アフィリエイト広告を利用した記事があります

白内障施術後のサングラスの選び方!なぜ施術後にサングラスが必要?

白内障施術後のサングラスの選び方!なぜ施術後にサングラスが必要? サングラス

白内障の施術後、視界がクリアになることで眩しさを感じやすくなります。

また、手術後の目は非常にデリケートな状態なので、紫外線やほこり、空気中の刺激物質から守るためにもサングラスの着用が推奨されます。

さらに、傷口の感染予防にもサングラスが効果的です。

眼内レンズ特有のギラツキやボヤけが気になる場合は、偏光レンズの使用もおすすめです。

どうして白内障施術後は眩しいの?

日差しが眩しい女性

白内障は、水晶体が白く濁ることで視界が曇る病気です。

施術により透明な人工水晶体(眼内レンズ)に置き換えることで、視界がクリアになります。

しかし、長期間曇った視界に慣れていた目が急にクリアな光を受けることで、光が強く感じられ、眩しくなります。

このため、施術後に眩しさを感じるのは自然なことです。

色の濃いサングラスは必須?

施術後に眩しさを感じる場合、濃い色のサングラスが必要だと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

濃いサングラスは確かに眩しさを軽減しますが、外観的に抵抗を感じる人もいるでしょう。

色の薄いサングラスでも、偏光レンズを使用することで眩しさを効果的に抑えることができます。

色の薄いサングラスで眩しさを軽減

色の薄いサングラスでも、偏光レンズを使えば眩しさを軽減できます。

偏光レンズは、光の反射をカットする特殊なフィルターをサンドイッチしているため、薄い色でも効果的に眩しさを抑えます。

これにより、サングラスをかけても自然な見た目を保ちながら、目を保護することができます。

白内障とは?

鏡で目を見る女性

白内障は、目の中のレンズとして機能する水晶体が白く濁ってしまう病気です。

主な原因は加齢で、水晶体のたんぱく質が酸化によって変性し、白く濁ります。

白内障の進行を止める薬はなく、最終的には施術が必要です。

施術では、濁った水晶体を除去し、代わりに人工水晶体(眼内レンズ)を挿入します。

日本では年間約120万件の白内障施術が行われています。

施術の選択肢:日帰りと入院

施術の安全性を最優先に考え、自身の体調や生活状況に最適な方法を選ぶことが重要です。

入院施術が適している人

一人暮らしの方や高齢者、白内障以外にも目の病気や糖尿病などの管理が必要な病気を持つ方は、入院施術が安心です。

日帰り施術が可能な人

若くて体力に自信があり、他に病気がない方は日帰り施術が可能です。

入院によるストレスや体調不良を避けるため、日帰り施術を選ぶことも一つの方法です。

施術後の視力回復

施術直後から視力が回復する方もいれば、回復に1週間以上かかる方もいます。

視力回復の速度は、角膜や網膜の状態など個々の目の状態によって異なります。

眼内レンズの選び方

施術で挿入する眼内レンズは、自然の水晶体のようにピント調節機能がありません。

そのため、施術後の生活スタイルに合わせたレンズ選びが重要です。

遠くを見たい方には

メガネなしで遠くを見ることを重視する方には、遠方にピントを合わせた眼内レンズが適しています。

この場合、近くを見るために老眼鏡が必要です。

近くを見たい方には

メガネなしで手元を見ることを重視する方には、近くにピントを合わせた眼内レンズが適しています。

この場合、遠くを見るために遠用メガネが必要です。

メガネをあまりかけたくない方には

モノビジョン法があります。

これは片目に遠方用、もう片目に近方用のレンズを入れる方法です。

また、遠近両方に焦点を合わせた多焦点眼内レンズもあります。

モノビジョン法や多焦点眼内レンズは全ての人に適しているわけではないため、主治医とよく相談してください。

白内障施術後は自分にあったサングラスを まとめ

白内障の施術後には、サングラスの着用が非常に有効です。

眩しさの軽減、紫外線からの保護、ほこりや空気中の刺激物質からの防御、そして感染予防といった多くのメリットがあります。

特に、偏光レンズを使用することで、色の薄いサングラスでも十分な効果を得ることができます。

手術後の目を守るために、自分に合ったサングラスを選んで活用してください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました