仕事用のパソコンの選び方とは?PC選びで失敗しないためのコツ!

仕事用のパソコンの選び方とは?PC選びで失敗しないためのコツ! PC周辺機器

普段パソコンに詳しくない方や、専門知識がない方にとって、仕事用のパソコンを選ぶのは難しいものです。

専門用語が多く、用途に合ったスペックや必要なソフトの選び方がわからないこともあります。

ここでは、パソコンに詳しくない方でも自分の業務に最適なビジネス用パソコンを簡単に見つけられるように解説します。

知っておきたい仕事用パソコンの3つの主流タイプ

仕事場のノートPC

仕事用パソコンには、デスクトップやノートなどのパソコンがありますが、それは以下の主流タイプのカテゴリに分けられます。

大画面パソコン

職場に常設するパソコンとして、持ち運びを考慮しないのであれば、大画面のパソコンが人気です。

同じ解像度であれば、ディスプレイが大きい方が表示が見やすく、作業が快適です。

デスクトップパソコンだけでなく、15.6インチ以上の大画面ノートパソコンも選べます。

特に数字を多く入力する場合は、テンキーが搭載されているモデルがおすすめです。

モバイル用パソコン

外出先での使用が多い場合は、軽量で携帯しやすいモバイル用パソコンが適しています。

13.3インチ以下、1.3kg未満のモデルが主流で、軽量で負担が少ないのがメリットです。

需要が多いため、多種多様なモデルから用途に合ったものを選べます。

タブレットとしても使える2in1パソコン

2in1タブレットPCは、ノートパソコンとしてもタブレットとしても使えるため、様々なシーンで活躍します。

キーボードと本体が分離できるセパレート型や、回転・スライドして形状を変えられるコンバーチブル型があります。

作業しやすい形状を選んでください。

パソコンの選び方:用途別ガイド

PCとマグカップと女性

パソコンを用途別に選んでみましょう。

外出先で使う人向け

営業など外出先で使うことが多い方は、持ち運びしやすくバッテリー駆動時間が長いパソコンが適しています。

重量が1kg未満のモデルが便利ですが、移動が少ない場合は重さを気にせず、CPUやメモリに重点を置いて選ぶとよいでしょう。

複数のソフトを同時に起動したい人向け

画像編集やWeb会議など、高負荷の作業をする場合は、高スペックのパソコンが必要です。

推奨されるストレージはSSD 256GB以上、CPUはCore i5またはRyzen 5です。

デスクワーク用

職場で使用する場合、据え置きノートやデスクトップパソコンが適しています。

15.6インチ以上のディスプレイ、Core i5またはRyzen 5以上のCPUが推奨されます。

Microsoft Officeが搭載されていると便利です。

クリエイティブな業務に適したパソコン

グラフィックや動画編集には、高性能なCPUと大容量メモリが必要です。

画面は15.6インチ以上、メモリは16GB以上、CPUはCore i7またはRyzen 7が望ましいです。

外部ディスプレイと組み合わせるのもおすすめです。

特徴別に選ぶ仕事用パソコン

光学ドライブ付きパソコン

DVDやCDの読み込みが必要な場合は、光学ドライブ付きのパソコンを選びましょう。

Microsoft Office搭載パソコン

ドキュメント作成が多い場合は、Microsoft Office搭載モデルが便利です。

タブレット型パソコン

外出先での資料確認やプレゼンに便利ですが、実際に触って操作感を確かめてください。

低価格パソコン

予算を抑えたい場合、10万円未満でも多くの業務に対応できるモデルがあります。

スペックから選ぶ仕事用パソコン

CPU

IntelのCoreシリーズやAMDのRyzenシリーズが主流。

コア数、スレッド数、クロック周波数を確認しましょう。

OS

Windows 11がスタンダードですが、Chrome OS搭載モデルもあります。

Windows 10は2025年にサポート終了予定です。

SSD

SSDは高速で故障しにくいですが、HDDより高価です。

Wi-Fi

Wi-Fi 6対応モデルが高速です。

無線LANルーターも対応しているか確認してください。

Officeの契約形態

契約更新型と買い切り型があります。

それぞれのメリットを考えて選びましょう。

画面の種類

液晶と有機ELがあります。

応答速度や寿命などの特徴を考慮して選んでください。

仕事用パソコンを選ぶポイント

オフィスインテリア

仕事用パソコンを選ぶなら、以下のポイントはしっかりと押さえておきましょう。

用途を明確にする

仕事で使用するパソコンは、生産性や効率に大きな影響を与えます。

まず、パソコンをどのような業務に使用するのかを決め、その業務に必要なソフトウェアやシステムを確認しましょう。

ライセンスの有無も考慮に入れると、具体的なパソコン選びがスムーズに進みます。

必要なスペックを確認する

パソコンのスペックは、業務内容によって異なります。

例えば、グラフィックボードを必要とする高性能なパソコンが必要な場合もあれば、一般的な仕様のパソコンで十分な場合もあります。

オーバースペックは不要なコストにつながりますが、スペック不足は業務効率を低下させます。

各部署や業務内容に応じて、必要なスペックを明確にしましょう。

保証とサポートを確認する

パソコンは使用中に不具合が発生することがあります。

特に、メーカーでの対応が必要なトラブルが発生した場合、保証サービスに加入していると安心です。

初期不良や修理が必要になった際のコストを抑えるため、長期間使用する予定がある場合は、延長保証も検討しましょう。

仕事用のパソコンの選び方についてのまとめ

仕事用パソコンの選び方についてのポイントを押さえておくと、自分に合ったパソコンを見つけやすくなります。

使用シーンを具体的にイメージし、実際に使用している人の意見を参考にすることで、最適なパソコンを選ぶことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました