき方が異なるため、個性を出しやすいポイントです。

ストッキングを見せるかどうかで印象も変わります。

一般的には、先にソックスとストッキングを履き、その後にズボンをはきます。

以下は、ズボンをはく際に必要なアイテムです。

  • ソックス: 夏用と冬用があります。膝上タイプと膝丈タイプがあり、膝丈タイプは夏におすすめですが、ストッキングバンドが必要です。
  • ストッキングバンド: ソックスがずれないようにするために装着します。
  • ストッキング: ローカットタイプとレギュラーカットタイプがあります。試合ではチームカラーで揃えることが多いです。
  • スライディングズボン: けがの予防や筋肉サポートのため、ユニフォームの下に着用します。
  • ベルト: ユニフォームに合わせて、耐久性のあるベルトを選びましょう。

その他必要な野球ウェア

ズボン以外にも、試合や練習で必要なウェアを紹介します。

  • 試合用ユニフォームシャツ: チームでデザインを統一し、まとめて発注します。
  • 練習用ユニフォームシャツ: 白色で吸汗速乾性に優れたものを選びましょう。
  • アンダーシャツ: 季節に応じて、冬は長袖、夏は半袖を着用します。コンプレッションタイプやゆったりしたタイプがあります。
  • グラウンドコート: 寒い時期に便利です。裏起毛タイプやプルオーバータイプなどがあります。
  • スパイク: ゴムや樹脂の突起が付いた「ポイント」と金属の突起が付いた「金具」があります。練習時にはポイント、試合時には金具を使い分けます。
  • 帽子: 屋外でのプレーに必須です。練習用は白のキャップ、試合用はチームでデザインを統一します。

野球のズボンの選び方についてのまとめ

それでは、野球用のズボンの選び方とユニフォームの種類などご紹介してみました。

ユニフォームのズボンは、試合用と練習用に分かれており、それぞれ必要な機能が違うので押さえておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました