新卒者の仕事の選び方!就活生が注目したいポイントはどこ?

新卒者の仕事の選び方!就活生が注目したいポイントはどこ? 仕事

就職活動を始める際「どのような基準で仕事を選べば良いのか分からない」と悩む新卒者は少なくありません。

自分の就きたい仕事が明確でないままでは、内定を得る確率が低く、後悔する可能性も高くなります。

就活を成功させるためには、「どんな仕事をしたいか」をしっかりと定めることが重要です。

仕事の選び方5つのポイント

新卒者OKの指を作るビジネスマン

「夢の仕事」がない場合でも、自分に合った仕事を見つけるためのポイントがあります。

以下の5つの選び方を参考にして、後悔しない就活を目指しましょう。

1. 興味があるかどうか

仕事を選ぶ際に重要なのは、「その仕事や業界に興味があるかどうか」です。

働き始めたときに「想像と違う」と感じることも多々ありますが、興味のある仕事なら多少の困難も乗り越えやすいです。

興味を持てる仕事を選ぶことで、長期的に続けられる可能性が高まります。

2. 待遇が良いかどうか

給料や福利厚生、年間休日日数など、待遇面をきちんと調べることも大切です。

好きな仕事でも、待遇が悪ければ長続きしません。

生活費や貯金を考慮し、自分が納得できる給料かどうか確認しましょう。

福利厚生や休日日数も重要なチェックポイントです。

3. 適性があるかどうか

その仕事に適性があるかを考えることも重要です。

自分の体質や能力を考慮し、適性がある仕事を選びましょう。

例えば、皮膚が弱い人は水仕事の多い仕事には向いていないかもしれません。

適性のある仕事を選ぶことで、長期的に働きやすくなります。

4. 一緒に働く人たち

人間関係も仕事選びの重要な要素です。

職場の雰囲気や人間関係が合わなければ、ストレスを感じやすくなります。

会社説明会やOB訪問を通じて職場の雰囲気を確認し、人間関係が良好な環境を選びましょう。

5. 勤務地

勤務地や転勤の有無も重要なポイントです。

募集要項や説明会で勤務地や転勤について確認し、自分の希望する地域で働けるかどうかを考えましょう。

希望する勤務地を明確にすることで、就活がスムーズになります。

経営状態の確認も大事

PCを扱うビジネスマン

内定が決まっても、会社の経営が悪化して倒産してしまっては意味がありません。

上場企業であれば、IR情報から経営状況を確認できます。

損益計算書は1年間の収支を示し、貸借対照表は企業の財務状態を表しています。

損益計算書で収益が費用を上回っているか、貸借対照表で資産が負債を上回っているかを確認すると良いでしょう。

上場企業以外の場合、IR情報が公開されていないことが多いです。

IR情報が公開されていない企業は?

この場合は、新聞や業界紙などで応募した企業の情報をチェックしましょう。

ただし、IR情報が公開されていない企業に対して財務諸表を見せて欲しいと要求するのは避けましょう。

また、経営状態がわかる資料が見つからなくても、応募先の会社の関係者に聞くことはやめましょう。

経営が悪化している場合、新聞や業界誌に情報が掲載されることがあるので、複数の媒体で情報を収集することが重要です。

女性の働きやすさを確認する

女性は出産や育児などのライフイベントによって、一定期間仕事を離れることがあります。

出産や育児は女性にとって特別な経験ですが、その間長期的に会社を休まなければならないため、タイミングによっては退職を考えることもあります。

育児は子供が大きくなるまで続くものです。

そのため、女性社員が働きやすい環境を確認しておかないと、育児休暇や子供の用事で休むたびに嫌な思いをすることになり、結果的に退職に繋がることがあります。

女性の働きやすさを確認する方法の一つに「育休取得率」があります。

就職四季報では育休取得率のランキングを知ることができます。

また、ネットや資料で分からない場合は、説明会やOB訪問などで確認すると良いでしょう。

仕事の選び方を間違えないためにするべきこと2つ

就職説明会の企業ブースのイラスト

仕事の選び方として「興味があるか」「待遇がいいか」「適性があるか」の3つの基準は重要ですが、これらを判断するのが難しい場合もあります。

以下の2つの方法で、自分に合った仕事を見つけましょう。

1. 自己分析

自己分析は、仕事の選び方を間違えないために最も大切なステップです。

自己分析を行うことで、自分が何に興味があるのか、どんな待遇を求めているのか、持っている体質や能力は何かを明確にできます。

自己分析をしっかり行うことで、就活に活かせます。

自己分析の方法としては、紙とペン、もしくはパソコンを用意して、自分の過去の経験を時系列で並べてみましょう。

そこから感じた思いや学んだ内容をさらに詳しく書き出すことで、自己分析ができます。

2. 業界・企業研究

自己分析で自分が何に興味があるか、どんな待遇を求めているか、持っている体質や能力が分かったら、次に行うのは業界・企業研究です。

業界・企業研究をすることで、どのような職種や仕事内容があるのかを知ることができます。

業界・企業研究は、求人誌や企業ホームページを活用しましょう。

企業ホームページでは、経営理念や勤務形態、事業内容などの情報が得られます。

また、求人誌では企業が求めている人材の条件を確認できます。

これにより、自分に向いているかどうかの判断がしやすくなります。

新卒者の仕事の選び方についてのまとめ

就活においては、自分に合った仕事を選ぶための基準を定めることが重要です。

興味、待遇、適性、人間関係、勤務地の5つのポイントを参考にして、後悔しない就職活動を目指しましょう。

これらのポイントを考慮することで、長期的に満足できる職場を見つけることができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました