眼鏡の選び方ならカラーにも注目!メガネのカラーレンズの効果とは?

眼鏡の選び方ならカラーにも注目!メガネのカラーレンズの効果とは? ファッション

メガネを選ぶ際は、自分に似合うフレームを試着して選びます。

ボストンやウェリントンといったフレームの形は重要ですが、色選びも同様に大切です。

この記事では、自分に合ったメガネフレームの色の選び方や効果的な取り入れ方、さらに印象を変える色の選び方について説明します。

カラーレンズの効果

サングラスをかけた女性

カラーレンズは、色によって異なる効果を持ちます。

各色のレンズが有する特性により、日常生活や特定の状況での目の負担を軽減できると言われています。

例えば、眩しさを軽減し視界をクリアに保つカラーレンズは、強い日光や夜間のヘッドライトの光から目を守り、快適な視界を提供します。

また、特定の色のレンズには目の疲れを和らげる効果があります。

UVカット機能を持つカラーレンズは、日焼けや目の健康を保護する重要な役割を担います。

紫外線は目に害を及ぼす可能性があるため、特にアウトドアでの使用に適しています。

カラーレンズはその色だけでなく、デザインや模様によってもファッション性を高めることができます。

ビジネスシーンでは、プロフェッショナルな印象を与えるために控えめな色やデザインを選ぶと良いでしょう。

明るすぎる色や派手なデザインは避け、シンプルで落ち着いた色のカラーレンズを選ぶことが推奨されます。

ブラウン系レンズの効果

ブラウン系カラーレンズは、眩しさを和らげる効果があり、特に屋外での強い日差しの下での活動に適しています。

散乱光を効果的にカットし、視界のコントラストを明瞭にするため、細部を捉えるのに最適です。

ウィンタースポーツなど、雪の上での使用にも適しており、自然な色合いが多くの人の肌色に馴染みやすく、どんなファッションにも合わせやすいです。

そのため、初心者から上級者まで広く愛用されています。

グレー系レンズの効果

グレー系カラーレンズは、自然に眩しさを軽減し、色の影響を受けにくいことが特徴です。

これにより、ドライビングやアウトドアレジャーでの使用に適しており、様々な服装にも合わせやすい中立的な色です。

その機能性とデザインのバランスから、多くのシーンでの使用におすすめです。

ブルー系レンズの効果

ブルー系カラーレンズは、特にデジタルデバイスの使用が多い人におすすめです。

赤や黄色の光をカットし、目の疲れを軽減する効果があります。

また、クールな印象を与え、ファッションの一部としても活用できます。

カラーレンズの濃度によって異なるレンズの効果

カラフルなレンズ

カラーレンズの濃度は、その使用感や見た目の印象に大きな影響を与えます。

一般的に市場に出回っているカラーレンズは、10%、15%、25%などの濃度で提供されており、それぞれが異なる透過率を持っています。

例えば、10%濃度のレンズは透明感があり、ビジネスシーンなどで目の色を自然に見せつつ微細な変化を加えるのに適しています。

15%の濃度では、日常的な外出時やアウトドアでの使用に適しており、日差しの強い場面での目の保護に役立ちます。

さらに、25%の濃度のレンズは、サングラスに近い感覚で、より強い日差しに対応可能です。

10%以下の濃度のレンズ

濃度別のレンズの効果を詳細に見ていくと、10%以下の濃度のレンズは可視光線透過率が90%以上で、ほとんどクリアな視界を提供しつつ、軽い眩しさはカバーしますが、強い日差し下での保護には向かないことが多いです。

これらはフォーマルな場や公的なシーンでの使用に適しています。

夜間の運転時には、他の車のヘッドライトからの眩しさを和らげる効果も期待できます。

15%の濃度を持つレンズ

一方、15%の濃度を持つレンズは、色の濃さが外から見ても明らかでありながら、室内や夜間の使用にも適しているのが特徴です。

可視光線透過率は約85%で、明るさを保ちつつも色の楽しみも提供します。

しかし、眩しさ防止効果には限界があり、特に強い光源に対しては完全な保護を提供しきれないことがあります。

30%の濃度のレンズ

30%の濃度のレンズは、はっきりとしたカラーが特徴で、ファッションの一部としても機能します。

可視光線透過率が約70%で、屋外活動やスポーツに適しており、一定の眩しさ防止機能も備えています。

これらのレンズは、日常生活に彩りを加えるだけでなく、快適な視界を維持するためにも有効です。

50%の濃度を持つレンズ

最後に、50%の濃度を持つレンズは、サングラスとしての機能をほぼ完備しており、可視光線透過率が約50%で、日中の強い光から目をしっかり保護します。

アウトドア活動やスポーツ、カジュアルなファッションに最適です。

眼鏡のカラーレンズの選び方についてのまとめ

以上のように、カラーレンズの濃度を選ぶ際は、使用シーンや目的に応じて適切な濃度を選ぶことが大切です。

それにより、目の保護はもちろんのこと、日常生活の質を向上させることが可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました