定年後の仕事の選び方のコツは?おすすめな職種を6選でご紹介!

定年後の仕事の選び方のコツは?おすすめな職種を6選でご紹介! 仕事

定年後も働き続けたいという高齢者が増えています。

「年金だけでは生活が不安」「社会とのつながりを持ち続けたい」など、理由は様々です。

しかし、定年後の仕事探しには疑問が多いかもしれません。

そこで今回は、定年後の仕事の探し方や選び方、おすすめの職種、始める際の準備について詳しく解説します。

おすすめの定年後の仕事6選

シニアの警備員

以下は、定年後におすすめの職種をご紹介しています。

1. 警備員

警備の仕事は年齢・経験不問の求人が多く、定年後のシニアに人気の職種です。

主な仕事内容には、商業施設や公共施設の巡回や防犯モニターのチェック、交通誘導などがあります。

体を動かしながら適度に人と関わることができるため、シニア歓迎の求人も多く、比較的就業しやすい職種です。

2. 清掃員

清掃の仕事も年齢・経験不問の求人が多く、シニアが活躍しています。

清掃現場は多岐にわたり、個人で黙々と作業する現場やチームで作業する現場などさまざまです。

特に女性の場合、家事のスキルを活かすことができます。

整理整頓や清掃が好きな方におすすめです。

3. ドライバー

トラック運転手やタクシードライバーなど、シニアでも活躍できるドライバー職も多くあります。

ただし、健康状態や視力に自信がある方が前提です。

運転免許があれば誰でも就業可能で、特にトラックドライバーは人手不足のため求人数が多く、仕事を見つけやすいでしょう。

4. マンション管理人

マンション管理人は、マンションの点検や管理、受付や共用部の清掃などを行う仕事です。

住民が安心して住める環境作りをする役割であり、体力的負担が少なくやりがいを感じやすい職種です。

管理会社からの委託で通勤するケースや住み込みのケースもあります。

5. 軽作業

軽作業は、倉庫や工場での仕分けやピッキング、梱包などを行う仕事です。

派遣や短期の求人が多く、プライベートと両立させながら働きたい方に向いています。

仕事内容を選べば体力的負担も少なく、無理なく働くことができます。

6. 介護スタッフ

介護スタッフは高齢化が進む中、常に人手不足の職種です。

60〜70代でも現役で働いている人が多く、未経験・無資格から始められる職場も多いため、定年後からのスタートに向いています。

資格取得も目指しやすく、給料やキャリアアップも見込める仕事です。

定年後の仕事の探し方

シルバー人材の看板とデッサン人形

定年後に仕事を探すなら、以下の利用も考えてみてください。

再雇用制度の利用

高齢者雇用安定法により、企業では再雇用制度が導入されています。

慣れ親しんだ職場で仕事を続けたい場合は、この制度を利用するのが良いでしょう。

ただし、再雇用後は年収の減少やポジションの変更があるため注意が必要です。

シルバー人材センター

各地域に設置されているシルバー人材センターでは、高齢者の就業をサポートしています。

会員になると仕事の紹介が受けられ、委託や単発で仕事を依頼してもらえます。

継続的な雇用形態ではないため、高収入は期待できませんが、手軽に働けます。

家族や知人からの紹介

家族や知人から仕事を紹介してもらう方法もあります。

信頼度が高く、待遇やシフトなども相談しやすいです。

定年前から人脈を広げておくことがポイントです。

求人サイトの利用

条件に合わせて仕事を見つけたい場合は、求人サイトが便利です。

シニア向けやシニア専用の求人サイトを利用すると、採用率が高くなります。

一般的な求人サイトでも「高齢者歓迎」などの条件で検索できます。

定年後の仕事・雇用状況

総務省統計局の調査によると、高齢者の就業者数は2004年以降増加し続け、2020年には過去最高の906万人に達しました。

多くの高齢者が「働けるうちは働きたい」と考えており、雇用も活発化しています。

また、厚生労働省によると、65歳までの雇用確保措置がある企業は99.9%、70歳以上が働ける制度のある企業は31.5%です。

60歳以上の常用労働者数も増加傾向にあります。

定年後の仕事の選び方のポイント

公園を散歩するビジネスマン

定年後の仕事選びは、現役時代と異なる点が多々あります。

理想的な生活を築くために、以下のポイントを押さえて仕事を探すことが大切です。

1. 体力・健康に無理のない仕事を選ぶ

気持ちは現役時代と変わらなくても、体力や健康面は徐々に衰えていきます。

長く仕事を続けるためには、体力や健康に負担のない仕事を選ぶことが重要です。

どんなに働く意欲が高くても、体を壊してしまっては意味がありません。

自分の体調を第一に考え、無理なく続けられる仕事を選びましょう。

2. 雇用形態や待遇にこだわりすぎない

正社員で働きたいという希望があっても、シニア対象の正社員求人は少ないのが現実です。

そのため、雇用形態にとらわれず、パートやバイト、派遣など柔軟に考えることが大切です。

これまで正社員として働いてきた方も、違う形態での仕事を検討してみましょう。

また、待遇についても全ての希望を叶えるのは難しいかもしれません。

譲れない条件をいくつか決めて、そこを基準に仕事を選ぶと良いでしょう。

定年後の仕事に向けて準備しておくべきこと

定年に向けた準備を後回しにしていると、定年後に「もっと早く準備しておけばよかった」と後悔することになります。

そうならないためにも、定年前から以下の準備を進めておきましょう。

1. 定年後に生かせる資格やスキルを身に付ける

定年前に準備すべきことの一つが「定年後に生かせる資格やスキルを身に付ける」ことです。

万人に共通するおすすめの資格はありませんが、自分の経験や希望に基づいて、どの資格やスキルが有利かを考えることが大切です。

以下に人気の資格を挙げますが、自分に合ったものを選んでください。

資格・スキル概要
ファイナンシャルプランナー将来の資金計画をアドバイスする仕事。自分の人生設計にも役立ち、再就職や独立にも有利。
キャリアコンサルタントキャリア形成のサポートを行う仕事。経験を生かしてキャリアコンサルタントになることができ、大学やハローワークなどでも活躍できる。
中小企業診断士中小企業の経営サポートを行う仕事。経営コンサルティングの国家資格で、経験を生かしたコンサルタント活動が可能。

2. 定年前から定年後の求人を探しておく

定年前から転職エージェントに登録し、どのような求人があるか、ないかを把握しておくことが大切です。

現実を知ることで、早めに行動を起こすことができます。

実際に行動することで、次のステップに進むことができます。

3. 人脈を広げる

定年後の仕事を見つけるには、人脈が重要です。

多くの人が、人からの紹介で仕事を見つけています。

趣味やボランティア活動、セミナーや講座に参加して、人脈を広げておきましょう。

いろいろなコミュニティに参加して、自分に合ったものを見つけるのがポイントです。

4. まずは副業で始めてみる

本業とは別に副業で仕事を始めると、定年後に向けて自分に合う仕事を見つけやすくなります。

業務委託のマッチングサイトを利用し、自分に合った仕事を試してみるのも一つの方法です。

副業が禁止されている場合は、ボランティアやプロボノ活動で経験を積むと良いでしょう。

定年後の仕事の選び方についてのまとめ

定年後も働き続けたい高齢者が増えていますが、仕事探しには工夫が必要です。

今回紹介した仕事の探し方やおすすめの職種を参考に、自分に合った仕事を見つけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました