アフィリエイト広告を利用した記事があります

喪服用のネクタイの選び方は?結び方・色・柄など徹底解説!

喪服用のネクタイの選び方は?結び方・色・柄など徹底解説! マナー

最も大切なのは、故人を悼む気持ちです。

故人への敬意を表し、ご遺族や参列者に違和感を与えない服装を心掛けましょう。

この記事では、大人のための葬儀マナーとして、適切なネクタイの選び方を中心にご紹介します。

葬儀用ネクタイの色:グレーや白はOK?

黒ネクタイと数珠

葬儀用のネクタイは通常、黒や黒に近い紺色が推奨されます。

ただし、紺色の場合はスーツとの対比で明らかに見えるものは避けましょう。

一部の宗教では白いネクタイがフォーマルとされる場合もありますので、宗教や宗派について事前に確認することが大切です。

なぜ白いネクタイを使用するのか?

一般的に、男性のフォーマルウェアは慶弔どちらにも使われますが、ネクタイの色は用途によって異なります。

白いネクタイは慶事に、黒いネクタイは弔事に使用されます。

しかし、宗教によっては弔事でも白いネクタイを着用することがあります。

これは、死を「祝福すべきもの」と捉える宗教もあるからです。

通常は黒いネクタイを着用しますが、特定の宗教や宗派では白いネクタイが使われることも理解しておきましょう。

葬儀用ネクタイの基本

葬儀のネクタイは黒が基本ですが、紺色や濃い灰色でも問題はありません。

ただし、他の参列者と違和感がないよう、シンプルな黒のネクタイを選ぶことをおすすめします。

葬儀の場では、目立たないようにすることが故人やご遺族への配慮となります。

一般的な参列スタイルは、喪服(ブラックスーツ)、白無地シャツ、黒無地ネクタイ、黒い靴下、黒い靴です。

ネクタイの柄はどうする?

葬儀用には無地の黒ネクタイが最適です。

光沢のないシンプルなものが良いでしょう。

柄入りのネクタイはマナー違反と思われる可能性があるため避けましょう。

お通夜に職場から直接行く場合

お通夜の場合は、必ずしも黒のネクタイでなくても構いません。

ただし、派手なネクタイは避けましょう。

職場のロッカーに黒のネクタイと数珠を置いておくと、急な訃報にも対応できます。

ネクタイの長さ

喪服のネクタイの長さには特に決まりはありませんが、一般的なネクタイと同様に、大剣の先端がベルトのバックルにかかる長さが適切です。

身長に合わせて選ぶと良いでしょう。

ネクタイの素材

おすすめはシルク素材です。

ポリエステルやレーヨン素材のネクタイもありますが、シルクの質感や光沢には違いがあります。

急に必要になった場合を除き、シルク素材の黒ネクタイを一つ持っておくと安心です。

ネクタイの結び方と注意点

黒ネクタイを締める男性

葬儀の場では、以下の結び方が基本です。

  • プレーンノット:最も基本的で、シンプルな結び方。
  • ウィンザーノット:結び目が大きく、広いラペルのジャケットに合うが、少し華やかに見える可能性あり。
  • セミウィンザーノット:バランスが良く、どの結び方にするか迷ったときに最適。

注意点としては、ディンプルを作らないことと、ネクタイピンを使用しないことです。

ディンプルは華やかに見えるため弔事には不向きで、ネクタイピンも同様に華やかさを避けるべきです。

葬式用ネクタイの購入場所

葬式用のネクタイは、百貨店や紳士服店で購入できます。

また、急な場合はコンビニや駅ナカの売店、100円ショップなどでも入手可能です。

喪服を含む一式をレンタルする方法もあります。

状況に応じて、マナーに則った服装を整えましょう。

葬儀用ネクタイなしでもマナー違反にならない?

花を持つスーツ姿の男性

お通夜の際のネクタイの着用

お通夜に参列する際、サラリーマンであればできるだけネクタイを着用することをおすすめします。

最近ではノーネクタイでの出勤が許可されている会社も増えていますが、ネクタイがないとカジュアルな印象を与えてしまうことがあります。

急な参列時の対応

日中に仕事があると、家に戻って喪服一式を取りに行くのは難しい場合があります。

急にお通夜に参列する場合、ネイビーやグレーのスーツでもマナー違反にはなりません。

しかし、職種によっては作業着での参列が避けられない場合もあります。

その際は、ご遺族にその旨を伝えることが大切です。

最低限の礼儀

最低限の礼儀として、コンビニなどで新しい靴下を購入して着用することを心がけましょう。

お通夜は「取り急ぎ」の対応が許されることが多いですが、できる限り清潔な服装で伺うように努めてください。

葬儀や告別式でのネクタイ

お通夜の場合、ネクタイなしでも許されることが多いですが、葬儀や告別式では必ず弔事用のネクタイを着用する必要があります。

喪服用のネクタイの選び方についてのまとめ

葬儀やお通夜に適したネクタイは、光沢のない黒無地の弔事用ネクタイです。

急に職場からお通夜に行く場合に備えて、弔事用のネクタイや数珠をロッカーに置いておくと安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました