女性にぴったりの眼鏡の選び方とは?顔型別におすすめをご紹介!

女性にぴったりの眼鏡の選び方とは?顔型別におすすめをご紹介! 眼鏡・メガネ

実は、誰でも眼鏡が似合うものなんです!

それなのに、眼鏡が似合わないと感じるのは、ただ単に最適な眼鏡を選ぶ方法を知らないだけかもしれません。

今回は女性向けの眼鏡選びのポイントを詳しく解説します。

この記事を読めば、眼鏡選びが楽しくなり、自分に合ったスタイルが見つかるはずです!

女性のための眼鏡選び基本ガイド

ノートPCを扱うメガネをかけた女性

多くの女性が眼鏡を日常的に利用していますが、本当に自分に合った眼鏡の選び方を知っている人は意外と少ないかもしれません。

実際、多くの女性が「自分に似合う眼鏡がわからない」と感じています。

眼鏡は顔の中心に位置するため、人の第一印象に大きな影響を与えるアイテムです。

そのため、正しい選び方をマスターすることが重要です。

眼鏡選びの基本ポイント6つ

  1. 顔と眼鏡のバランスを考慮する
    • 眼鏡のフレームの幅は、自分の顔の幅とバランスがとれるものを選びましょう。フレームが顔に対して大きすぎたり小さすぎたりすると、不自然な印象を与えることがあります。
  2. 黒目がレンズの中心にくるようにする
    • 黒目がレンズの中心に位置すると、自然でバランスの良い見た目になります。これを確認するには、鏡で直接チェックすることが有効です。
  3. フレームの縦の長さは顔の1/3以内に
    • 眼鏡のフレームの縦の長さは、顔の縦の長さの1/3以内に収めると、バランス良く見えます。
  4. フレームのスタイルを顔の形に合わせる
    • 顔の形に合ったフレームを選ぶことで、より魅力的に見せることができます。例えば、丸顔の人は角のあるフレームが似合います。
  5. プロの意見を参考にする
    • 眼鏡店のスタッフはプロフェッショナルです。自分では気づかないような点を指摘してくれることもありますので、積極的にアドバイスを求めましょう。
  6. 価格にとらわれず、品質を重視する
    • 良質な眼鏡は価格が高めですが、長持ちし、快適に使用できることが多いです。投資する価値があると考えて良いでしょう。

黒目がレンズの中央に来るのが理想的

自分に最も似合うメガネを選ぶためのポイントを見ていきましょう。

黒目がレンズの中央に位置することが理想的です。

さらに、顔型によって似合うメガネのスタイルが異なりますので、それを知ることも大切です。

顔型別のメガネ選びのコツ

スマホを見る若い女性

それでは、顔型別に、どのようなタイプの眼鏡がおすすめなのかを見ていきましょう。

顔型を確認する方法

顔の形によって眼鏡の似合う似合わないが決まりますが、自分の顔型を知ることが大切です。

自分の顔がどの顔型に分類されるかを知ることで、最適な眼鏡を選ぶ手助けとなります。

顔の形は一般的に丸顔、面長顔、三角顔、四角顔の4タイプに大別されます。

自分の顔型を判断するには、「顔の長さ」と「顔の幅」を比べ、顔の全体的な印象も考慮します。

具体的な判断基準は以下の通りです。

  1. 顔の長さ < 顔の幅 + ほっそり顔:三角顔
  2. 顔の長さ < 顔の幅 + ふっくら顔:丸顔
  3. 顔の長さ > 顔の幅 + ほっそり顔:面長顔
  4. 顔の長さ > 顔の幅 + ふっくら顔:四角顔

判断が難しい場合は、第三者の意見を求めるのも一つの方法です。

丸顔

丸顔の方は、顔の丸みをカバーするために、フレームの下部が直線的なデザインのメガネがおすすめです。

また、可愛らしい印象を与えたい場合は、下部に丸みのあるフレームを選ぶと良いでしょう。

三角顔

三角顔の方には、顔のシャープな印象を柔らかくするために、レンズ下部に丸みを帯びたフレームが適しています。

丸メガネも特に似合います。

面長顔

面長の方は、顔の長さを短く見せるために縦幅の長いフレームが有効です。

特に、フレームの下リムに丸みを持たせることで、優しい印象になります。

四角顔

四角顔の方は、はっきりしたフェイスラインを活かすために、フレームラインが明確なメガネを選ぶと良いでしょう。

下リムが直線的なデザインが、顔をすっきりと見せる効果があります。

女性の眼鏡の選び方のコツについてのまとめ

眼鏡はただの視力補正道具ではなく、ファッションアイテムとしても大きな役割を果たします。

そのため、場面やファッションに合わせて複数持つことをおすすめします。

女性の場合、眼鏡によって様々な印象を演出できるので、シーンに合わせて選ぶのが理想的です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました