「アフィリエイト広告を利用しています」

 

ZIGEN アクアハンドジェルは医薬部外品?メンズ用ハンドクリームの違い

アクアハンドジェル

「アフィリエイト広告を利用しています」

この記事では、ZIGEN アクアハンドジェルが医薬部外品に当たるのか化粧品に分類されるのかをご紹介しています。

ZIGEN アクアハンドジェルは、メンズ用ハンドクリームですが、どのジャンルに分類されるかで、効果も変わってきますよね。

また、医薬部外品や医薬品、化粧品はどこに違いがあるのかも気になるところ。

ZIGEN アクアハンドジェルをすぐに手にしたい方は、以下の公式サイトを、ZIGEN アクアハンドジェルが医薬部外品に当たるかどうか知りたい方は記事を確認してみてください。

ZIGEN アクアハンドジェルは医薬部外品?

まず、ZIGEN アクアハンドジェルは医薬部外品ではなく、化粧品に分類されます。

一般的なスキンケア用品は、医薬品、医薬部外品、化粧品のどれかに該当することが多いです。

ZIGEN アクアハンドジェルは、化粧品にあたるので、残念ながら厚生省の認可を受けていません。

ただ、それでもZIGEN アクアハンドジェルの効果が変わることはないので、まず3種の違いを見ていきましょう。

>>ZIGEN アクアハンドジェルの詳細はこちらから

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いは?

  1. 医薬品の特徴
  2. 医薬部外品の特徴
  3. 化粧品の特徴

ZIGEN アクアハンドジェルを始めとして、多くのスキンケア商品は、以上の3つのどれかに該当します。

一般的には、医薬品が一番効果も高いイメージがありますが、医薬部外品や化粧品との違いも気になる所。

以下に、医薬品、医薬部外品、化粧品のそれぞれの特徴から、違いも見ていきましょう。

医薬品の特徴

医薬品は、病気の「治療」を目的とした薬を指します。

厚生労働省から配合されている有効成分の効果が認められた薬で、医師が処方するタイプは医薬品になります。

医薬品の場合は、薬局でも手に入り、中には処方箋がないと売ってもらえない薬もありますよね。

具体的な有効成分としては、医療用の白色ワセリン、高濃度の尿素、ヘパリン類似物質などが保湿の有効成分として有名です。

つまり、外用剤などスキンケアに用いられる皮膚用の薬が医薬品と呼ばれているんですね。

医薬部外品の特徴

医薬部外品は、厚生労働省が許可した中でも、効果や効能などの有効成分が、一定の濃度で配合された薬を指します。

そのため、ZIGEN アクアハンドジェルは医薬部外品に該当しません。

医薬部外品の場合、治療用と言うよりは、防止や衛生に重点を置いています。

ZIGEN アクアハンドジェルが医薬部外品として認められていないのはある意味不思議ですね。

ただ、医薬部外品でないからと言って、保湿などの効果が変わるというわけではありません。

ちなみに、「薬用」と書かれている場合「医薬部外品」として認められた証なので「薬用=医薬部外品」となります。

化粧品の特徴

化粧品は、ZIGEN アクアハンドジェルも該当しますが、医薬部外品とよりも、さらに効能・効果が緩和されたものを指します。

「清潔さが出る・魅力が増す・美化する・健やかにする」などに重点を置いたのが化粧品と呼ばれるタイプです。

ただ、医薬部外品のように「肌荒れ」「荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能は認可されておらず、パッケージにも書けません。

なので、ZIGEN アクアハンドジェルにも医薬品や医薬部外品の表示はないんですね。

とはいえ、ZIGEN アクアハンドジェルは薬として認められていなくても効果があると支持を受けているので、あまりこだわる必要はないかもしれません。

ZIGEN アクアハンドジェルは医薬部外品ではない!まとめ

ZIGEN アクアハンドジェルは、医薬部外品ではなく化粧品に分類されるのでしたね。

効き目があると評判なのに、医薬部外品ではないのが逆に不思議ですが、成分を見ても刺激が弱いのはメリットだと思います。

ZIGEN アクアハンドジェルの気になる効果や特徴などは、以下の記事も参考にしてみてください。

>>ZIGEN アクアハンドジェルの効果など詳細はこちらの記事から

タイトルとURLをコピーしました