アフィリエイト広告を利用した記事があります

運転に適したサングラスの選び方は?可視光線透過率なども解説!

運転に適したサングラスの選び方は?可視光線透過率なども解説! サングラス

運転中の安全性と視界の確保をサポートする運転用サングラスには、一般的なタウン用サングラスとは異なる注意点や選び方があります。

ここでは、昼間と夜間の運転に適したサングラスの選び方や、おすすめのレンズについて解説します。

昼間の運転用サングラスの選び方

車の運転をする女性

昼間の運転では、強い日差しや反射を防ぐことが求められます。

以下のポイントを押さえて、適切なサングラスを選びましょう。

可視光線透過率

可視光線透過率は、レンズを通してどれだけ光が通るかを示す数値です。

昼間の運転では、可視光線透過率が8%以下のものが推奨されます。

一方、薄暮や夜間の運転では75%未満のレンズは使用禁止とされています。

曇りの日には、20~30%程度の透過率が適しています。

偏光度

偏光度は、乱反射や雑光をカットする度合いを示します。

偏光度が高いレンズほど、視界がクリアになり目が疲れにくくなります。

昼間の運転には、可視光線透過率が低く、偏光度が高いサングラスが最適です。

レンズのカラー

カラーレンズは、色の種類や濃度によって効果が異なります。

昼間の運転には、ブラウン、グレー、グリーンなどのレンズカラーが適しています。

これらのカラーは、眩しさを抑えつつ、視界の色調を自然に保つことができます。

夜間の運転用サングラスの選び方

夜間の運転では、視界を確保するために特に慎重にサングラスを選ぶ必要があります。

可視光線透過率

夜間の運転には、可視光線透過率が75%以上のレンズが必要です。

昼間のサングラスとは異なり、夜間用のサングラスは高い透過率を持つものを選びましょう。

偏光度

夜間の運転でも、対向車のヘッドライトや濡れた路面の反射光を軽減するために、偏光度の高いサングラスが有効です。

ただし、偏光度が高くなると透過率が低くなるため、バランスを考慮することが重要です。

レンズのカラー

夜間の運転には、イエローやオレンジのレンズカラーがおすすめです。

これらのカラーは青色光をカットし、視界のコントラストを高める効果があります。

夜間には、15%以下の濃度のレンズが適しています。

度付きサングラスとフィット感

夜間の運転は見通しが悪くなるため、度付きサングラスを選ぶのも一つの方法です。

また、メガネの上から装着できるクリップオンタイプやオーバーサングラスも便利です。

フィット感

運転中にサングラスがずれると危険ですので、顔にフィットするサングラスを選ぶことが重要です。

スポーツタイプのフレームや、調整可能なクリングスパッドがついたサングラスが特におすすめです。

素材の選び方

フィット感が良く、ずれにくい素材のサングラスを選びましょう。

軽量な素材や、滑りにくいラバーテンプルなどが適しています。

機能性のあるレンズ

運転用サングラスには、機能性レンズが求められます。

偏光レンズや調光レンズなどの機能性レンズを選ぶと良いでしょう。

運転用サングラスのレンズカラーの選び方

ドライブ中のサングラスの女性

運転中に適したサングラスのレンズカラーは、昼と夜で異なります。

それぞれに最適なレンズカラーを紹介します。

昼間の運転におすすめのレンズカラー

昼間の運転には、ブラウン、グレー、グリーンのレンズカラーが最適です。

これらの色は、強い日差しを軽減しながら周囲の景色や信号を見やすくします。

  • ブラウン:眩しさを防ぎ、遠くの景色をはっきり見せる効果があります。
  • グリーン:光の波長を均一にし、視界を柔らかくする効果があります。
  • グレー:全ての波長の光を均等に抑え、眩しさを軽減しつつ色調の変化が少ない自然な見え方を提供します。

夜間の運転におすすめのレンズカラー

夕方から夜の運転には、イエローのレンズカラーがおすすめです。

イエロー:青色光をカットし、対向車のヘッドライトの眩しさを軽減します。視界のコントラストを高めるため、センターラインや白線が見やすくなります。特に雪道での運転にも有効です。

夜間にグレーのレンズを選ぶ場合は、暗くなりすぎないように注意し、可視光線透過率が80%以上のものを選びましょう。

運転にピッタリのサングラスの選び方のまとめ

運転用サングラスは、安全運転をサポートするために重要なアイテムです。

昼間用と夜間用で適切なサングラスを選び、可視光線透過率や偏光度、レンズのカラー、フィット感などを考慮して、自分に合ったサングラスを見つけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました