アフィリエイト広告を利用した記事があります

人感センサー付きの電球の選び方は?5つのポイントからチェック!

人感センサー付きの電球の選び方は?5つのポイントからチェック! 家電

人感センサー付きLED電球は、近付くと自動で点灯する便利なアイテムです。

パナソニックやアイリスオーヤマなどの有名メーカーから様々な商品が販売されています。

この記事では、人感センサー付きLED電球の選び方をご紹介します。

購入前に確認すべき3つのポイント

ポイントの文字が描かれたお皿

人感センサー付きLED電球を購入する際に、事前にチェックしておくべき重要なポイントを3つ紹介します。

適した電球を選ぶために、これらのポイントを確認しておきましょう。

1. 口金サイズ

電球の口金サイズは、照明器具のソケットに差し込む部分の直径です。

日本で販売されている電球の口金サイズは主にE26、E17、E12の3種類です。

ソケットに合わないサイズの電球を購入すると使用できないため、注意が必要です。

2. 取り付け方法

電球の取り付け方法には「垂直取り付けタイプ」と「横向き・斜め取り付けタイプ」の2種類があります。

照明器具に合った取り付け方法を選びましょう。

3. 使用場所の高さ・効果範囲

設置場所の高さや空間の広さに応じた商品を選ぶことも重要です。

商品のセンサーがどの程度の範囲で人を検知できるかが記載されているので、確認しておきましょう。

人感センサー付きLED電球の選び方5選

人感センサー付き照明

次に、人感センサー付きLED電球の選び方を詳しく解説します。

以下の5つのポイントに注目して選んでください。

1. センサー感度に注目

人感センサー付きLED電球は、センサー感度が商品によって異なります。

ヒトを検知する範囲や点灯時間が重要な要素です。

使用場所別に使いやすい商品の特徴を紹介します。

  • トイレ:反応速度が速く点灯時間が長いものがおすすめです。体を少し動かすだけで再点灯できるタイプや、減光機能付きの電球が便利です。
  • 玄関:検知範囲の広いものが適しています。広い玄関にも対応できるよう、検知範囲の広さを確認しましょう。
  • 廊下・階段:真正面からの検知範囲が広い商品がおすすめです。早い段階でヒトを検知できるモデルを選びましょう。

2. 電球を取り付ける角度をチェック

電球の取り付け角度には、「垂直取り付けタイプ」と「横向き・斜め取り付けタイプ」があります。

適切な照明器具に合わせて取り付けましょう。

  • 垂直取り付けタイプ:下向きに人感センサーが搭載され、電気の灯りが真下に広がります。広範囲を照らしたい場合に適しています。
  • 横向き・斜め取り付けタイプ:特定の範囲を照らすために便利です。センサーの向きを調節できるタイプもあります。

3. 光の明るさ・色をチェック

電球の明るさや色は、空間の居心地に大きく影響します。

設置場所に応じて適切な明るさや色を選びましょう。

  • 明るさ:商品に記載されている「○形相当」や「○W相当」を参考に選びます。
  • :電球色(リラックスしたい空間向け)、昼白色(自然な白色)、昼光色(仕事や勉強に最適)などがあります。

4. 省エネタイプを選ぶ

電気代を節約したい方には、省エネ性能の高い人感センサー付きLED電球がおすすめです。

省エネ法の目標基準を達成した商品や、低消費電力のものを選びましょう。

5. 保証期間・保証内容をチェック

購入後の故障や不具合に備えて、保証期間や保証内容も確認しておきましょう。

長期間保証される商品や、保証・サービス内容をチェックすると安心です。

人感センサー付きLED電球を使うメリット

人感センサー付きLED電球を使用することで得られるメリットは以下の通りです。

  • 夜間の廊下や階段の移動がしやすくなる
  • 電気の消し忘れを防げる
  • 玄関に設置すれば帰宅後に自動で点灯する
  • 防犯対策に役立つ

故障かな?と思ったら明暗センサーと設置場所を再確認

玄関のランプ

人感センサー付きLED電球を設置したのに点灯しない場合、「故障かな?」と思うことがあるかもしれません。

そんな時に考えられる原因として、明暗センサーの作動状況と設置場所の確認が重要です。

明暗センサーの確認

1つ目は明暗センサーが付いているかどうかです。

明暗センサー付きの商品は周囲が暗い環境でしか点灯しません。

そのため、設置場所が暗い状態になっているか再度確認しましょう。

設置場所の確認

2つ目は設置場所です。

人感センサー付きLED電球は、室温が30℃以上や湿度が高い場所では反応しにくい場合があります。

赤外線を使って人を検知するため、体温と周囲の温度差が小さいとセンサーが反応しづらくなります。

特に脱衣所や洗面所のような室温・湿度が高くなりがちな場所は避けましょう。

設置場所が高温・高湿度の影響を受けていないか確認してください。

電気代を節約したいなら省エネタイプを選ぼう

電気代を抑えたい方には、省エネ性能の高い人感センサー付きLED電球がおすすめです。

経済産業省の資源エネルギー庁が定める「省エネ法」の目標基準を達成した商品や、定格消費電力や待機電力の低いものを選ぶと良いでしょう。

また、人感センサーに加えて「明暗センサー」が搭載されたモデルもチェックしましょう。

明暗センサー付きモデルは、暗い場所でのみ人を検知して点灯するため、周囲が明るいときに点灯することを防ぎ、電気代の無駄を減らしてくれます。

人感センサー付きの電球の選び方のまとめ

人感センサー付きLED電球を選ぶ際のポイントを紹介しました。

手軽に取り付けられる人感センサー付きLED電球を上手に利用すれば、日々の生活がより快適になるでしょう。

ぜひ本記事を参考にして、設置場所に最適な商品を探してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました