アフィリエイト広告を利用した記事があります

洗面所の電球の選び方は?おしゃれな照明を選ぶポイントを解説!

洗面所の電球の選び方は?おしゃれな照明を選ぶポイントを解説! 家電

洗面所は家族が化粧や髭剃り、歯磨きなどを行う場所であり、快適な空間にするためには適切な照明選びが重要です。

プロのアドバイスを基に、洗面所の照明選びのコツと照明計画の注意点を解説します。

洗面所の電球の選び方のポイント

シャンプードレッサー
2畳の洗面所にはダウンライト2つ、40W〜60Wの明るさが目安です。

洗面所の広さが2畳程度であれば、天井にダウンライトを2つ設置するのが目安です。

電球の明るさは40W〜60W相当が適しています。

ただし、明るさの感じ方は個人差があるので、適宜調整が必要です。

シーンに合わせた調色ライトの活用

調色ライトを使うと、用途に応じて照明の色を変えられます。

化粧や衣服の色を正確に確認するためには白っぽい昼光色、リラックスしたいときにはオレンジ色の電球色が適しています。

シーンに合わせて照明の色を変えることで、より快適な空間を作ることができます。

窓の設計も重要

洗面所の照明計画を立てる際には、窓の設計も考慮しましょう。

適切な窓があれば、日中は照明をつけなくても十分な明るさを確保できます。

また、窓があると換気ができ、カビの発生を防ぐことができます。

洗濯機用の照明

洗面所に洗濯機がある場合、洗濯機の上部にも照明を設置すると便利です。

洗濯機の操作や衣類の確認がしやすくなります。

照明器具の位置と形状に注意

ペンダントライトやブラケットライトを設置する際には、位置と形状に注意しましょう。

洗面ボウルの真上や大きすぎる照明器具は、動作の妨げになる可能性があります。

洗面所におすすめの照明の種類と電球の設置位置

明るい洗面台

以下に、洗面所におすすめの照明の種類や設置位置などご紹介します。

ダウンライトを天井付けにする

天井にダウンライトを設置することで、洗面所全体を明るく照らすことができます。

デザインがシンプルで、凹凸がない点が魅力です。

ブラケットライトを壁付けにする

ブラケットライトを壁に取り付ける手法もあります。

身動きを取る際に邪魔にならない位置を選んで取り付けましょう。

デザイン性が高く、空間のアクセントにもなります。

ライン照明を鏡に埋め込む

洗面台の鏡にライン照明を埋め込むと、顔や手元を明るく照らせます。

天井のダウンライトと組み合わせて使用するのが効果的です。

ペンダントライトを天井から吊るす

デザインの幅が広いペンダントライトは、洗面所にアクセントを加えることができます。

ただし、取り付け位置には注意が必要です。

おしゃれな照明計画に有効なアイデア

ホテルの洗面台

鏡とライトを一体化

鏡と照明を一体化させることで、洗面所をスタイリッシュな空間に演出できます。

鏡の周りや上下にライトを配置するデザインが人気です。

多灯ペンダントライトで空間にメリハリを

複数のライトが集まった多灯ペンダントライトは、空間に立体感を与え、洗面所をおしゃれに演出します。

お気に入りのブラケットライトをアクセントに

ブラケットライトは壁に取り付けて光を照射するため、その陰影でおしゃれな雰囲気を作り出せます。

間接照明でホテルライクな空間に

間接照明を取り入れると、光が柔らかく感じられ、ホテルのような雰囲気を演出できます。

鏡の裏に光源を隠すと効果的です。

照明がおしゃれな洗面所の実例

【Case1】カフェ風の洗面所

「カフェ風の家を希望したNさん一家は、玄関ホールの近くに洗面室を配置し、壁におしゃれなブラケットライトを設置しました。」

【Case2】シンプルなダウンライトを取り入れた洗面所

「Iさん夫妻は、シンプルなダウンライトを天井に設置し、広々とした洗面室兼家事室を作り上げました。」

【Case3】アンティーク風ブラケットライトの洗面所

「Iさん夫婦は、木のぬくもりを感じられるデザインを取り入れ、アンティーク風のブラケットライトで空間を明るくしました。」

【Case4】ホテルライクなデザインの洗面所

「Sさん夫妻は、デザイン性の高いペンダントライトを天井から吊るし、洗面所をおしゃれに演出しました。」

洗面所の電球の選び方についてのまとめ

洗面所は生活に必要な場所であり、デザイン性だけでなく機能性も考慮して設計することが重要です。

具体的な動作をイメージしながら、信頼できる設計者と相談して、明るく使いやすい洗面所を作りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました