新鮮なアボカドの選び方!腐ってるかどうかの見分け方は?

新鮮なアボカドの選び方!腐ってるかどうかの見分け方は? アボカド

アボカドは「森のバター」として親しまれ、その柔らかい食感が人気ですが、腐った状態を見たことがありますか?

今回は、アボカドが腐った時の状態について説明し、選び方や保存方法もご紹介します!

アボカドが腐るとどうなる?

腐ったアボカド

腐ったアボカドはどのような状態になるのかを見てみましょう。

また、アボカドが保つ期間についても解説します。

腐っている状態

新鮮なアボカドは切った時に鮮やかな緑色をしていますが、腐ると果肉が黒ずみ、異臭がします。

切った時に果肉が崩れるほど柔らかくなっているのも腐っている証拠です。

黒い筋や点は大丈夫

新鮮なアボカドでも黒い筋や斑点が見えることがあります。

これはポリフェノールが酸化してメラニンを生成するためで、食べても問題ありません。

アボカドの腐敗の見分け方

腐ったアボカドを見分ける方法を紹介します。

果肉全体が黒っぽい

果肉が全体的に黒くなっている場合は腐っている可能性が高いです。

褐色になっている時も同様ですので、すぐに廃棄してください。

異臭がする

腐ったアボカドはツンとした異臭やカビ臭がします。

変色も伴うため、見分けやすいです。

アボカドの選び方

腐っているアボカドを避けるための選び方を説明します。

ヘタの周りをチェック

アボカドはヘタの方から熟していくため、ヘタの周りをチェックしましょう。

指で押して柔らかいものは成熟が進んでいます。

また、皮と果肉に隙間があるものは避けた方が良いです。

皮のハリや艶

新鮮なアボカドは皮にハリと艶があります。

皮にしわがあるものは水分や栄養が抜けているため、避けるのが良いでしょう。

皮の色

新鮮なアボカドは皮が鮮やかな緑色です。

すぐに食べない場合は追熟されていない緑色のものを選びましょう。

アボカドの熟成方法

アボカドを適切に熟成させる方法を紹介します。

追熟させる方法

アボカドは常温の室内で追熟させます。

18~24℃の室温がベストで、夏場などで27℃を超えると腐りやすくなるため注意が必要です。

購入時に未熟なものは3~5日、既に黒みがかっているものは1~2日で様子を見てください。

アボカドの保存方法

角切りにしたアボカドを冷凍

アボカドを腐らせずに保存する方法を紹介します。

冷蔵保存

アボカドを冷蔵庫で保存する場合は、ラップや新聞紙で包んで野菜室に入れます。

これにより乾燥や過熟を防ぎます。

カットしてある場合はレモン汁をかけると良いでしょう。

4~5日を目安に食べきってください。

冷凍保存

アボカドを長期間保存する場合は、冷凍保存がおすすめです。

ラップや新聞紙で包み、保存袋に入れて冷凍します。

2週間~1ヶ月を目安に食べきりましょう。

アボカドの保存方法と賞味期限

アボカドには保存方法別に賞味期限があるので、見ていきましょう。

常温保存【2~7日程度】

未熟なアボカドは常温で約1週間持ちますが、完熟したアボカドは1~2日で消費するのが望ましいです。

保存期間は室温やアボカドの熟し具合により異なるため、状態を確認しながら判断してください。

冷蔵保存【2~4日程度】

丸ごとのアボカドは冷蔵庫で3~4日保存可能です。

温度が15℃以下になると熟成が遅くなるため、比較的長持ちします。

切ったアボカドは変色しやすいので、2日以内に食べ切るようにしましょう。

冷凍保存【1ヶ月程度】

冷凍したアボカドは、丸ごとでも切った状態でも1ヶ月程度保存できます。

食べきれない場合や大量に購入した場合は、すぐに冷凍することで新鮮さを保ちながら保存できます。

新鮮なアボカドにも食中毒のリスク?

腐ったアボカドを食べると体調を崩すのは当然ですが、新鮮なアボカドでも食中毒のリスクがあります。

輸入されたアボカドの皮には、サルモネラ菌やリステリア菌が付着していることが多いためです。

見た目や臭いに異常がなくても、アボカドを切る前には皮をよく洗い流すことが重要です。

アボカドが腐ってるかどうかの見分け方についてのまとめ

アボカドが腐ると果肉が黒ずみ、異臭がするようになります。

また、果肉が柔らかく崩れやすくなります。

新鮮なアボカドは皮にハリと艶があり、みずみずしいです。

食べごろは少し追熟させた状態ですが、すぐに食べない場合は新鮮なものを選びましょう。

この記事を参考にして、アボカドを安心して楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました