仕事用のキーボードの選び方!エンジニアの業務効率を上げる?

仕事用のキーボードの選び方!エンジニアの業務効率を上げる? PC周辺機器

長時間のデスクワークを快適にするために、キーボードの見直しをおすすめします。

実際、キーボードによって疲労感が異なります。

エンジニアにとって、キーボード選びは単なるガジェット選びではなく、日々の作業効率に大きく影響する重要な要素です。

適切なキーボードを選ぶことで、タイピングが快適になるだけでなく、手首の負担軽減やタイプミスの削減といったメリットがあります。

キーボードの選び方

キーボードで文字を打つビジネスマン

以下に、仕事用のキーボードの選び方の詳細をご紹介します!

接続方法の確認

  • ワイヤレスタイプ:デスク上をスッキリさせたい場合に最適です。USBレシーバーを使うタイプとBluetooth接続のタイプがあり、両方に対応しているモデルもあります。USBレシーバーはすぐに使えますが、ポートが埋まる点に注意。Bluetooth接続は初期設定が必要ですが、多くの機器と接続でき、マルチペアリング対応だと便利です。
  • 有線タイプ:接続の手間を省きたい方におすすめです。ペアリング不要で、USBポートに接続するだけですぐに使えます。キー入力の遅延が少なく、ゲームやプログラミングに最適です。パソコン本体から給電されるため、バッテリー残量を気にする必要もなく、充電や電池交換の煩わしさもありません。

キーボードの構造

  • メンブレン:低価格で打鍵感が軽く、ゴムの劣化により耐久性は低いものの、コスパを重視する方におすすめです。
  • パンタグラフ:薄型で軽く、打鍵感が軽いので長時間のタイピングに適しています。耐久性は低めですが、打鍵音が静かでオフィスユースに最適です。
  • メカニカル:カチカチとした打鍵感で、各キーが取り外せるタイプ。耐久性が高く、反応速度も速いため、ゲーミング用途に適しています。茶軸、赤軸、青軸などの種類があり、打鍵感にこだわりたい方におすすめです。
  • 静電容量無接点方式:高耐久で静かな打鍵感が特徴。プログラマーやキーパンチャーに適しており、価格は高めですが信頼性が高いです。

対応OSの確認

OSによってキーの配置が異なるため、対応OSを確認することが重要です。

Windows用キーボードがMacで使える場合もありますが、正しく動作しないこともあります。

スマホやタブレット用には、AndroidやiOS、iPadOSに対応したモデルもあります。

配列の選択

日本語配列(JIS)と英語配列(US)があるので、用途によって選びましょう。

日本語配列は文章作成に適し、英語配列はプログラミングに適しています。

使い慣れた方を選ぶのが無難です。

使いやすさのポイント

  • キーピッチ:快適なタイピングには、一般的な19mmのキーピッチがおすすめです。コンパクトな製品の場合はキーピッチが小さくなることがありますが、携帯性を重視する方には良い選択です。
  • キーストローク:キーを押したときの深さで、浅いほど素早いタイピングが可能です。一般的には3~4mmですが、タイピング速度を重視する場合は1~2mmの浅いモデルがおすすめです。
  • テンキーの有無:数値入力が多い方はテンキー付きのフルサイズモデルが良いでしょう。テンキー不要の方はコンパクトサイズのモデルを選ぶと、マウスのエリアが広がり、作業効率が向上します。

耐久性・防水性

長く使いたい場合は、耐久性に優れたモデルを選びましょう。

キー印字が消えにくい工夫がされているかも確認しましょう。

防水性のある製品なら、飲み物をこぼしても安心です。

エルゴノミクスキーボード

人間工学に基づいてデザインされており、長時間の作業でも疲れにくいです。

V字型のモデルや左右分離型のモデルもあり、手首や肩への負担を軽減します。

ゲーミングキーボード

ゲーム用途には、反応速度が速く、様々な便利機能が搭載されたモデルがおすすめです。

キーに機能を割り当てられる「キーバインド」や、複数のキーを同時に押しても正確に認識される「Nキーロールオーバー」などがあります。

エンジニアにとってのキーボード選びの重要性

キーボードを操作する男性

エンジニアは、自分に合ったキーボードを選ぶことが非常に重要です。

価格だけで決めず、適切なキーボードを使うことで、以下のような多くの利点があります。

  • タイプミスが減少
  • 大量のタイピングが必要
  • 手首の疲労軽減
  • 肩こりや頭痛の解消
  • 長持ちするため結果的にコストパフォーマンスが良い

タイプミスが減る理由

キーボード選びが大切な理由の一つは、タイプミスの減少です。

エンジニアにとって、タイプミスは業務効率に直結します。

以下のポイントを重視することで、ミスを減らしスムーズに作業を進められます。

  • 打鍵感が良い
  • キーピッチが指に合っている
  • キーストロークが適している
  • キー配置が打ちやすい

メカニカルキーボードのように、打鍵感が明確なものを使うと、打ち間違いが減り、コーディングの精度が向上します。

普段からタイプミスが多いと感じている方は、キーボードの見直しを検討してみてください。

大量のタイピングに適したキーボード

エンジニアは1日に何万文字もタイピングします。

そのため、手に馴染むキーボードが必要です。

作家やライター、ブロガーも同様にキーボードにこだわっています。

例えば、赤軸のメカニカルキーボードや静電容量無接点方式など、反応が良くて疲れにくいモデルを選ぶと、指の疲労が軽減されます。

1日の終わりに指の疲れを感じる方は、キーボードの買い替えを検討してみてください。

手首の疲労軽減

長時間のタイピングによる手首の疲労は、エンジニアにとって大きな悩みの一つです。

マウスを変えても解消しない場合は、キーボードの見直しを考えましょう。

エルゴノミクスデザインのキーボードは、手首への負担を軽減し、疲れにくくします。

手首に過度の負担をかけると腱鞘炎になる可能性があるため、予防のためにも適切なキーボードを選びましょう。

肩こりや頭痛の解消

キーボード選びは、肩こりや頭痛の解消にもつながります。

不自然な姿勢でタイピングを続けると体に負担がかかりますが、自分に合ったキーボードを使うことで作業姿勢が改善され、不調を軽減できます。

リストレストを使うのも良い方法です。

肩こりや頭痛を放置すると、自律神経失調症になる可能性もあるため、体を労わるためにもキーボード選びは重要です。

長持ちするキーボードを選ぶ

安価なキーボードを選ぶと、すぐに買い替えが必要になる場合が多いです。

性能不足や耐久性の問題で頻繁に買い替えるよりも、少し高価でも品質の良いキーボードを選ぶことで、長期的にはコストパフォーマンスが良くなります。

高品質なキーボードは保証も手厚く、長期間使用しても故障しにくいです。

例えば、東プレのリアルフォースはキーの耐久回数が3,000万回とされており、高級モデルのキーボードは10年以上使われることもあります。

もちろん、安価なキーボードにも良い製品はありますが、頻繁に壊れてしまう場合は、高性能なキーボードを検討してみてください。

仕事用のキーボードの選び方についてのまとめ

このように、キーボードの選び方は多岐にわたります。

自分の用途や好みに合ったキーボードを選んで、快適なデスクワークを実現しましょう。

また、エンジニアがキーボード選びにこだわることは、仕事の効率化や健康維持に大きな影響を与えます。

自分に合ったキーボードを見つけて、快適な作業環境を整えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました