アフィリエイト広告を利用した記事があります

紫外線対策のサングラスの選び方!UVカットは本当に必要?

紫外線対策のサングラスの選び方!UVカットは本当に必要? サングラス

紫外線から目を守るためには、UVカット機能が高いサングラスを選ぶことが重要です。

本記事では、紫外線が目や肌に与える影響、UVカットサングラスのメリット、そして選び方のポイントについて詳しく説明します。

UVカットサングラスの選び方

サングラスをかけた女性

UVカットサングラスを選ぶ際に確認すべきポイントは以下の通りです。

  • UVカット率・UV透過率の確認
  • レンズカラーの濃さとUVカット率の確認
  • 大きめのレンズ・フレームを選ぶ

これらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

UVカット率・UV透過率の確認

UVカット率が高いほど、紫外線を効果的に防ぐことができます。

サングラスを選ぶ際は、UVカット率が99%以上のものを選びましょう。

UV透過率は、紫外線をどれだけ通すかを示す指標で、1%以下のものが理想です。

紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があり、特に地上に届くUVA(波長315~400nm)をカットするためには「UV400」と表示されたものを選ぶと良いでしょう。

レンズカラーの濃さとUVカット率の確認

レンズの色が濃いからといって、必ずしもUVカット効果が高いわけではありません。

UVカットの効果はUVカット率(UV透過率の低さ)で決まります。

同じUVカット率であれば、色付きレンズとクリアレンズでUVカット効果に差はありません。

濃いカラーのレンズは眩しさを軽減しますが、UVカット効果がないと逆効果になる可能性があります。

濃いレンズを選ぶ際は、必ずUVカット機能を確認しましょう。

大きめのレンズ・フレームを選ぶ

紫外線は上からだけでなく、地面からの反射もあるため、目を広範囲でカバーする大きめのレンズとフレームが推奨されます。

しかし、フレームが顔にフィットしていないと隙間から紫外線が入る可能性があるため、顔の形に合ったサイズを選ぶことが大切です。

UVカットサングラスのメリット

UVカットサングラスを使用することで、目の健康を保つだけでなく、日焼けやシミなどの肌トラブルを防ぐことができます。

紫外線が目に入ると、体はメラニンを生成する指示を出し、これが日焼けやシミの原因となることがあります。

目の保護も肌の保護と同様に重要です。

紫外線が目に与える影響

強い紫外線を長時間浴びると、目にさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。

角膜炎やドライアイ、慢性充血などの症状が現れることがあります。

また、白内障や黄斑変性症といった深刻な目の病気を引き起こすリスクも高まります。

正しいサングラスの選び方

UVカット機能のない濃い色のレンズは、目に悪影響を与える可能性があるため避けましょう。

暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むため、紫外線も多く取り込んでしまいます。

性能の良いサングラスを選ぶためには、メガネショップで専門家に相談し、実際に試してみることが重要です。

UVカットメガネとサングラスの違い

紫外線対策にサングラス

UVカットメガネとサングラスは、どちらも紫外線対策として利用されることがありますが、それぞれ異なる特徴を持っています。

ここでは、その違いを詳しく解説します。

紫外線対策に効果的なUVカットメガネ

UVカットメガネは、目を紫外線から守るために設計されたアイテムです。

レンズには紫外線を吸収・反射する特殊な加工が施されており、目へのダメージを軽減します。

この加工には、レンズ表面にコーティングを施す方法や、レンズ素材に紫外線吸収剤を混ぜ込む方法があります。

UVカットメガネの性能は、「UV380」や「UV400」といった表示で確認できます。

一般的に、UV380は約90%の紫外線を、UV400は約99%の紫外線をカットします。

太陽光の眩しさを軽減するサングラス

サングラスは、色付きレンズを用いて太陽光の眩しさを抑えるアイテムです。

しかし、色の濃さと紫外線カット効果は別物であるため、サングラスが必ずしも紫外線対策になるとは限りません。

UVカット機能が備わっているかどうかを確認することが重要です。

また、ブルーライトカットメガネは、電子機器から発せられるブルーライトを軽減するためのものです。

UVカットメガネと似た機能を持っていますが、「UVカット機能付き」の表示がなければ、紫外線対策としては使えないため注意が必要です。

紫外線対策のサングラスの選び方についてのまとめ

紫外線対策には、UVカット機能がしっかりしたサングラスが必要です。

紫外線透過率を確認し、自分のライフスタイルに合ったサングラスを選びましょう。

正しい知識を持ち、適切なサングラスを選ぶことで、目の健康を守りながらおしゃれも楽しむことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました