立ち仕事用の靴の選び方は?男女別に選ぶポイントを解説!

立ち仕事用の靴の選び方は?男女別に選ぶポイントを解説! ファッション

日々立ち仕事に従事する方にとって、足の疲れや痛みは大きな悩みです。

この記事では、「立ち仕事でも疲れにくい靴」の選び方と、おすすめの靴をご紹介します!

立ち仕事でも疲れにくい靴を選ぶポイント

青空と立ち仕事の男性

立ち仕事でも疲れにくい靴を選ぶ際には、以下の5つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 仕事内容に適した靴を選ぶ
  2. 通気性が良い靴を選ぶ
  3. 軽量設計の靴を選ぶ
  4. クッション性能の高い靴を選ぶ
  5. 滑りにくい靴を選ぶ

以下で詳しく解説します。

仕事内容に適した靴を選ぶ

具体的な作業内容や環境に応じて適した靴を選びましょう。

以下は、職種ごとのおすすめの靴です。

現場作業・工場作業の場合

重い荷物の運搬や機械の操作が多い現場や工場作業では、ランニングシューズや安全靴がおすすめです。

クッション性や衝撃吸収機能に優れた靴を選び、足の負担を軽減しましょう。

つま先を保護する先芯や踏み抜き防止ソールが搭載された安全靴も適しています。

オフィスワーク・接客業の場合

長時間快適に履けるローヒールパンプス、スリッポン、スニーカーなどが良いでしょう。

特に女性には、かかとや足裏がしっかりフィットし、インソールのクッション性が高い靴をおすすめします。

通気性の良い靴を選べば、蒸れにくく快適です。

飲食業の場合

滑りにくく、着脱が容易なサンダルやスリッポンが適しています。

特に居酒屋や和食店では、脱ぎ履きしやすい靴が便利です。

また、厨房では耐油性の靴底を持つ靴を選び、滑りや転倒を防ぎましょう。

医療・福祉現場の場合

滑りにくいナースシューズやスニーカーが良いでしょう。

長時間足を踏ん張る体勢をとることが多いため、足腰への負担を軽減する靴を選ぶことが大切です。

通気性が良い靴を選ぶ

人は1日に両足でコップ1杯分の汗をかくと言われています。

長時間の立ち仕事では、靴内が蒸れやすくなります。

メッシュやナイロン素材のアッパー、吸湿性や放湿機能が高いインソールの靴を選びましょう。

軽量設計の靴を選ぶ

靴が重いと、一歩ごとに足への負荷が大きくなります。

特に立ち仕事では、軽量設計の靴を選ぶことで足の疲れを軽減できます。

クッション性能が高い靴を選ぶ

クッション性や衝撃吸収性が高い靴は、足への衝撃を和らげ、疲れにくくなります。

インソールが厚めで反発性があるもの、ミッドソールが使用されているもの、エアークッションを採用した靴を選びましょう。

滑りにくい靴を選ぶ

滑りにくい靴は、足の疲れを軽減するために重要です。

長時間滑りやすい靴を履いていると、足に不自然な体重をかける癖がついてしまいます。

摩擦力が高いラバーソールの靴を選びましょう。

ビジネスシューズの基本的な選び方

革製のビジネスシューズ

立ち仕事の方に向けた選び方をご紹介しましたが、以下に基本のビジネスシューズの選び方もご紹介します。

ビジネスシューズを選ぶ際には、色やデザインだけでなく、いくつかの重要なポイントも確認することが大切です。

以下に、ビジネスシューズの選び方について詳しく説明します。

自分の足に合ったものを選ぶ

足に合わないビジネスシューズを履くと、靴ズレや歩きにくさの原因になります。

適切なサイズとしては、履いた際に指先に1〜1.5cmの余裕があるものが理想です。

また、横幅がフィットし、履いたときに一番上のハトメが1cmほど開くのが目安です。

さらに、履き口が高すぎないものを選ぶと、くるぶしに当たらず快適です。

シューズの素材は本革がおすすめ

ビジネスシューズの素材には本革(天然皮革)と合成皮革があります。

本革は耐久性と高級感が特徴で、適切なお手入れをすれば長持ちします。

さまざまなシーンで使えるため、まずは本革のビジネスシューズを用意すると良いでしょう。

一方、合成皮革は水に強くお手入れが簡単で、雨の日用に便利です。

スーツに合うビジネスシューズの定番デザイン

ビジネスシューズは、つま先や甲のデザインにより様々な種類があります。

  • プレーントゥ:シンプルなデザインで、主にビジネスシーンで使用されます。
  • ストレートチップ:つま先に横一文字の縫い目があり、ビジネスからフォーマルまで幅広く活躍します。
  • ウイングチップ:つま先にW字の縫い目があり、おしゃれでビジネスからカジュアルまで対応可能です。
  • モンクストラップ:靴ひもではなくストラップで留めるタイプで、カジュアルな雰囲気を演出します。

スーツ以外にジャケットに合わせる場合は、ローファータイプの革靴もおしゃれです。

アウターソール(靴底)の種類を確認

アウターソールの種類も確認しましょう。

ビジネスシューズの靴底には、レザーソールとラバーソール(ゴム底・合成底)があります。

  • レザーソール:通気性やファッション性に優れており、オフィス勤務やフォーマルシーンに適しています。
  • ラバーソール:耐久性や耐摩耗性に優れ、歩きやすいため外回りの仕事に適しています。

立ち仕事の人におすすめの靴の選び方についてのまとめ

長時間の立ち仕事で良いパフォーマンスを発揮するには、通気性や軽さ、クッション性など機能性に優れた靴を選ぶことが重要です。

自分の足に合った靴を見つけるために、ここで紹介したポイントを参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました