アフィリエイト広告を利用した記事があります

作業着用のズボンの選び方は?失敗しないポイントを解説!

作業着用のズボンの選び方は?失敗しないポイントを解説! ズボン

作業ズボンは、工事現場や様々な作業環境で使用されるズボンです。

商品によっては、ストレッチ性が高く動きやすいもの、耐久性に優れたもの、耐火性があるものなど、多種多様な機能があります。

適切な作業ズボンを選ばないと、事故や怪我の原因となる可能性があります。

ここでは、作業ズボンの種類や素材について詳しく説明します。

作業ズボンの生地の種類と特徴

作業ズボンとヘルメット

作業環境に適した生地を選ぶことは非常に重要です。

ここでは、いくつかの主要な生地について紹介します。

  • ストレッチ素材: ポリウレタンなどの伸縮性のある素材を使用しており、動きやすさが特徴です。普段着にもよく使われる素材で、温度や湿度の変化に強いです。
  • 綿100%素材: 吸水性と通気性が良く、肌触りが良いのが特徴です。火にも強く、静電気が溜まりにくいです。シワになりやすいですが、アイロンがけが簡単です。
  • 難燃素材: 火を扱う現場で使用されることが多い素材です。炭化アラミド系の繊維を使用しており、自己消火性が高いのが特徴です。

作業ズボンの選び方

作業ズボンを選ぶ際には、デザイン、素材、機能性を比較すると良いでしょう。

以下のポイントを参考に選びましょう。

  1. デザイン: おしゃれな作業ズボンを選ぶと気分が上がり、仕事効率も向上します。通販サイト「ラクスル」では、多くのデザインを取り扱っています。
  2. 素材: 綿、ポリエステル、混紡素材など、作業環境に応じた素材を選びましょう。綿は吸水性が高く、通気性に優れています。ポリエステルは耐久性があり、シワになりにくいです。
  3. ストレッチ機能: 動きやすさを重視するなら、ストレッチ素材の作業ズボンを選びましょう。ストレッチ機能のある商品を選ぶと、快適に作業ができます。
  4. 洗濯可能: 家庭で洗濯できる作業ズボンを選ぶと、毎日清潔に保つことができます。特に汗をかきやすい季節には、洗濯可能なズボンが便利です。
  5. JIS規定クリア: 日本の産業規格を満たした作業ズボンを選ぶと、安全性が高く、火災や機器トラブルの防止に役立ちます。静電気防止機能もあるとさらに良いでしょう。

作業パンツを仕事に合わせて選ぶ

作業ズボンをはいた男性

作業パンツは、どの仕事向きなのかによっても選び方が違います。

作業パンツの種類

作業用ズボンは大きく分けて、カーゴパンツ、ハーフパンツ、スラックスの3種類があります。

それぞれの特徴を以下に紹介します。

カーゴパンツ

カーゴパンツは膝上に大きなポケットが付いているのが特徴です。

作業中に必要な工具や道具を収納できるため、作業用として非常に人気があります。

もともとは港で働く作業員のためのワークウエアでしたが、軍用パンツとしても使用されるようになり、カーキ色のイメージが強くなりました。

最近ではデザインが進化し、綺麗めなカーゴパンツも登場しています。

ハーフパンツ

ハーフパンツは、カジュアルな作業スタイルとして人気です。

ロングパンツに比べて通気性が高く、特に夏場に適しています。

コンプレッションレギンスと合わせて着用することで、さらに吸汗速乾性が加わり、快適に過ごせます。

アウトドアスタイルとしても人気があり、若者を中心に多く見られます。

ただし、作業時の怪我を防ぐためにレギンスを着用し、素肌を保護することが重要です。

スラックス

スラックスはウエストの両脇にのみポケットがあるズボンで、細身でスタイリッシュな印象があります。

ビジネスシーンやフォーマルな場での着用が一般的で、ワイシャツやネクタイと合わせるだけで営業や打ち合わせに適したスタイルになります。

主に作業が主な担当ではない方に最適です。

最近ではストレッチ素材のスラックスも登場しており、しゃがむ作業が多い場合にも選ばれやすいです。

夏を快適に過ごすための作業ズボン選びのポイント

室内干しの作業着

夏の作業を快適にするための作業着選びのポイントは、以下をチェックしましょう。

通気性

通気性は生地の細かい穴から空気が通る性質を指します。

メッシュ素材が一般的ですが、生地の織り方や素材によっても通気性は異なります。

特にレインウエアなど高い防水性が求められる製品では、透湿性が高いものを選ぶと良いでしょう。

透湿性が低いと蒸気がこもりやすく、不快感を引き起こします。

接触冷感

接触冷感は、肌に触れた部分が冷たく感じる効果を指します。

近年、多くの製品で使用され、暑さ対策として注目されています。

さらっとした肌触りで、夏の作業用パンツに最適な機能です。

吸汗速乾

吸汗速乾は汗などの水分を素早く吸収し、乾燥させる性質です。

これにより、汗で濡れた衣服の不快感を軽減し、体温が奪われるのを防ぎます。

また、洗濯後の乾きやすさも魅力で、日常的に使用する作業着として最適です。

消臭

消臭機能のある作業ズボンも多く存在します。

ムレやすい股部分などにデオドラントテープが施されており、気になる臭いを軽減します。

素材自体にデオドラント効果があるものもあり、特に臭いが気になる方におすすめです。

作業着用のズボンの選び方についてのまとめ

この記事では、作業ズボンの選び方について紹介しました。

作業現場で働く方が快適に、そして気持ちよく働ける作業ズボンを選ぶための参考になれば幸いです。

一言で「作業ズボン」と言っても多種多様な種類がありますので、自分に合ったズボンを見つけてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました