アフィリエイト広告を利用した記事があります

美容室が苦手な人でも大丈夫!選び方と苦手な美容室の克服法!

美容室が苦手な人でも大丈夫!選び方と苦手な美容室の克服法! ファッション

美容室の数がコンビニや信号機よりも多いって知っていましたか?

これだけ多いと、どこに行けば良いか迷うのも当然です。

しかし、選択肢が多いということは、自分にぴったりの美容室も見つかるということです。

美容室に行くのが苦手で先延ばしにしてしまう方も多いでしょう。

ここでは、そんな方が美容室に行くのを楽しめるようになるコツをいくつか紹介します。

美容室が苦手な理由とは?

スマホを見て困る女性

美容室が苦手だったり、どこに行けば良いか迷ってしまう理由を考えてみましょう。

多くの人が感じる代表的な理由は以下の通りです。

  1. 会話が苦手
  2. 思った通りの仕上がりにならない
  3. 美容室や美容師がオシャレすぎる

これらの理由について、対策を一つずつ見ていきましょう。

苦手な理由①「会話が苦手」

美容室での会話は、お客様の情報を知るための手段です。

仕事や結婚などのプライベートな質問も、髪型やスタイリングの参考にするために行っています。

例えば、仕事の内容を聞くことで、髪をどのようにセットするかを知ることができます。

プライベートな話をするのは、より適切なヘアスタイルを提案するためです。

苦手な理由②「思った通りにならない」

希望の髪型を伝えるのは難しいものです。

美容師に自分の好みを伝える際、具体的な画像や雑誌の切り抜きを見せることで、イメージ通りの仕上がりになる確率が高まります。

写真を持参することで、スタイリストもカウンセリングがしやすくなります。

苦手な理由③「美容室や美容師がオシャレすぎる」

オシャレな空間に入るのに抵抗がある方も多いでしょう。

美容室のホームページや検索サイトで、外観や内観、スタッフの紹介を確認して、自分に合った雰囲気のお店を選ぶと良いでしょう。

信号機の数より多い美容室なら、必ずあなたに合うお店があります。

美容室に行く前にチェックすべきポイント

ポイントの文字と黒板

美容室を選ぶなら、以下のポイントはチェックしましょう!

ポイント① どんなお店なのかを知ろう

美容室のホームページや検索サイトをチェックして、外観や内観、お店のコンセプトを確認しましょう。

個人的に美容室が苦手な方には「プライベートサロン」がおすすめです。

プライベートサロンは居心地の良さを重視し、一度に施術を行うお客様の数が少ないため、リラックスして過ごせます。

ポイント② どんなスタイリストがいるのかチェックしよう

お店の概要を把握したら、次はスタッフの紹介ページをチェックしましょう。

スタイリストの得意な技術や趣味、特技を知っておくと親近感が湧きますし、自分の求める技術が得意なスタイリストを見つけやすくなります。

ポイント③ ブログやスタイル集を見よう

スタイリストやお店のブログ、スタイル写真を確認しましょう。

自分が好きなヘアスタイルや雰囲気の写真が多いかどうかをチェックすると、共感できるスタイリストを見つけやすくなります。

ポイント④ 予約はネット予約がおすすめ

ネット予約なら、思い立った時にすぐ予約できます。

また、ネット予約の備考欄に「雑談は控えたい」「女性スタイリスト希望」などの要望を伝えることができるため、電話よりもスムーズに予約ができます。

ポイント⑤ お店のコンセプトを確認

お店のコンセプトを事前に知ることで、美容室に入る際の不安を軽減できます。

例えば、外観や内装をチェックして、派手なお店や個性的なお店、落ち着いた雰囲気のお店などを見比べ、自分が入りやすいと感じるお店を選びましょう。

外観や内装を楽しみたいなら個性的なお店、リラックスしたいなら落ち着いた雰囲気のお店が適しています。

また、お店が少人数の美容師で運営されている場合、最初から最後まで同じ担当者が対応してくれるかどうかも確認すると良いでしょう。

口コミサイトを参考にすると、こうした情報も見つけやすいです。

ポイント⑥ 美容師をチェック

お店のコンセプトを確認したら、次にホームページなどで美容師をチェックしましょう。

多くの美容室ではスタッフ紹介のページが用意されています。

そこで、第一印象で気に入った美容師を選んでみてください。

外見やプロフィールを見て、なんとなく好感を持てる美容師を指名することで、来店後に美容師について悩むことが少なくなります。

美容室が苦手な人の選び方のまとめ

美容室での不安を軽減するためには、事前の準備が大切です。

以下のポイントを参考にして、自分に合った美容室を見つけましょう。

  1. 会話が苦手なら、ライフスタイルに合わせたヘアスタイルを提案してもらうためと理解する。
  2. 希望の髪型を具体的な写真や画像で伝える。
  3. オシャレすぎる美容室が苦手なら、自分に合う雰囲気のお店をホームページで探す。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました