眼鏡の選び方はテンプルを意識しよう!かけ心地を左右する?

眼鏡の選び方はテンプルを意識しよう!かけ心地を左右する? ファッション

多くの人がメガネを選ぶ際に重視するのは、デザインや自分に似合っているかどうかです。

しかし、掛け心地も重要な要素です。

快適な掛け心地のメガネを選ぶためには、フレームだけでなくテンプルにも注目することが大切です。

テンプルとは何か?

丸いフレームの眼鏡

メガネのフレームは、レンズを囲むリムと耳に掛ける部分で構成されています。

この耳に掛ける部分とヒンジ(丁番)の間にある細長い部分がテンプルです。

メガネは、鼻と耳の3点で支えることで安定し、動いてもずれにくくなります。

もしこの3点がうまくフィットしていないと、メガネがずり落ちたり、アイポイントが合わずに目が疲れることがあります。

アイポイントとは、メガネを掛けたときの瞳の位置のことです。

この位置が正しくないと、レンズの機能が十分に発揮されません。

テンプルの重要性

テンプルは、メガネの重量を支える重要なパーツです。

テンプルの曲がり具合やヒンジの硬さが適切でないと、耳の上部に負担がかかり、不快感や痛みの原因となります。

そのため、自分に合ったテンプルを選び、微調整することが必要です。

メガネ選びのチェックポイント

丸眼鏡

メガネを選ぶ際には、デザインや価格だけでなく、掛け心地にも注目することが大切です。

以下のポイントをチェックして、最適なメガネを選びましょう。

テンプルの長さ

テンプルの長さは、耳にしっかりとかかるかどうかに影響します。

短すぎると耳に食い込み、長すぎるとメガネがずれてしまいます。

サイズ表示を確認し、適切な長さのものを選びましょう。

一般的なテンプルの長さは138〜145mmですが、この範囲外でも調整は可能です。

テンプルの素材

テンプルの素材によって、メガネの重さや印象が変わります。

フレームと同じ素材のテンプルは一体感がありますが、異なる素材のテンプルは目立ちやすくなります。

素材や色のバランスを考慮して選びましょう。

テンプルのデザイン

テンプルには様々なデザインがあります。

職場で使う場合は派手すぎないデザインを選び、強度も確認しましょう。

ヒンジの硬さもチェックポイントです。

先端の角度

テンプルの先端は、耳に自然に沿うようにカーブしていることが重要です。

フィッティング時に先端のカーブを確認し、調整が必要な場合はスタッフに依頼しましょう。

フィッティングで注意する点

眼鏡をかける女性

メガネを購入する際には、フィッティングが欠かせません。

特にテンプル部分について、以下のポイントを確認しましょう。

  • ヒンジの状態を確認し、無理なく開閉できるかチェックします。
  • メガネが水平になっているか、耳に正しくかかっているか確認します。

これらのポイントに注意して、快適で自分に合ったメガネを選びましょう。

購入後の注意点

メガネを使用していると、徐々にズレが気になることがあります。

この原因の一つにテンプルの歪みが考えられます。

テンプルの開き具合

テンプルを開いた際に、左右が対称になっているかを確認しましょう。

理想的なのは、平行もしくはやや広めに開く状態です。

また、横から見た時に左右の傾斜角度が一致しているか、テンプルを閉じた際に重なりがあるかも確認してください。

正しい開き具合でないと、耳の後ろが痛くなり、長時間の装用が難しくなったり、メガネが前方にずれてしまうことがあります。

歪みが気になる場合は、自分で直そうとせず、メガネ店で調整してもらいましょう。

横からの見え方も重要

メガネを選ぶとき、正面からの見た目だけでなく、横からの見た目も意識しましょう。

テンプルの長さや先端の曲がり具合が適切で、耳にフィットするかどうかを確認することが大切です。

テンプルのデザインにこだわったおしゃれなメガネも多く販売されています。

最寄りの店舗で探してみると、きっと素敵なメガネが見つかるでしょう。

眼鏡のテンプルの選び方についてのまとめ

快適にメガネを使い続けるためには、購入時にテンプルに注目することが大切です。

テンプルにはさまざまなデザインや機能があり、自分にぴったりのものを見つける楽しさもあります。

適切な見え方と掛け心地を実現するために、テンプル選びを重視しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました