眼鏡の幅の選び方のポイントは?覚えておきたいサイズ表記の見方

眼鏡の幅の選び方のポイントは?覚えておきたいサイズ表記の見方 ファッション

購入する際にメガネのフィット感を適切に調整することは非常に重要です。

特に、店頭では試着やスタッフによるフィッティングでサイズを調整できますが、オンライン購入の場合、サイズの確認が不安な方も多いでしょう。

この記事では、メガネのサイズの選び方について、特に顔のサイズに合わせた適切なメガネの選び方を詳しくご紹介します!

眼鏡のサイズ表記とは

視力検査用の眼鏡

メガネのサイズ表記とはどのようなものか、詳しく解説しましょう。

メガネのサイズを確認する主な方法としては、メガネのテンプルの内側や、商品のスペック表を参照する方法があります。

メガネのテンプルの内側には、「56□17-147」のような形でサイズが刻印されています。

ここで、「56」はレンズの横幅、「17」はブリッジ(鼻にかかる部分)の幅、「147」はテンプル(つる)の長さを表します。

これらの数字はすべてミリメートル(mm)単位で表示されています。

オンラインショップや公式サイトの商品情報にも、同様にこれらのサイズ情報が記載されていることが多いです。

商品を選ぶ際は、これらの数値を参考にして自分の顔に合うサイズを選ぶことが大切です。

さらに、メガネの天地幅(レンズの縦幅)など、テンプルには記載されていない情報も、スペック表で確認することができます。

現在使用しているメガネのサイズ表記をチェック

自分のメガネのサイズを知るには、自分が現在使用しているメガネのサイズ表記をチェックすることが一番です。

もし適切なフィット感のメガネを持っている場合は、そのサイズを参考に新しいメガネを選ぶのがおすすめです。

メガネの各部サイズを計測する方法も詳しく説明します。

レンズの幅の計測

主に、レンズの横幅、ブリッジの幅、テンプルの長さ、そして天地幅を測定します。

これらを計測することで、顔のサイズに合ったメガネを選ぶことができます。

レンズの横幅は、フレームの内側で最も幅広い部分を測定し、ブリッジの幅はレンズ間の最短距離を測定します。

テンプルの長さは、テンプルの端から端までの長さを、天地幅はレンズの最も高い部分と低い部分の距離を測定します。

これらの測定値と、一般的な成人の目安サイズを合わせて、最も自分の顔に合ったメガネを見つけましょう。

眼鏡の幅の選び方

ウェリントン型の眼鏡

メガネ選びにおいて、フレームのサイズを正確に把握することは極めて重要です。

適切なフレームサイズのメガネは、快適な装用感と視覚のクリアさをもたらします。

ここでは、メガネの各パーツについてのサイズの基準と、それに合った選び方を詳しく説明します。

メガネのレンズ幅

レンズ幅は、フレームのレンズ部分の横幅を指します。

この測定は、レンズが最も広い部分の横の直線距離を測ることによって行われます。

ただし、フレームの縁は測定に含まれません。

一般的に成人男性の目安は52~56mm、女性は50~54mmです。

黒目がレンズの中央に位置するかどうかが、適切なサイズを選ぶ際の重要な指標となります。

ブリッジ幅

ブリッジ幅は、レンズを繋ぐ鼻部分のフレームの長さです。

この部分は多くの場合曲線を描いていますが、測定は直線距離で行われます。

男性では18mm、女性では16mmが標準的なブリッジ幅とされています。

メガネをかけた際に黒目が中心にくるフレームを選ぶと良いでしょう。

テンプルの長さ

テンプルとは、耳にかけるメガネの「つる」の部分を指し、これの長さは装用の快適性に直結します。

男性では140~145mm、女性では138~142mmが適切な長さとされています。

長さが合っていないと、メガネが顔からずれたり、適切な視界が得られなかったりします。

調整可能なテンプルを選ぶことが望ましいです。

天地幅

レンズの縦幅は「天地幅」と呼ばれ、この寸法もフレーム選びにおいて重要です。

メガネをかけた際に、眉から顎までの長さの約1/3に収まるサイズが、顔に対してバランスが良く見えるとされています。

フレームの全幅

フレーム幅は、レンズ二枚分の幅にブリッジ幅を加えたものです。

この幅が自分の顔幅に合っているかどうかが、外観上のバランスを左右します。

フレーム幅が117mm以下は小サイズ、118~125mmは中サイズ、126mm以上は大サイズとされています。

適切なメガネを選ぶためには、自身の顔の幅や顔の長さを事前に測定しておくことが役立ちます。

定規やメジャーを用いて、こめかみ間の横幅や顔の長さを測り、それに基づいてフレームを選ぶと良いでしょう。

眼鏡の幅の選び方についてのまとめ

適切なメガネの選び方は、自分の顔の特徴とメガネのサイズや形が調和するかどうかを理解することが重要です。

フレームのサイズが顔にマッチするかを確かめることで、見た目の印象も大きく変わり、快適に使用できます。

自分の顔に合ったメガネを選ぶためには、各部のサイズとバランスを考慮して選ぶことが肝心です。

自分の顔に最適なメガネの特徴を把握し、最も似合うスタイルを探しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました