自分に似合う眼鏡の色の選び方は?フレームの色が決められない方に!

自分に似合う眼鏡の色の選び方は?フレームの色が決められない方に! ファッション

選ぶメガネのフレームの色によっても大きく雰囲気が変わるため、どの色を選ぶかは重要な決断です。

この記事では、自分にぴったりのメガネフレームの色の選び方、それが与える印象、そして色以外にも重要な点を詳しく解説します。

さらに、肌の色ごとにおすすめのメガネフレームも紹介していきますので、自分に合うメガネ選びの参考にしてください。

自分に合うメガネフレームの色の選び方

べっこう色の眼鏡をつけた女性

メガネのフレーム色によって、同じデザインでも全く違う印象を受けることがあります。

以下は、色を選ぶ際の基本的なアプローチです。

パーソナルカラーに基づく選び方

パーソナルカラーとは、個人の肌や瞳、髪の色と調和する色彩群を指します。

これに基づいてメガネを選ぶと、自然と魅力を引き出すことができます。

一般的に肌の色はイエローベース(暖色系)とブルーベース(寒色系)の二つに分けられ、各タイプごとに似合う季節があります。

  • 春型(イエローベース): 明るいピーチピンクやクリアなブラウンが似合う。
  • 夏型(ブルーベース): ソフトなライトパープルやミントグリーンが良い。
  • 秋型(イエローベース): モカブラウンやモスグリーンなど深みのある色が適しています。
  • 冬型(ブルーベース): ダークボルドーやロイヤルブルーなどの鮮やかな色が似合います。

瞳の色に合わせて選ぶ

瞳の色にフレーム色を合わせることで、より自然に顔になじみます。

濃い瞳には濃色のフレームが、薄い瞳には暖色のフレームが似合います。

髪色に合わせて選ぶ

髪色に合わせたフレーム選びも重要です。

髪色に近いフレームは自然と顔に溶け込みやすくなります。

黒髪やアッシュ系の髪色にはクールな色味、明るい髪色には暖かみのある色がおすすめです。

眼鏡の色が与える印象とは?

沢山のサングラス

メガネフレームの色を選ぶ際には、その色が与える印象に注目しましょう。

色によって顔立ちや表情が異なって見えるので、色選びは非常に重要です。

今回は、メガネフレームの色が与える影響と、色を選ぶ際のポイントをご紹介します。

色による印象とその選び方

色は、メガネを通じて自分のパーソナリティを表現する手段でもあります。

明るい色や暗い色、鮮やかな色など、メガネの色一つを変えるだけで、見た目の印象が大きく変わります。

黒フレームは、シャープで洗練された印象を与え、顔のラインを引き締めます。

ビジネスシーンでの使用に適しており、シリアスな印象を強調したい時に選ぶと良いでしょう。

活力を象徴する赤は、元気でポジティブな印象を与えます。

カジュアルな装いにマッチし、若々しく明るいイメージを演出することができます。

清潔感と明るさをもたらす白は、親しみやすさをアップさせる効果があります。

特に夏にぴったりで、フレッシュな印象を与えることができるでしょう。

茶色

落ち着いた色合いの茶色は、ナチュラルで暖かみのある雰囲気を演出します。

どんな服装にも馴染みやすく、幅広い年代の人に合う色です。

色以外の選び方

メガネフレームの色を選ぶ際には、肌色や髪色に合わせることも重要です。

自分のパーソナルカラーに合った色を選ぶことで、顔色が明るく見え、全体的にバランスの良い印象になります。

また、季節感を意識して色を選ぶのもおすすめです。

たとえば、春夏には明るい色を、秋冬には深みのある色を選ぶと季節感が出て良いでしょう。

フレームの色一つで大きく印象が変わるため、メガネ選びは慎重に行いましょう。

実際に多くの色を試着して、自分に最適な色を見つけることが大切です。

眼鏡の色の選び方についてのまとめ

色を変えるだけで、以前は合わないと感じたメガネデザインが自分に合うようになることがあります。

常に似た色のメガネを選んでいる方も、新しい色に挑戦してみる価値があるでしょう。

さらに、レンズに色を加えると、メガネの印象が一層変わります。

多様なメガネの中から、あなたに最適な一本を見つける楽しみをぜひ味わってください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました