アフィリエイト広告を利用した記事があります

寝室のエアコンの選び方は?寝室専用のエアコンについて解説!

寝室のエアコンの選び方は?寝室専用のエアコンについて解説! 季節家電

快適な睡眠環境を作るためには、夏は約25℃~26℃、冬は約22℃~23℃の室温、湿度は50%~60%が理想的です。

エアコンを使用すると乾燥やホコリが舞うことがあるため、これらを補う機能を持つエアコンを選ぶことをおすすめします。

また、稼働音が気になる場合は、静音運転機能やアイドリング運転機能を備えた機種が良いでしょう。

寝室用エアコンの選び方

寝室とエアコン

寝室にエアコンを設置する際には、いくつかのポイントを押さえて選ぶことが大切です。

ここでは、寝室用エアコンの選び方をご紹介します。

寝室で使用するエアコンの音が気になる方もいるかもしれません。

できるだけ音が静かな製品を選ぶことが重要です。

低振動・低騒音を実現するコンプレッサーを採用したエアコンもあります。

音の強さはdB(デシベル)で比較でき、数値が低いほど静かです。

同じ製品でも冷房と暖房で音のレベルが異なるため、事前に確認しましょう。

機能

睡眠に関連する便利な機能を備えたエアコンもあります。

例えば、アプリで睡眠の質を視覚化できる機能や、センサーで最適な運転を実現する機能などです。

寝室向けのシリーズには、通常のエアコンにはない特別な機能が充実していることが多いです。

音と機能のバランスを見て選びましょう。

乾燥対策

エアコンの暖房を使うと室内が乾燥しやすくなります。

特に冬場は乾燥対策が重要です。

乾燥しにくいエアコンを選ぶと良いでしょう。

静音性と乾燥対策を兼ね備えた製品を選ぶことが大切です。

コストパフォーマンス

エアコンを選ぶ際には、コスパも重要な要素です。

本体価格が安くても消費電力が高いと電気代がかさむことがあります。

逆に本体価格が高くても省エネ性能が高ければ、電気代を節約できます。

自分にとってどちらを重視するかを決めてから選ぶと良いでしょう。

おすすめの寝室用エアコンメーカー

エアコンのあるベッドルーム

最近では、寝室に特化した機能を持つエアコンを提供しているメーカーも増えています。

ここでは、おすすめのメーカーをいくつか紹介します。

ダイキン

ダイキンは世界170か国以上で事業を展開する空調メーカーです。

給水不要で加湿できる「うるる加湿」に対応したエアコンが特徴です。

手間をかけずに室内を加湿できるため、冬の乾燥対策にも優れています。

三菱電機

三菱電機の「霧ヶ峰」シリーズは、人を快適にするために開発されたエアコンです。

特にSシリーズは、赤外線センサーで自動運転を調整し、快適な温度を実現します。

全て日本製で、熟練作業者が丁寧に製造しているため、品質も安心です。

パナソニック

パナソニックの「エオリアスリープ(PXシリーズ)」は、寝室用に特化したエアコンです。

センサーやアプリと連携して、睡眠中の冷えすぎを防ぎ、快適な温度を保ちます。

口コミでも高評価を得ており、寝室用エアコンとしておすすめです。

寝室に設置するエアコンの位置

エアコンが設置された寝室

質の良い睡眠を得るためには、エアコンの選び方だけでなく、設置位置も重要です。

以下に、寝室にエアコンを設置する際のポイントをご紹介します。

頭上を避ける

エアコンの室内機が落下するリスクがあるため、頭上に設置するのは避けたほうが安全です。

寝ている間に安心して眠るためにも、エアコンを頭上以外の位置に設置しましょう。

ベッドと吹出口を平行にする

エアコンの吹出口とベッドが垂直になると、風が直接当たりすぎて体調不良を引き起こす可能性があります。

エアコンの吹出口がベッドと平行になるように設置すると、快適に過ごせます。

よくある寝室用エアコンのQ&A

Q1. 赤ちゃんが寝る寝室にはどのようなエアコンがおすすめ?

A1. 清潔な環境を維持するために、空気清浄機能を搭載したエアコンが良いでしょう。ウイルスやカビ、花粉、タバコの煙を除去するエアコンもあります。また、音が静かなモデルを選ぶことで、赤ちゃんが夜中に起きにくくなります。

Q2. エアコンのあるリビングが隣にある場合、寝室でエアコンなしで過ごす方法は?

A2. サーキュレーターを使用する方法があります。リビングにエアコンがある場合、サーキュレーターをエアコンの対角線上に置いて風を送ると、冷気が寝室に行き渡ります。また、エアコンを背にするようにサーキュレーターを設置し、冷気を寝室に送ることも効果的です。

寝室のエアコンの選び方についてのまとめ

寝室にエアコンを導入する際は、音が静かな製品を選び、音の強さを表すdBの数値が低いものを選ぶと良いでしょう。

また、睡眠に特化した機能を持つエアコンもおすすめです。

センサー機能を備えたエアコンなど、睡眠をサポートする機能に注目して選ぶと、快適な睡眠環境が整います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました