アフィリエイト広告を利用した記事があります

暖房目的のエアコンの選び方は?設定温度の目安や快適な温度など

暖房目的のエアコンの選び方は?設定温度の目安や快適な温度など 季節家電

寒冷地でも暖かさを感じられるエアコンは、ワンルーム用のコンパクトなものから広いリビングに対応する大型のものまで、種類が豊富です。

製品ごとに機能や使い勝手が異なるため、特徴を把握することが大切です。

今回は、暖房性能の高いエアコンの選び方を紹介し、そのメリットやデメリットなどについて解説します。

エアコン暖房の利点

家とメリット、デメリット

エアコン暖房の最大の利点は、火を使わないため空気を汚さずに暖を取れることです。

石油ストーブのように燃料を補充したり、火を点けたりする必要がないため、火災や火傷のリスクが低く、小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使えます。

また、灯油を購入する手間やコストも不要で、年間を通してのエネルギー効率も高いです。

省エネ性能に優れているため、電気代の節約にもなります。

エアコン暖房の欠点

エアコン暖房には温度ムラが生じやすいという欠点があります。

暖かい空気は上部に溜まりやすいため、床近くが冷えてしまうことがあります。

特に暖房能力が低いエアコンでは、足元が冷えたままになりがちです。

寒冷地向けや暖房性能の高いエアコンには、気流をコントロールして床に温風を届ける機能が搭載されており、足元から暖かさを感じられるよう工夫されています。

つけっぱなしでの電気代節約

エアコンを24時間つけっぱなしにした場合と、30分おきにオンオフを繰り返した場合の消費電力を比較すると、つけっぱなしの方が消費電力が少ないことが分かっています。

エアコンは設定温度に到達するまでの電力消費が大きいため、頻繁にオンオフを繰り返すと逆効果になります。

ただし、長時間の外出や就寝時には電源を切った方が省エネになります。

暖房性能の高いエアコンの選び方

  • 適用畳数を基準に選ぶ
    適用畳数は部屋の広さに応じた暖房能力の目安です。木造住宅と鉄筋コンクリート住宅では気密性が異なるため、同じ広さでも適用畳数は異なります。住居の条件を考慮し、実際の間取りよりも余裕のある適用畳数の製品を選ぶことが重要です。
  • 暖房能力数値を確認する
    暖房性能は「kW」で表されます。数値が大きいほど暖房能力が高いことを示しています。適用畳数が同じでも「kW」が異なる場合があるため、迷ったときは「kW」の数値をチェックしましょう。
  • 省エネ性能を重視する
    毎月の電気代が気になる場合は、「省エネ性能達成率」や「通年エネルギー消費効率(APF)」を確認します。数値が大きいほど省エネ性能に優れており、エネルギー効率が高いことを示しています。
  • 暖房効果を高める機能を確認する
    赤外線センサーや温風吹き出し機能、気流コントロール機能などが搭載された製品は、より効果的に暖房を提供します。これらの機能は、温度ムラを減らし、快適な室内環境を保ちます。

寒冷地用エアコンの選び方

寒冷地では、冬の気温が氷点下になることが多いため、一般的なエアコンでは対応が難しい場合があります。

寒冷地向けのエアコンは、厳しい環境でも動作するように設計されています。

例えば、室外機に「ドレンパンヒーター」を備えた製品は、結露水の凍結を防ぎます。

また、降雪地域では専用の防雪フードの設置も必要です。

適切なエアコンを選ぶためには、部屋の広さや住居の条件に合った製品を選ぶことが重要です。

エアコンの暖房性能を十分に発揮するために、適用畳数や暖房能力、追加機能をしっかりと確認し、最適なエアコンを選びましょう。

寒冷地仕様のエアコンと一般エアコンの選び方

近年、東北や北海道などの寒冷地でも夏に真夏日が増え、エアコンの普及が進んでいます。

これまで石油ファンヒーターが主流だった地域でも、エアコンを使う家庭が増え、各メーカーから寒冷地仕様のエアコンが登場しています。

寒冷地仕様と一般エアコンの違いは主に室外機にあります。

寒冷地仕様の室外機は、低温から熱を集めるために大きくてパワフルなコンプレッサーと熱交換器が搭載されています。

また、雪や凍結防止の工夫もされています。

室内機は一般エアコンと見た目がほぼ同じです。

価格は高くなりますが、電気代はあまり変わりません。

寒冷地仕様のエアコンは、外気温がマイナス10℃以下になる地域に適しています。

また、関東や九州、中国地方の日本海側など、気温が0℃前後で湿度が高い地域でも、一般エアコンでは霜取り運転が多くなり暖房効率が悪いため、寒冷地仕様が推奨されます。

エアコンの選び方

マンションに設置されたエアコン

暖房目的のエアコンの選び方は、以下のポイントを確認しましょう。

適用畳数

使用する部屋よりも少し余裕を持って選ぶのが安心です。

適用畳数は、冷房では10畳でも暖房では8畳になるなど、冷房よりも暖房の方が少ないことがあります。

木造と鉄筋の家屋で異なるため注意しましょう。

暖房の消費電力

エアコンは暖房運転の方が消費電力が多いです。

省エネタイプを選ぶことで電気代を節約できます。

「期間消費電力量」も参考にすると良いでしょう。

これは地域や使用状況によって変動します。

暖房能力と省エネ性能

暖房能力は「kW」で表されます。

同じ適用畳数のモデルでもkW数が大きいほどパワフルです。

省エネ性能は「省エネラベル」で確認できます。

星が4~5つの製品は高い省エネ性能を持ち、パワフルに暖房ができます。

低温暖房能力

寒冷地や寒い冬にエアコンを使用する場合、「低温暖房能力」をチェックしましょう。

外気温2℃での暖房能力を示しており、数値が大きいほど優れた暖房性能を持ちます。

便利な機能

人感センサーや温度センサーで人がいる場所を感知し、効率的に暖房を行います。

加湿機能、スマートフォン対応、霜取り機能、自動おそうじ機能なども確認しましょう。

冬の室温設定

冬の暖房時の室温は20℃が推奨されていますが、快適な温度は18℃〜22℃です。

湿度や体感温度によっても変わるため、温度計や湿度計を使用して確認するのがおすすめです。

寒さを感じる理由

部屋の場所によって温度差があるため、断熱性の低い建物では暖まりにくくなります。

湿度が低いと体感温度が下がり、乾燥が体感温度をさらに下げます。

湿度を適切に保つことで、体感温度を上げることができます。

暖房目的のエアコンの選び方についてのまとめ

適用畳数はあくまで目安であり、住居の間取りや地域によって暖かさが変わります。

暖房性能を重視する場合は、適用畳数に余裕のある製品を選ぶことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました