アフィリエイト広告を利用した記事があります

子供用のサングラスの選び方!キッズ用サングラスはこう選ぶ!

子供用のサングラスの選び方!キッズ用サングラスはこう選ぶ! サングラス

紫外線による眼へのダメージは、小さい頃から蓄積されていきます。

特に外で遊ぶ時間が長いお子さんには、サングラスの着用がおすすめです。

では、どのようなサングラスを選べば良いのでしょうか?

ここでは、子供用サングラスを選ぶ際の4つのポイントをご紹介します。

子供用サングラス選びの4つのポイント

紫外線対策をする子供
  1. 紫外線カット効果のあるもの
    サングラスには、「UVカット加工」と「UVカット素材」の2種類があります。紫外線カット効果がしっかりしているかどうかを確認しましょう。レンズの色は紫外線カット率とは関係ありませんので、UVカット99.9%のものを選びましょう。
  2. お子さんの顔にフィットするもの
    サングラスがずれたり、かけ心地が悪いと、子供はすぐに外してしまいます。成長途中の子供の顔にしっかりフィットするデザインを選びましょう。
  3. 耐久性
    子供が使うものは壊れやすいので、耐久性が重要です。フレームは金属素材よりも柔軟性のあるプラスチックが安全です。また、レンズは耐衝撃性の高いポリカーボネート素材がおすすめです。
  4. お子さんが気に入るもの
    子供がサングラスを着けたがるように、デザインや色も重要です。お子さんと一緒に選んで、気に入ったものを見つけましょう。持ち運びに便利なケースがあるとさらに良いです。

紫外線対策の重要性

紫外線は一年中降り注いでいます。

特に大人よりも外で過ごす時間が長い子供にとって、目を保護することは非常に重要です。

紫外線は裸眼で受け続けると、目が充血したり、異物感を感じたりする原因となります。

長期間にわたって紫外線を浴び続けると、白内障のリスクも高まります。

キッズ用サングラスの適切な使い方

キッズ用サングラスは、適切に使用することで目を守ることができます。

ただし、暗い場所や室内での使用は視力に影響を与える可能性があるため、注意が必要です。

紫外線を浴びる場所ではサングラスを使用し、室内や夜間は外すようにしましょう。

キッズ用サングラスの選び方ポイント:おさらい

サングラスをつける女子とパイナップル

キッズ用サングラスの有用性を理解したところで、どのようなポイントに注意して購入すればよいか知りたいですよね。

以下では、キッズ用サングラスを選ぶ際の重要なポイントを紹介します。

UVカット率

キッズ用サングラスを選ぶ際には、まずUVカット率を確認しましょう。

紫外線をカットする効果があるものには、「紫外線カット率99%以上」や「紫外線透過率1%以下」という表記があります。

また、「UV400」という表記があると、地上に届くすべての紫外線に対応しているため安心です。

カット率が書いていないものは、レンズが暗いだけでUVカット効果がないこともあるので注意しましょう。

レンズのカラー

レンズのカラーも重要な選び方のポイントです。

一般的にはブラウンやブラックのレンズが主流ですが、最近ではグリーンやピンクなどのオシャレなカラーも登場しています。

ブラウンやブラックのレンズは可視光線のカット率が高いため、眩しさを軽減してくれます。

サングラスを外したときの違和感や目の疲れが気になる場合は、グリーンやブルーのレンズがおすすめです。

付け心地の良さ

付け心地の良さもキッズ用サングラスを選ぶ際の重要なポイントです。

外で活発に遊ぶ子供にとって、ずれやすかったり、キツくて痛かったりするサングラスは煩わしく感じ、着用をやめてしまう可能性があります。

耳の後ろにしっかりとかかるソフトタイプや、鼻にフィットするデザインのサングラスを選びましょう。

試着してから購入するのがベストです。

デザイン性

デザイン性も大切なポイントです。

日常使いに適したシンプルなデザインや、休日用のかわいらしいデザインなど、用途に応じて選びましょう。

最近ではファッション性の高いキッズ用サングラスが多く揃っており、選ぶ楽しさも増しています。

子供用のサングラスも紫外線対策が重要 まとめ

紫外線対策としての子供用サングラスは、目の健康を守るために重要です。

紫外線カット効果、フィット感、耐久性、デザインの4つのポイントを押さえて、お子さんに最適なサングラスを選びましょう。

正しい使い方をすることで、将来の目の健康を保つことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました