紫外線から目を守る眼鏡の選び方とは?サングラスとの違いなど解説!

紫外線から目を守る眼鏡の選び方とは?サングラスとの違いなど解説! ファッション

UVカットメガネは、紫外線から目を守るために特別な加工が施されたメガネです。

この記事では、UVカットメガネの効果、サングラスとの違い、そして選び方のポイントを詳しくご紹介します!

UVカットメガネの必要性と効果

UVカット眼鏡

紫外線が気になる日には、目も保護する必要があります。

紫外線を浴びることで、肌だけでなく目にもダメージが蓄積され、角膜炎や白内障などの病気を引き起こす可能性があります。

UVカットメガネは、手軽に紫外線から目を守るために有効です。

1. UVカットメガネの特徴

UVカットメガネは、レンズが紫外線を遮断することで目を保護します。

以下の2種類の加工方法があります。

UVカットメガネの2つのタイプ

  1. レンズ表面に紫外線吸収剤をコーティングしたタイプ
  2. レンズ素材に紫外線吸収剤を混ぜ込んだタイプ

これらの加工により、普通のメガネとは異なり、レンズが紫外線を反射または吸収して遮断します。

度付きのUVカットメガネは、ほとんどが素材に吸収剤を混ぜ込んだタイプです。

既製の度なしサングラスやファッション用メガネには、コーティングタイプもあります。

コーティングが傷ついたり摩耗したりすると効果が落ちるので、丁寧に扱う必要があります。

UVカットの度合いはメガネによって異なり、以下の指標で確認できます。

UVカットメガネの2つのUVカット機能

  1. UVカット率と紫外線透過率:紫外線透過率は、レンズがどの程度紫外線を通すかを示す数値で、低いほど効果が高いです。UVカット率は、レンズがどの程度紫外線を防ぐかを示す数値で、高いほど効果が高いです。
  2. カットする紫外線の波長範囲:「UV380」や「UV400」など、カットする紫外線の波長を示す数値があります。これにより、どの種類の紫外線をどの程度カットするかがわかります。

    2. UVカット率と紫外線透過率

    UVカットメガネの性能を示す指標には、以下があります。

    • UVカット率: レンズが紫外線をどれくらい遮断するかを示す数値で、高いほど効果が高いです。
    • 紫外線透過率: レンズがどれくらい紫外線を通すかを示す数値で、低いほど効果が高いです。

    理想的なUVカットメガネは、UVカット率が100%に近く、紫外線透過率が0%に近いものです。

    3. カットする紫外線の範囲

    UVカットメガネの効果を示す指標には、「UV380」や「UV400」といった数値があります。

    これらは、カットする紫外線の波長の範囲を示しています。

    「UV400」は400ナノメートル以下の波長の紫外線をカットするため、UV-AとUV-Bの両方を防ぐことができます。

    一方、「UV380」はUV-Aを完全には防ぎきれないことがあります。

    したがって、UV-AとUV-Bの両方を防ぐためには、「UV400」以上のものが推奨されます。

    UVカットメガネとサングラスの違い

    サングラス

    UVカット眼鏡は紫外線をカットしますが、色が付いているサングラスとはどこが違うのか見ていきましょう。

    UVカットメガネとサングラスの比較

    UVカットメガネは透明なレンズが多く、「サングラスとどちらがUVカット効果が高いのか」と疑問に思う方も多いでしょう。

    しかし、レンズの色とUVカット効果には関係がありません。

    眩しさを防ぐことが紫外線をカットするわけではないため、どちらが効果的かは一概には言えません。

    重要なのは、UVカット率や紫外線透過率を確認することです。

    UVカットメガネとサングラスの違い

    UVカットメガネサングラス
    レンズにUVカット加工が施されているため、UVカット効果があるUVカット効果が高いとは限らない
    透明なレンズもあり、眩しさは防げない眩しさを防ぐことができる

    UVカットメガネの特徴

    UVカットメガネは、レンズにUV加工が施されており、高い効果を持つものが多いです。

    一方、サングラスはJIS規格に基づいてUVカット率が表示されている場合が多く、これを確認することで効果を把握できます。

    しかし、「サングラス」として販売されていないファッション用の色付きメガネには注意が必要です。

    これらはUVカット効果が低く、かえって目に悪影響を与える可能性があります。

    注意点

    • UVカット効果のないファッション用の色付きメガネは、紫外線を防ぐどころか、目に負担をかける可能性があります。特に、瞳孔が開いて紫外線を吸収しやすくなるため、角膜炎やその他の目の病気のリスクが増加します。
    • 必ずUVカット率が高い製品を選ぶことが重要です。

    サングラスの特徴

    サングラスはカラーレンズを使用しているため、眩しさを軽減する効果があります。

    多くのサングラスには紫外線吸収剤が施されていますが、雑貨店などで販売されているものの中には、UVカット効果がないものもあります。

    購入前には必ずUVカット機能を確認しましょう。

    サングラスは、レンズが大きく、目の周りを広くカバーすることで紫外線の侵入を防ぎます。

    ただし、レンズの色が濃すぎると瞳孔が開き、紫外線を吸収しやすくなるため、目に悪影響を与える可能性があります。

    色が濃すぎないものを選び、必ずUVカット機能を確認しましょう。

    紫外線対策に便利なUVカット眼鏡についてのまとめ

    日差しが強い季節に大いに役立つUVカットメガネは、紫外線から目を守るための手軽で効果的な方法です。

    適切なUV対策を行うことで、肌だけでなく目へのダメージも軽減できます。

    UVカットメガネを使うことで、簡単に目を紫外線から保護することができ、快適な毎日を過ごすための便利なアイテムとなるでしょう。

    UVカットメガネを活用して、紫外線から目をしっかり守りましょう。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました