仕事を転職する時の職業の選び方は?自分にぴったりの職の探し方!

仕事を転職する時の職業の選び方は?自分にぴったりの職の探し方! 仕事

転職を決意しても「どの仕事が自分に合うのか分からない」と悩む方は多いです。

現職や前職よりも自分に適した企業や職種に転職するためには、どのような基準で仕事を選ぶべきでしょうか。

この記事では、仕事選びの失敗例を参考にしながら、希望条件の優先順位のつけ方や自分に合った仕事を見つける方法をご紹介します!

仕事選びで確認したい7つのポイント

スマホを持って悩む女性

転職先を選ぶなら、以下のポイントはしっかりとチェックしておいてください。

1. やりたい仕事かどうか

収入や福利厚生に注目するだけでなく、「やりたい仕事か」「望むキャリアが実現できるか」を確認することが大切です。

やりがいを感じない仕事では、長期的にモチベーションを維持するのは難しいです。

2. 将来性や社会貢献度

会社の将来性や社会的なニーズに注目しましょう。

将来性がない仕事はリスクが高いため、業界の動向も含めてリサーチが必要です。

また、社会貢献度が高い仕事はやりがいを感じやすく、モチベーションを維持しやすいです。

3. 長期的なキャリア形成

将来的なキャリアプランを考え、その実現に必要な経験やスキルを得られる仕事を選ぶことが重要です。

ライフプランも合わせて考えましょう。

4. 自分に向いているか

やりたい仕事と向いている仕事は異なる場合があります。

過去の経験から、自分の適性を把握し、適切な仕事を選びましょう。

5. 報酬水準

報酬水準が満足いくものであるか確認することは重要です。

生活費や将来的な資金を見据えたうえで、適切な報酬水準を見極めましょう。

6. ワークライフバランス

仕事とプライベートのバランスが取れているかどうかも重要です。

適切な働き方やプライベートの過ごし方を考えたうえで、理想を実現できる仕事を選びましょう。

7. デメリットを許容できるか

仕事のデメリットも考慮し、許容できるレベルであるか確認しましょう。

許容できないデメリットがあると、ストレスが溜まりやすくなります。

後悔しないための仕事選びの注意点

注意マークを正面に持つサラリーマン

せっかく職が決まったのに後悔しないためにも、仕事を選ぶなら、以下の点にも注意しましょう。

1. よい面だけで選ばない

報酬水準や待遇のよさだけで選ぶと、入社後にミスマッチが発生しやすいです。

やりたい仕事や労働条件も含めて総合的に判断しましょう。

2. 将来性を過度に重視しない

将来性に過度に依存せず、現時点での確実な要素も考慮しましょう。

不確定要素が大きいため、実際の仕事内容やニーズが変わる可能性があります。

3. 待遇だけで判断しない

待遇のよさだけで判断すると、労働環境が過酷である場合があります。

給与の内訳もしっかり確認し、基本給や手当の構成を理解しましょう。

4. あいまいな基準で選ばない

大企業や安定性が高いという理由だけで選ぶのは避けましょう。

自分に合った基準で仕事を選ぶことが大切です。

自分の転職の軸を見極める

転職の理由を明確にし、優先順位をつけましょう。

例えば人間関係が理由であれば、「上司が代われば問題解決するか」「部署変更で解決するか」「やりがいを重視するなら給与が下がってもよいか」などと自問自答し、理由を深掘りしていきます。

最終的に出てきた答えが転職の一番の理由となります。

自分に合った仕事を見つける方法

笑顔のOL

転職先を選ぶには、多角的な視点から求人情報を比較検討することが重要です。

しかし、転職活動の軸が定まっていないと、選択がブレてしまい、入社後にミスマッチが生じる可能性があります。

ここでは、自分に合った仕事を選ぶ際のポイントを解説します。

適性を見極める

仕事選びの基本は、自分の適性を把握することです。

自己分析を行い、得意分野と苦手分野を明確にしましょう。

自己分析が難しい場合は、Webや書籍で適性診断を受ける方法もあります。

ただし、診断結果は参考程度にとどめ、これまでの経験と照らし合わせて「なぜこの結果が出たのか」を深く考えることが大切です。

優先順位を設定する

自分の適性を理解した後は、転職先に求める条件を整理し、優先順位をつけましょう。

すべての条件を満たす仕事を見つけるのは難しいため、譲れない条件と妥協できる条件に分類します。

譲れない条件を満たす企業を探すことが、自分に合った仕事選びに繋がります。

業界・企業を詳しく調べる

譲れない条件を満たした求人を見つけたら、すぐに応募するのではなく、業界や企業について詳しく調べましょう。

求人情報だけでは本当に希望条件と合致しているか判断できません。

仕事内容や求められるスキル、業界の将来性などを詳しく調査し、その上で応募を検討します。

この情報は志望動機や自己PRを作成する際にも役立ちます。

継続的なスキルアップ

転職活動中だけでなく、転職後もスキルアップに努めましょう。

市場価値の高い能力を持つ人材は、将来的なキャリアアップに有利です。

キャリアプランが明確な場合は専門知識や資格を取得し、まだ展望が定まっていない場合は、マネジメントスキルや情報収集スキルなど、どこでも通用する「ポータブルスキル」を磨くことが重要です。

成長ストーリーに惑わされない

ベンチャー企業の「成長ストーリー」に魅了されることもあるかもしれませんが、それに過度に期待するのはリスキーです。

社長の人柄に惚れ込むことも危険で、業績が悪化するとリストラや経営陣の入れ替えが発生することがあります。

企業の成長に頼るのではなく、自分自身の人材価値を高めるという視点で転職先を選ぶことが重要です。

転職先の仕事の選び方についてのまとめ

転職先の選び方は、転職の成功を左右する重要なステップです。

自分に合わない企業を選んでしまうと、転職後にミスマッチが生じて退職につながる可能性があります。

転職活動の軸を明確にすることで、自分に合った企業を選ぶことができます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました