アフィリエイト広告を利用した記事があります

出産祝いのご祝儀袋の選び方は?正しいのし袋と水引を選ぼう!

出産祝いのご祝儀袋の選び方は?正しいのし袋と水引を選ぼう! マナー

出産祝いに現金を贈るとき、「どののし袋を使えばいいのか」と迷うことがあります。

正式なのし袋には「水引」というひも飾りが付いており、その本数や結び方には意味があります。

また、のし袋に書く表書きにもマナーがあります。

出産祝いにふさわしいのし袋を選ばないと、相手に「失礼だ」と思われるかもしれません。

この記事では、出産祝いののし袋選びやご祝儀のマナーについて解説します。

出産祝い用のし袋(ご祝儀袋)の水引は蝶結び

出産祝い

出産祝い用の水引

出産祝いに使う水引は紅白で、結び方は「蝶結び(花結び)」です。

蝶結びは簡単に結んだり解いたりできるため、「何度でもお祝いが繰り返されるように」という意味が込められています。

水引の本数

水引の本数は3本・5本・7本・10本と様々ですが、出産祝いには3本か5本の水引を選ぶのが一般的です。

7本でも問題ありませんが、その場合は贈る品物も豪華にする必要があります。

印刷された水引

親しい相手には、印刷された水引ののし袋でも問題ありません。

ただし、目上の人や職場関係者には、実物の水引がついた正式なのし袋を使いましょう。

NGの水引

10本の水引

10本の水引は結婚祝い用です。

見た目が華やかになるため、高額のご祝儀を包むときに選びがちですが、出産祝いには適していません。

あわじ結び

あわじ結び(あわび結び)は、「一度結んだら解けない」という意味があるため、結婚祝い・快気祝いに使われます。

出産祝いには不向きです。

結び切り

結び切りも「一度結んだら解けない」形のため、結婚祝い・快気祝いに使われます。

出産祝いには避けるべきです。

印刷の水引

目上の人や取引先には、印刷の水引は避けましょう。

正式なご祝儀袋を使うのが礼儀です。

のし袋の選び方

金額別の選び方

1万円以下の場合は、装飾が少ないシンプルなのし袋を使用します。

3万円から5万円の場合は、少し凝ったデザインのものを選びます。

5万円以上の場合は、華やかでデザイン性の高いのし袋が適しています。

水引の色と本数

水引の色は紅白が一般的で、出産祝いには3本か5本の水引が適しています。

9本は「苦しみ」を連想させるため、避けましょう。

一般的な出産祝いの金額目安

出産お祝いのご祝儀袋

兄弟・姉妹への出産祝い

  • 10,000円~30,000円

親戚(いとこ・甥・姪・孫など)への出産祝い

  • 3,000円~5,000円

友人への出産祝い

  • 5,000円~10,000円

職場内での出産祝い

  • 同僚へ:3,000円~5,000円
  • 上司へ:5,000円~10,000円
  • 部下へ:3,000円~5,000円
※ これらは個人で贈る場合の金額目安です。有志でまとめて贈る場合には、この限りではありません。

出産祝いの表書き

のし袋の水引の結び目から上の部分には、「御祝」や「御出産御祝」など、出産祝いであることが分かる表書きを書き入れます。

毛筆で書くのが苦手な場合は、あらかじめ印刷されているものを選ぶと良いでしょう。

水引の結び目から下の部分には、贈り主の名前を記入します。

上の表書きよりも少し小さな文字で書くとバランスが良くなります。

筆記用具は毛筆や筆ペン、黒のサインペンが適切です。

万年筆やボールペンは失礼にあたるので避けましょう。

出産祝いのご祝儀袋の選び方についてのまとめ

出産祝いに現金を贈る際は、必ず新札を使用しましょう。

友人や兄弟であっても、新札を用意するのが基本的なマナーです。

新札は銀行で入手できるので、事前に準備しておくと良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました