アフィリエイト広告を利用した記事があります

喪服に合った草履の選び方は?着用に注意が必要な小物について解説!

喪服に合った草履の選び方は?着用に注意が必要な小物について解説! マナー

喪服を着る際は、衣装だけでなく、選ぶ小物にも配慮が必要です。

特に着物の場合、洋装とは異なる小物を使用するため、選び方に迷う方も多いでしょう。

最近では着物を着る機会が減っているため、特に若い方にとっては難しいかもしれません。

ここでは、女性の着物の喪服に合わせる小物の選び方について説明します。

草履の材質と形状

喪服用の草履

草履は、下駄や雪駄と異なる特徴を持っています。

草履は革素材でできており、底がフラットです。

一方、下駄は木材で作られ、高さのある歯が付いています。

雪駄は草履の一種で、厚みがないものが多いです。

葬儀には、この草履が適しています。

葬儀で履く草履の選び方

着物の喪服には草履が必須です。

以下に、葬儀で履く草履の選び方やマナーについて説明します。

草履の種類

草履には多くの種類があります。

格式の違いは草履の高さや底部の枚数(芯)に表れます。

礼装用の草履はかかとが高いほど格式が高く、芯の枚数が多いほど手間がかかります。

ただし、高さや芯の枚数が多ければ良いわけではなく、一般的な5~6cmの高さの草履を選ぶことが重要です。

草履の高さ

草履の高さによる種類は以下の通りです。

  1. 一枚芯:シンプルな作り
  2. 一の二枚芯:つま先からかかとまで1枚、かかとから1枚追加
  3. 一の三枚芯:つま先からかかとまで1枚、かかとから2枚追加
  4. 二の二枚芯:つま先からかかとまで2枚
  5. 二の三枚芯:つま先からかかとまで2枚、かかとから1枚追加
  6. 三の三枚芯:つま先からかかとまで3枚

草履のペラ

草履のサイドにある薄い台(ペラ)は、草履の側面にラインを作り、おしゃれ感を演出します。

草履の生地と質感

草履の生地は見た目の印象を大きく左右します。

主な種類は以下の通りです。

  1. エナメル加工:光沢のある生地
  2. 艶を抑えた上品な生地
  3. 叩き仕上げ:マット感の強い生地
  4. 箔入りの生地
  5. ラメ入りの生地

草履の鼻緒

草履の鼻緒はデザイン性と履き心地に大きく影響します。

二石鼻緒(2重に重ねられた鼻緒)は見栄えが豪華でクッション性が高く、足の甲への負担を軽減します。

マナーを守って草履を選ぶ

喪服用の着物セット

和服の喪服を着用する場合、下駄ではなく草履を履きましょう。

和服には草履が一般的で、格式も高いとされています。

また、弔事の場では光沢のない黒色の草履を選ぶと良いでしょう。

革素材やスエードなどの殺生を連想させる素材は避けましょう。

他にもある!着物の喪服に合わせる小物

女性の喪服セット

着物の喪服には、草履、バッグ、扇子が欠かせません。

それぞれの選び方のポイントを見ていきましょう。

体型補正のためのタオル

着物は凹凸の少ない体型が望ましいため、タオルを使って体型を補正します。

タオルを腰紐やサージカルテープで固定し、白などの目立たない色のタオルを使うと良いでしょう。

帯留めは使用しない

帯留めはファッション性が高いため、喪服には使用しない方が良いとされています。

黒く目立たないものを選ぶと問題ありません。

草履

喪服に合わせる草履は、かかとの高さが3cm~5cm程度のものが適しています。

ヒール草履や厚底草履は避けましょう。

色は黒無地で、光沢のない漆黒のものを選び、装飾のないシンプルなデザインが理想です。

鞄も草履と同様、光沢のない黒無地が基本です。

金属製のパーツが目立つものは避けましょう。

また、動物製品(フェイク含む)は葬儀の場にふさわしくないため、布製のシンプルな鞄を選ぶのが無難です。

扇子

扇子は黒無地、白無地、または暗いグレーのものを選びましょう。

骨の部分も光沢のない黒が望ましいです。

古い扇子や高級品に使われる鯨髭などの素材は、特に目立たないためあまり気にする必要はありません。

「着物の喪服に扇子は不要」とされることもありますが、実際には弔事用の扇子もあります。

重要なのは、葬儀の場で扇子を使ってパタパタと仰がないことです。

喪服用の草履の選び方についてのまとめ

着物の喪服は、洋装よりも手間がかかりますが、細部まで配慮することが重要です。

小物も含めてしっかりと選び、故人への敬意を示しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました