美味しいアボカドの選び方!食べ頃はヘタでわかるって本当?

美味しいアボカドの選び方!食べ頃はヘタでわかるって本当? アボカド

アボカドを店頭で購入する際に、固すぎたり、逆に柔らかすぎたりして困った経験はありませんか?

アボカドの固さを指で確かめるのは避けたほうが良いです。

指で押すと傷んでしまう可能性があるため、購入後に調理する前に確認するのがベストです。

そこで、メキシコ産アボカド公式サイトから、最適なアボカドの選び方をお教えします。

アボカドの食べ頃はヘタでわかる!

半分にカットしたアボカド

アボカドを選ぶ際は、色、固さ、ヘタの状態がポイントです。

固さの確認には、指を使わずに手のひらでそっと握って感触を確かめたり、ヘタの状態を見る方法があります。

アボカドは熟すと次第に果肉から水分が失われ、ヘタが沈んでいきます。
その結果、ヘタと実の間に少し隙間ができます。
隙間が空いているのは『完熟食べごろ』のサインです!

※参照 Abocads From Mexico

この方法で食べ頃のアボカドを見つけてください。

さらに、固いアボカドを購入した場合でも、早く熟成させて食べ頃にする方法もあります。

青いアボカドを2〜3日ほど家で追熟させて、黒くなったら食べ頃です。

アボカドの熟し具合の見分け方

  • グリーンのアボカド: まだ熟していない状態。常温で3〜7日間置いて熟成させます。ヘタを取り除き、箱や紙袋に入れておくと早く熟します。
  • 斑点があるグリーンのアボカド: ほぼ熟している状態。アボカドが少し柔らかくなり、皮の色が黒っぽくなり始めます。室温で2〜3日保存すると良いです。
  • 黒っぽいアボカド: 完全に熟して食べ頃の状態。軽く押して柔らかければすぐに食べられます。すぐに食べない場合は冷蔵庫で3〜5日間保存が可能です。

アボカドの選び方のポイント

  • 親指での確認: 軽く親指で押してみて、表皮が柔らかければ熟しているサインです。
  • ヘタの状態: アボカドが熟すと水分が失われ、ヘタが沈んで実との間に隙間ができることがあります。この隙間が完熟のサインです。

完熟アボカドの選び方

指で押して柔らかいものが食べ頃のサインですが、店頭で触るとアボカドを傷める恐れがあるため、以下の方法で見極めましょう。

  1. 色の変化: アボカドは熟すと鮮やかな緑色から深い緑色、そして黒色に変わります。すぐに食べるなら黒っぽいものを選び、鮮やかな緑色の場合は常温で3〜7日、深い緑色の場合は2〜3日置いて食べ頃にします。
  2. ヘタの状態: 熟すとヘタが沈み、実との間に隙間ができます。これが完熟の証拠です。

買うときのポイント

購入するアボカドの用途を考えて選びましょう。

すぐに食べる場合はやや柔らかめのものを選び、数日後に使う予定ならやや固めのものを選ぶと良いです。

アボカドのヘタ周辺は農薬が残りやすいため、食べる前にしっかりと洗うことも忘れずに。

アボカドの保存法

冷凍したアボカド

アボカドを保存するなら、常温は熟していないものを熟成させる時などに便利ですが、基本は冷蔵庫で保存します。

常温保存のポイント

まだ完全に熟していないアボカドは、冷蔵庫に入れず、室温で保管し、自然に熟成させます。

熟成を早めるためには、アボカドをリンゴやバナナと一緒に袋に入れると効果的です。

これらの果物が放出するエチレンガスがアボカドの熟成を促進します。

ただし、高温や直射日光は避けましょう。

熟成が進むとアボカドは柔らかくなり、風味も増します。

冷蔵保存の方法

熟したアボカドは冷蔵庫で保存するのがベストです。

冷蔵保存することで熟成を遅らせ、鮮度を保つことができます。

特に野菜室に入れると良いでしょう。

カットしたアボカドの場合は、変色を防ぐためにレモン汁をかけ、ラップでしっかり包んでポリ袋に入れます。

冷蔵保存は3〜5日間が目安です。

アボカドを長持ちさせる方法

アボカドを長く楽しむためには、適切な保存方法と時期を見極めることが重要です。

未熟なアボカドは室温で、熟したアボカドは冷蔵庫で保存します。

熟成を遅らせたい場合は、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

アボカドは冷凍保存も可能ですが、食感が変わることがあるため、使用目的に応じて判断してください。

冷凍保存したアボカドは解凍後すぐに使用しましょう。

アボカドの追熟方法

アボカドの追熟には適切な温度と環境が必要です。

室温で保存するのが自然な方法で、理想的な温度は18~24℃です。

この温度で保管することでアボカドは自然に熟成します。

高温や直射日光は避け、均等に熟させることで最高の風味を引き出します。

自然な追熟テクニック

他の果物と一緒に保管する方法も効果的です。

リンゴやバナナと一緒に袋に入れて室温で保管すると、エチレンガスがアボカドの追熟を促進します。

ただし、過熟には注意が必要です。

アボカドの冷凍保存方法

アボカドの冷凍保存は長期間保存に適しています。

皮ごと冷凍する方法と切って冷凍する方法がありますが、切ってから冷凍する方が味や食感を維持しやすいです。

冷凍保存の期間は約1ヶ月以内が適切です。

丸ごと冷凍する手順

  1. アボカドの皮を洗い、汚れを落とします。
  2. 水分を拭き取り、1つずつラップで包みます。
  3. 保存容器に入れて冷凍庫で保存します。

切って冷凍する手順

  1. アボカドを切り、種と皮を取り除きます。
  2. 果肉にレモン汁を塗ります。
  3. 使い切れる量に分けてラップで包みます。
  4. 冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍庫で保存します。

レモン汁を塗ると変色を防げますが、塗りすぎると味が酸っぱくなる可能性があるので注意しましょう。

適量は果肉100gに対して小さじ1程度です。

冷凍アボカドの使用方法

冷凍アボカドは生食よりもスムージーやディップ、料理の具材として使うのが適しています。

冷凍すると食感や風味が変わることがあるためです。

解凍は冷蔵庫でゆっくり行い、解凍後は早めに消費しましょう。

これにより、食感の劣化を最小限に抑えることができます。

食べ頃のアボカドの選び方についてのまとめ

アボカドの熟し具合によって、その食感や風味は大きく異なります。

ぜひ、今回お伝えしたポイントを参考にして、美味しいアボカドを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました