アフィリエイト広告を利用した記事があります

メンズの喪服の選び方は?男性の服装マナーや選ぶコツを解説!

メンズの喪服の選び方は?男性の服装マナーや選ぶコツを解説! マナー

喪服には様々な種類があり、着用する場面や立場によって適切な服装が異なります。

特に男性は、スーツの素材や色だけでなく、合わせるワイシャツやネクタイ、靴下などの小物にも注意を払う必要があります。

突然の訃報に備え、喪服のマナーを知っておくと安心です。

ここでは、男性向けの喪服の種類と服装のマナーについて解説します。

男性の喪服の種類

香典を持つ男性

男性の喪服は、正喪服・準喪服・略喪服の3つに分類されます。

それぞれの違いや着用する場面について説明します。

正喪服

最も格式の高い喪服です。

和装では紋付羽織袴、洋装ではモーニングスーツ(モーニングコート)を着用します。

正喪服は主に遺族や親族が葬儀・告別式から一周忌まで着用します。

一般参列者が着用するのはマナー違反となるため避けましょう。

準喪服

一般的にお葬式で着用される喪服です。

男性の場合、漆黒色で光沢のない生地のブラックスーツを指します。

喪主や親族は正喪服を着用するのが正式ですが、最近では準喪服を着ることが一般的です。

参列者もブラックスーツを着用すればマナー違反にはなりません。

略喪服

通夜や三回忌以降の法事で着用される喪服です。

また、喪主から「平服」を指定された場合にも着用します。

略喪服は黒やグレー、濃紺などの地味な色で、無地のダークスーツが基本です。

通夜・葬儀・法事における喪服の選び方

法事のシーン

通夜

通夜は葬儀・告別式の前夜に故人と最後の夜を過ごす儀式です。

半通夜と呼ばれる短時間の形式が一般的です。

通夜では平服(略喪服)で参列してもマナー違反にはなりません。

訃報を受けてすぐに駆けつける場合は略喪服、時間がある場合は準喪服のブラックスーツを着用しましょう。

葬儀・告別式

葬儀・告別式は故人を弔うための儀式です。

喪主や遺族は正喪服を着用し、参列者は準喪服のブラックスーツを着用するのが正式です。

しかし、最近では喪主や参列者も準喪服を着用することが増えています。

法事・法要

法事・法要は命日から数えた節目の年に行われる供養の儀式です。

三回忌までの法事では、喪主は正喪服または準喪服、参列者は準喪服を着用します。

三回忌以降は略喪服で問題ありません。

喪服以外のアイテムと選び方

ワイシャツ

白無地のワイシャツが基本です。

急な通夜に参加する場合は無地でなくても問題ありませんが、訃報から時間がある場合は白無地のワイシャツを着用しましょう。

襟はレギュラーカラーかワイドカラーを選びます。

ネクタイ

光沢のない黒無地のネクタイが基本です。

弔事の場ではネクタイにくぼみ(ディンプル)を作らないようにしましょう。

靴・靴下

ツヤのない黒色でシンプルなデザインの革靴を履きます。

内羽根式でストレートチップの靴が最適です。

スエードやエナメル素材の靴は避けましょう。

カバン・ベルト

ベルトは黒無地の革素材を選び、派手なバックルは避けます。

通夜や葬儀ではカバンを持たないのが基本ですが、必要な場合は黒無地のセカンドバッグを持参しましょう。

アクセサリー

結婚指輪以外のアクセサリーは外しておきましょう。

特に男性はアクセサリーが目立つため、腕時計やカフスボタンも避けるのが無難です。

コート

冬場にコートを着用する場合は、黒や紺の無地でシンプルなデザインのものを選びます。

チェスターコートやステンカラーコートが基本です。

喪服を購入する場所

メンズ喪服を購入するなら、紳士服専門店が最適です。

量販店では喪服を取り扱っていないことが多く、品質も安定しません。

専門店なら適切な喪服を確実に購入でき、小物類もまとめて揃えられるため便利です。

メンズの喪服の選び方についてのまとめ

男性の喪服は準喪服のブラックスーツを着用すれば問題ありません。

喪服は突然必要になることが多いため、事前に準備しておくと安心です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました