アフィリエイト広告を利用した記事があります

レディースのズボンサイズの選び方!大人女性の悩みとは?

レディースのズボンサイズの選び方!大人女性の悩みとは? ズボン

「ぴったりのズボンサイズの選び方を知りたい!」 「自分に合ったサイズ感のズボンを選ぶには?」

ズボンはサイズ感によって印象が大きく変わるアイテムです。

ブカブカだったり、きつすぎたりすると、洗練された印象を与えませんよね。

この記事では、自分にぴったりのズボンサイズを選ぶために、押さえておきたいポイントをご紹介します!

基準となるのはウエストとヒップ

ズボンがきつく閉まらない様子

ズボンを選ぶ際、基準となるのはウエストとヒップのサイズです。

  • ウエストの測り方: 腕を下ろし、息を吐いてリラックスした状態でウエストの一番くびれている部分を一周測ります。
  • ヒップの測り方: お尻の一番高い部分を一周測りましょう。

薄手の下着を着けた状態で、メジャーを使って測定します。

サイズ表記の理解

自身のウエストとヒップのサイズが分かったら、次に理解しておくべきは「ヌード寸法」と「仕上がり寸法」の違いです。

これらの違いを知ることで、ズボン選びがより正確になります。

ヌード寸法

服を着ていない状態で測った寸法です。

これが実際に自分の体のサイズになります。

仕上がり寸法:

洋服を平置きして測ったサイズです。

通常、ヌード寸法よりも大きくなります。

ズボン選びのポイント

  • ヌード寸法のウエストが68cmの場合、仕上がり寸法68cmのズボンだとぴったりすぎてきつく感じることがあります。
  • 腰ではくタイプのズボンはウエスト位置が低いため、仕上がり寸法が大きくなります。
  • ハイウエストタイプのズボンはウエスト位置が高いため、仕上がり寸法が小さくなります。

ヌード寸法を基本に、仕上がり寸法を確認し、どのくらいのゆとりがあるかを見て購入しましょう。

お気に入りのズボンの仕上がり寸法をメジャーで測っておくと便利です。

ユニクロでのズボンサイズの選び方

ユニクロのオンラインストアには、ヌード寸法や仕上がり寸法が詳しく掲載されています。

  • サイズチャートの確認: 自分のウエストとヒップのヌード寸法を確認します。
  • 商品の仕上がり寸法の確認: 対応サイズ(ヌード寸法)を基に、商品サイズ(仕上がり寸法)をチェックします。
  • ゆとりの確認: ウエストはヌード寸法よりも+2~4cm、ヒップは+3~5cmほど余裕があると良いです。

ユニクロの商品タグには、そのサイズを着用するとキレイに着こなせるウエスト・ヒップのサイズが記載されています。

GUでのズボンサイズの選び方

GUのサイズ表には、ウエストのヌード寸法と仕上がり寸法が表記されています。

  • サイズ表の確認: 自分のヌード寸法を確認します。
  • 仕上がり寸法の確認: ウエストやヒップに余裕があるかチェックします。

レディースズボンのサイズ選びの注意点

デニムズボンをはいた女性

ズボンをきれいに着こなすためには、ウエスト・ヒップだけでなく、太ももの部分にも注意が必要です。

  • 太もものシワのチェック: 正面だけでなく、横や後ろ姿も確認し、太ももにシワやたるみがないかをチェックします。
  • サイドポケットのチェック: 生地が伸びてポケットが開いたり、浮いたりしていないか確認します。

裾の長さのチェック

裾の長さも、ズボンスタイルの印象を決める重要なポイントです。

  • 細身のズボン: くるぶしや足首が見える長さを選ぶと、足元がすっきり見えます。
  • テーパードズボン: 丈が長すぎるとダボっと見えるため、注意が必要です。
  • ストレートズボンやスキニーズボン: 少しロールアップして足首を見せると、スタイルが良く見えます。

靴に合わせたズボン選び

ズボンを選ぶ際、合わせる靴も考慮に入れましょう。

  • ハイカットスニーカーやショートブーツ: ズボンの裾が長すぎると足元が重く見えるため、靴の上から肌が少し見えるくらいの長さが理想的です。
  • パンプスやヒール: アンクルズボンや9分丈ズボンを選び、足首や足の甲を見せるとコーディネートに抜け感が出ます。

年齢とともに変わる体形に合わせたズボン選び

川沿いを歩くビジネスウーマン

ぽっこりお腹やたるんだお尻…。

これらの体形の変化が、50代以降の女性が「今までの服が似合わない」と感じる大きな原因です。

今回は、3D計測データからわかった加齢による体形変化の実態と、体をきれいに見せるズボンサイズの選び方・はき方をご紹介します。

30歳と55歳の体形の違い

「最近服が似合わなくなった」と感じる大人の女性は多いですが、その原因の一つは、服のサイズが体に合っていないことです。

実際、女性の体は50代を境に大きく変化します。

30歳と50代以上の体形を比較すると、バストやヒップなどのラインが加齢によりどう変化するのかがわかります。

加齢による体形の変化

加齢により、お腹はぽっこりと前に出て、ヒップは下がります。

やせ型の人も含め、ウエストから下腹部にかけて脂肪がつき、お腹がぽっこりします。

一方、お尻はそれほど大きくならず、全体が下に下がります。

体全体のサイズが均一に変わるわけではないため、洋服のサイズ選びに悩むことが多くなります。

特に「自分の体形に合うズボンになかなか出会えない」と悩む女性が多いようです。

レディースのズボンの選び方

デニムズボン

ズボンは着こなしの印象を決定づける重要なアイテムです。

体形に合わないズボンを選ぶと、着心地が悪いだけでなく、見た目の印象にも影響を与えます。

後ろから見て、お尻にシワがないか

きつ過ぎるとお尻や太ももに斜めジワが、ゆる過ぎると縦ジワが寄ります。

横から見て、ポケットが開いていないか

きつ過ぎるとポケットが開き、ゆる過ぎると浮いてしまいます。

正面から見て、太ももにシワがないか

きつ過ぎると股のあたりに横ジワが、ゆる過ぎると縦ジワが出ます。

正しいズボンのはき方

また、ズボンのはき方にもポイントがあります。

ズボンをはくとき、両脇をぐっと上げ過ぎていませんか?

こうすると、股や太ももによけいなシワが寄ってしまいます。

両脇を上げ過ぎないように意識するだけで、脚のラインがすらりときれいに見えます。

正しいズボンのはき方のポイント

後ろから見て、ウエスト両端が少しカーブする

正しいウエスト位置ではくと、布に不自然なシワが出ず、本来のズボンの形を活かせます。

横から見て、ウエストが前下がりになっている

前ポケットに手を入れて前下がりになるようにすると、お腹もお尻もきれいに見えます。

両脇は腰骨の上あたり。ウエストはゆるやかにカーブ

両脇を上げ過ぎずにはくと、股や太ももによけいなシワがなく、美しいシルエットが出ます。

レディースのズボンサイズの選び方についてのまとめ

体型にぴったり合うズボンを選ぶためには、現在の自分のウエスト・ヒップサイズを知ることが重要です。

心地よくはけるズボンのサイズを測り、ショッピングの参考にしましょう。

ズボンは、履けるだけではなく、きれいに着こなせているかどうかも大切です。

横や後ろ、太ももをチェックして、シワやたるみがないか確認しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました