アフィリエイト広告を利用した記事があります

兄弟へ渡すご祝儀袋の選び方は?金額の相場やマナーなど解説!

兄弟へ渡すご祝儀袋の選び方は?金額の相場やマナーなど解説! マナー

結婚する兄弟や姉妹に対して、お祝いの気持ちを込めて贈るご祝儀。

兄弟姉妹の場合、どれくらいの金額を包むべきか、またそのタイミングについて詳しく説明します。

兄弟姉妹へのご祝儀は必要?金額の相場は?

3月のカレンダーとご祝儀袋

兄弟や姉妹が結婚する際、ご祝儀は必要なのでしょうか?

答えはイエスです。

ご祝儀を贈ることで、兄弟姉妹に対するお祝いの気持ちと、そのパートナーへの挨拶の意味も込めることができます。

受け取る側も歓迎されていると感じるでしょう。

結婚スタイルマガジントレンド調査2018によると、兄弟姉妹へのご祝儀の相場は5万円(39.7%)が最も多い結果でした。

一般的なご祝儀の金額は3万円が相場ですが、兄弟姉妹には少し高めの5万円が相応しいとされています。

ただし、年齢や地域、新郎新婦との関係性によっても変動します。

関係性・立場別のご祝儀金額の考え方

  • 贈る側が未婚の場合: 未婚で若い社会人であれば、3万円程度でも問題ありません。
  • 贈る側が既婚の場合: 夫婦で招待される場合、ご祝儀は7~10万円が相場です。また、子供が出席する場合は、食事代として5千円から1万円程度を加えます。
  • 学生や親と同居の場合: 同居している場合、ご祝儀は一世帯に一つです。個別に包む必要はありませんが、何か喜ばれる結婚祝いを贈るのも良いでしょう。

ご祝儀を渡すタイミング

兄弟姉妹へのご祝儀は結婚式の受付で渡すのではなく、結婚式の1ヶ月前から1週間前までに手渡すのが適切です。

可能であれば、大安などの吉日に渡すと良いでしょう。

遠方の場合は現金書留で郵送することも可能です。

その際にメッセージカードを添えると、よりお祝いの気持ちが伝わります。

結婚式をしない場合のご祝儀

結婚式を挙げない場合でも、ご祝儀は贈るのが基本です。

兄弟姉妹の場合、5万円程度が相場ですが、場合によっては7万円から10万円ほど贈ることもあります。

また、結婚祝いの品を贈るという方法もあります。

結婚祝いのギフト選びのポイント

  • 夫婦で使えるもの: 夫婦共に喜ばれるものを選びましょう。旅行や食事の体験チケットなどもおすすめです。
  • 実用性の高いもの: キッチン家電や食器、バスグッズなど、実用的なものが喜ばれます。何を贈るか迷った場合は、直接相手に聞いてみるのも一つの方法です。

兄弟姉妹へ結婚祝いを贈る際の注意点

ポイントの吹き出し

兄弟姉妹に結婚祝いを贈る際には、以下の2点を忘れないようにしましょう。

他の兄弟と事前に話をする

結婚祝いを選ぶ前に、他の兄弟と予算やギフト内容について相談しておきましょう。

贈る相手のことを考えて選んだギフトが重複してしまう可能性もあります。

また、ご祝儀と同様に結婚祝いの金額も他の兄弟と合わせる方が良いでしょう。

一般的には年長の兄弟が年下の兄弟よりも高額な結婚祝いを贈ることが多いです。

ただし、相手から特定の品物をリクエストされた場合は、その通りにしなくても構いません。

兄弟全員で資金を出し合って高価なプレゼントを贈る場合もあります。

いずれにしても、事前に話し合うことが大切です。

家族や親族に渡し方のルールを確認する

家族や親族の間で結婚祝いに関するルールがある場合もあります。

例えば、以下のようなルールがあるかもしれません。

  • 結婚祝いの予算の上限額
  • ご祝儀と結婚祝いのどちらを贈るか
  • 内祝はどうするか
  • 学生の場合の対応

兄弟の中で初めて結婚する人が出たときに決めたルールがそのまま続くことも多いです。

贈る側としても、もらう側としてもルールをしっかり確認し、慎重に対応することをおすすめします。

兄弟へ渡すご祝儀袋の選び方についてのまとめ

兄弟姉妹へのご祝儀は、お祝いの気持ちとして必須です。

金額の相場は約5万円ですが、年齢や地域、関係性によって変動します。

渡すタイミングや贈り方にも注意し、結婚祝いを通じて感謝と祝福の気持ちを伝えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました