アフィリエイト広告を利用した記事があります

喪服用のストッキングの選び方は?冬用のタイツの選び方も解説!

喪服用のストッキングの選び方は?冬用のタイツの選び方も解説! マナー

突然の訃報に備え、足元のマナーも押さえておきたいものです。

ここでは、喪服に合わせるストッキングの選び方と注意点について解説します。

喪服に合わせるストッキング・タイツのルール

喪服を着て座る女性

喪服は全身「黒」でまとめるのが基本で、ストッキングも黒無地が基本です。

お通夜、お葬式、法事、そして平服指定の際でも、黒のストッキングを着用しましょう。

お通夜ではベージュも許容される場合がありますが、黒のストッキングを用意しておくと安心です。

ただし、黒であれば良いというわけではありません。

艶がなく、適度な透け感があるものが適しています。

華美に見えるラメや柄物は避けましょう。

目安としては30デニールが程よい透け感です。

分厚いタイツはカジュアルな印象になるため、冬でも葬儀には不適切です。

50~60デニール程度であれば許容される場合もありますが、寒い地域や妊婦さん、病気の方、喪主か参列者かなどによって異なります。

また、素肌が見えることは避けるべきなので、膝下丈のソックスタイプのストッキングは控え、パンティストッキングタイプを選びましょう。

ストッキングとタイツの違い

ストッキングとタイツの違いは、デニールによる糸の太さで区別されます。

デニールとは糸の太さを表す単位で、30デニール以下がストッキング、それ以上がタイツとされます。

タイツの方が糸が太いため、伝線しにくいです。

フォーマルな場には、足を綺麗に見せるストッキングが適しています。

喪服時のストッキングの注意点

喪服にストッキングを合わせる際、以下の点に注意しましょう。

  • 予備を用意する: 黒のストッキングは伝線すると目立つため、予備を持参しましょう。伝線しにくいストッキングを選ぶのもおすすめです。
  • ペディキュアの注意: 黒のストッキングでも派手なペディキュアが透けることがあるため、事前に落としておきましょう。斎場で靴を脱ぐ場面もあるので注意が必要です。

夏場の喪服のマナー

夏でも肌の露出を控えるのがマナーです。

ジャケットやボレロは必須で、お式の間は着用しましょう。

黒のストッキングも必須です。

靴はシンプルな艶のないパンプスを選び、オープントゥやサンダルは避けましょう。

冬場の喪服のマナー

冬の弔事では防寒とマナーのバランスが重要です。

起毛素材や保温性の高いインナーを活用し、ストッキングは30デニールまでの透け感があるものを選びましょう。

50~60デニール程度なら許容されることもありますが、足元はパンプスがマナーです。

靴用カイロなどを使って見えないところで工夫しましょう。

コートやマフラーもシンプルな黒地のものを選び、斎場では脱ぐのが礼儀です。

寒い日にはインナーにカイロを使いましょう。

喪服にタイツはNG?

虫眼鏡とNGの文字

冬場に喪服にタイツを合わせたくなることもありますが、カジュアルさが出るため、本来は避けるべきとされています。

ただし、厳寒期や雪国での葬儀においては、60デニール程度のタイツであれば許容されることもあります。

どこまでが許容範囲かは、参列する立場や葬儀の格式により異なります。

高齢者や妊婦の方など、無理をして体を冷やしてしまうのは避けたいところです。

家族や親族と相談し、体調に合わせて判断するのが良いでしょう。

法事のストッキングは?

法事でも、女性は基本的に黒のストッキングを着用します。

略喪服の場合は肌色のストッキングでも問題ないことがありますが、故人との関係や参列する立場、地域の風習などに左右されますので、事前に家族に確認することをおすすめします。

喪服用のストッキングの選び方についてのまとめ

喪服に合わせるストッキングは、マナーを守りつつ、季節に合わせて選びましょう。

ロングシーズンで使える喪服やフォーマルな場面で着用可能なアウターを揃えておくと安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました