男性やメンズに似合う眼鏡の選び方!ぴったりのメガネを選ぶポイント

男性やメンズに似合う眼鏡の選び方!ぴったりのメガネを選ぶポイント 眼鏡・メガネ

眼鏡はその素材やデザインによって多岐にわたり、自分に合ったスタイルを見つけることが重要ですが、選択肢の多さにより選び方に迷うこともしばしばあります。

そこで、特に男性向けに、最適な眼鏡の選び方を詳しくご紹介します!

眼鏡選びの基本的なポイント

カメラ目線の男性

眼鏡は顔の印象を大きく変えるアイテムです。

ただ好きだからという理由だけで選ぶと、思わぬファッション失敗につながることも。

避けるために、以下の基本的なポイントを押さえておきましょう。

フレーム幅の選び方

フレーム幅は顔のバランスを大きく左右します。

顔が小さく見えるよう広めのフレームを選ぶのは逆効果。

自分の顔の幅に合ったフレームを選ぶことが大切です。

フレームの縦幅

眼鏡のフレームの縦幅は顔の3分の1を超えないこと。

大きすぎると不自然に見えるため、顔の縦の長さを基準に選ぶと良いでしょう。

レンズ位置の確認

眼鏡をかけた時に黒目がレンズの中心にくるようにすることで、自然な印象に。

目と目の距離に合わせてフレームを選びましょう。

眉毛とのバランス

フレームの上部、トップリムが眉毛と調和するとバランスが取れます。

眉毛を隠すようなフレームは避け、自然にフィットするものを選びましょう。

    顔型に合わせた眼鏡の選び方

    メガネを付けた男性

    顔の形に合った眼鏡を選ぶことで、顔の魅力を最大限に引き出すことができます。

    顔型別に適したフレームの選び方を紹介します。

    • 丸顔の方には:角ばったフレームで顔の輪郭をシャープに見せることができます。
    • 四角顔の方には:丸みを帯びたフレームが顔の角を和らげ、優しい印象を与えます。
    • 面長顔の方には:縦幅があるフレームが顔の長さをカバーし、バランス良く見せます。
    • 三角顔の方には:上部が広いフレームが顔のバランスを整えるのに効果的です。

    選ぶ際には、これらのポイントに注意しつつ、試着を重ねて自分に最適な眼鏡を見つけることが重要です。

    どの眼鏡が自分に合っているか、実際にかけてみることで確認しましょう。

    好みのスタイルと顔の形状のマッチング

    ノーパソで仕事をする男性

    気に入った眼鏡のスタイルが顔の形に合わない場合、フレームの細かな特徴を調整することで全体の印象を変えることが可能です。

    ここでは、そのような状況に対処する方法をいくつか紹介します。

    フレームの特徴による印象の調整

    1. フレームの太さと素材
      細いフレームは控えめな印象を与えるため、ほとんどの顔の形に適合しやすいです。逆に太いフレームは存在感があり、特定の顔の形には強く主張しすぎる可能性があります。
    2. フレームの有無や色の選択
      セルフレーム(プラスチック素材)はファッショナブルでカラーバリエーションが豊富です。適切な色を選ぶことで、顔の形を上手くカバーできる場合があります。一方で、メタルフレームはそのシンプルさでどの顔形にもなじみやすく、特にビジネスシーンで好まれます。

    顔の特徴を改善する眼鏡の選び方

    • 目の大きさ調整
      小さく見えがちな目は、レンズの小さい眼鏡を避け、レンズ面積に対する目の割合が高くなるようにすると効果的です。
    • 鼻の高さ強調
      鼻が低いと感じる場合は、ブリッジ(鼻にかかる部分)の高い、アーチ型のフレームを選ぶと良いです。これにより、鼻が高く見える効果があります。

    ビジネスシーンでの眼鏡選び

    ビジネスシーンに適した眼鏡を選ぶ場合は、あまりにもカジュアルなデザインは避け、より洗練された印象を与えるデザインを選びます。

    リムレスやハーフリム、そしてシンプルなデザインのメタルフレームがおすすめです。

    これらはプロフェッショナルな印象を強調し、どのようなビジネスアパレルにも適合します。

    最適なレンズの選び方

    デザインだけでなく、使用シーンに合わせたレンズ選びも重要です。

    例えば、ブルーライトカットレンズは長時間のデジタルデバイス使用に適しており、UVカットレンズは屋外活動に理想的です。

    また、偏光レンズは特にドライビングやアウトドアスポーツに最適です。

    これらのポイントを踏まえて、自分の顔の形とライフスタイルに最適な眼鏡を選ぶことが、快適かつスタイリッシュな眼鏡生活を送るための鍵となります。

    男性の眼鏡の選び方についてのまとめ

    この記事では、効果的な眼鏡選びの方法を多角的に解説しました。

    選択基準には、一般的なフィッティングのアドバイスから、顔形に適したスタイル、ビジネスや日常生活での実用性、さらにレンズの機能性に至るまで多岐にわたります。

    自分にとって重要なポイントを明確にし、それに基づいて眼鏡を選ぶことが大切です。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました