丸顔の人の眼鏡の選び方とは?丸顔に似合うメガネと言えばこれ!

丸顔の人の眼鏡の選び方とは?丸顔に似合うメガネと言えばこれ! ファッション

購入後に「顔に合っていないかも」と感じることはよくある経験です。

特に顔が大きいと感じている人は、小顔効果を期待してメガネを選ぶこともあります。

この記事では、顔の大きさをカバーし、自分に似合うメガネの選び方を紹介します。

丸顔の方へのメガネ選びのアドバイス

黒板の前にいる眼鏡の女性

丸顔の方がメガネを選ぶ際には、以下のポイントが役立ちます。

曲線と直線のバランス

丸顔の特徴を生かすためには、曲線を持つフレームを選ぶと顔の柔らかさが強調されます。

逆に、シャープな印象を求めるなら直線的なフレームがおすすめです。

フレームの縦幅と顔のバランス

丸顔の方は顔の縦横の比率が近いため、縦幅の広いフレームを選ぶと顔全体とのバランスが取れます。

縦幅が狭いフレームやハーフリムを選ぶと、顔の縦のラインが強調され、シャープな印象になります。

丸顔におすすめのメガネフレーム

ラウンドフレーム

  • 丸顔の方にはラウンドフレームが相性抜群です。顔とフレームの曲線が調和し、親しみやすい印象を与えることができます。

スクエアフレーム

  • よりフォーマルで知的な印象を与えるスクエアフレームは、丸顔をすっきり見せる効果があります。フレームのシャープなラインが顔の柔らかさを引き締めます。

スタイリングのコツ

  • フレームの上部にデザインがあるメガネを選ぶと、視線が上に集まり、顔全体がすっきり見えます。ハーフリムやブローフレームが特におすすめです。
  • 顔の縦幅が気になる場合は、縦幅が短めのスクエアやオーバルフレームを選ぶと、バランスが良くなります。ビジネスシーンにもマッチする洗練された印象になります。
  • カジュアルなスタイルには、ボストンやウェリントンフレームが適しています。これらはトレンド感のあるデザインで、丸顔の優しい印象を活かしつつ、ファッショナブルな雰囲気を楽しむことができます。

メガネの選び方:丸顔の方は避けるべき

眼鏡とキーボード

丸顔の方がフェイスラインをスリムに見せたい時、避けたいメガネのスタイルがいくつかあります。

ここでは、そのようなメガネのタイプと、選ぶ際の考慮点を解説します。

ボストンタイプのメガネ

ボストンタイプのメガネは、その丸みを帯びたフレームが顔の丸さを強調してしまうため、丸顔をスッキリと見せたい方には推奨されません。

これらのメガネは顔の中央に焦点を当て、顔の縦のラインを短く見せがちです。

丸顔の方がよりスリムな印象を与えたい場合、ボストンタイプは避けるべきです。

ウェリントンタイプのメガネ

ウェリントンタイプのメガネも、大きなレンズが特徴で、やや角が丸みを帯びているため、丸顔にはあまり適していません。

このタイプのメガネを選ぶ場合は、レンズの縦幅が狭いものや、リムがないデザインを選ぶと、顔が長く、スリムに見える効果があります。

スリムに見せるメガネ選びのコツ

丸顔の方がメガネを選ぶ際には、次の点に注意してください。

  1. フレームのデザイン:シャープな角度があるスクエアタイプのメガネや、縦長のデザインが顔の形を引き締めるのに効果的です。
  2. フレームの太さ:細めのフレームを選ぶことで、顔にかかる重みを減らし、スッキリとした印象を与えることができます。
  3. カラーと素材:フレームのカラーにも注意しましょう。暗めの色やクリアな素材は、顔の輪郭を柔らかく見せる助けとなります。

特定のフレームタイプを避ける

メガネは顔の印象を大きく左右するアクセサリーの一つです。

丸顔の方がスタイリッシュにメガネを楽しむためには、自分の顔の形に合ったフレーム選びが重要です。

スリムに見せたい場合は、特定のフレームタイプを避け、シャープでスリムなデザインを選ぶことがポイントです。

丸顔に似合う眼鏡についてのまとめ

メガネは、顔の形や求めるスタイルによって、最適なデザインや色が変わってきます。

適切なメガネを選ぶことに加えて、メイクや服装にも配慮すれば、さらにファッショナブルな印象を与えることができます。

この記事が提供するアドバイスを活用して、自身の個性を最大限に引き出すメガネを見つけ出しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました