アフィリエイト広告を利用した記事があります

メンズのズボンサイズの選び方!コーデを格上げする方法とは?

メンズのズボンサイズの選び方!コーデを格上げする方法とは? ズボン

ズボンを選ぶとき、サイズ感で迷うことがよくあります。

「これってタイトすぎる?」「これはゆるすぎる?」と悩んだ経験はありませんか?

ズボン選びで失敗しないために、格好良く見える正しいサイズ感を理解しましょう。

ズボンのシルエットは穿き方次第

カジュアルビジネスの会社員

ズボンにはさまざまな種類があります。

たとえば、定番のデニムでも、ゆったりとしたタイプやフィット感のあるタイプなど、穿き方次第でシルエットが大きく変わります。

カジュアルズボンの基本的な穿き方

カジュアルズボンの主な穿き方には以下の2つがあります。

  1. 腰骨で穿く(ジャストで穿く): 腰骨の上にベルトを乗せるように穿く方法。
  2. ローライズで穿く(腰パンで穿く): 腰骨のすぐ下にベルトを合わせる方法。極端に下げて穿くのは避けましょう。

レギュラー/ストレートとスリム/スキニーの違い

それぞれのズボンタイプは異なる印象を与えます。

  • レギュラー/ストレートタイプ: 無骨で男らしい印象。
  • スリム/スキニータイプ: シルエットが綺麗でスマートな印象。

サイズ感の重要性

ズボンを格好良く穿くためには、サイズ感が非常に重要です。

裾がダボついたり、かかとを引きずってしまうと、清潔感に欠け、相手に良い印象を与えません。

適切なサイズ感で穿きましょう。

サイズ感の違いをチェック

レギュラー/ストレートタイプとスリム/スキニータイプでは、どの部分に余裕があるのかをチェックしてみましょう。

これにより、自分に合ったサイズ感を見つけることができます。

コーディネートのポイント

階段をのぼる男性

コーディネートを考える際には、全体のシルエットにも気を配りましょう。

例えば、チェックシャツを合わせて全体のバランスを確認すると良いでしょう。

スリム/スキニータイプのズボンは、コーディネートを外す可能性が低いです。

脚を長く見せるズボンの選び方

ズボンの股上が深いか浅いかによって、脚の見え方も変わります。

一般に、股上が深いハイウエストズボンは脚を長く見せる効果がありますが、男性のファッションでは注意が必要です。

ハイウエストズボンの使い方

男性がハイウエストズボンを穿く場合、カジュアルスタイルとフォーマルスタイルで見え方が大きく変わります。

ハイウエストズボンを私服でおしゃれに着こなすのは難易度が高いため、現時点では避けたほうが良いでしょう。

ビジネスシーンで欠かせないズボンの選び方

スラックスを着用して歩くビジネスマン

ビジネススタイルにおいて、ズボンは欠かせないアイテムです。

季節や職場のルールによっては、ジャケットやネクタイ、シャツを変えることがあっても、ズボンは常に重要な役割を果たしています。

だからこそ、適切なサイズ感で履くことで、コーディネート全体が引き締まります。

【STEP1】ヒップのフィット感

ズボン選びで最も重要なのは、ヒップのフィット感です。

ウエストは比較的簡単に調整できますが、ヒップは調整が難しいため、最初からぴったりのサイズを選ぶことが大切です。

  • 大きすぎる場合: 太もも周りに余計なシワが入り、クリース(ズボンの中央に入る線)が歪んでしまいます。
  • 小さすぎる場合: ヒップ周りに横ジワができ、ズボンが食い込んで窮屈な印象を与えます。
  • 適正なサイズ: 程よいゆとりがあり、クリースが美しく描かれます。

【STEP2】ウエストのサイズ

ウエストは比較的調整しやすい箇所ですが、最適なサイズを選ぶことで、より快適に過ごせます。

パンツを試着した際に、ファスナーを締めた状態で手のひらが無理なく入るくらいのゆとりがあるのが理想です。

ウエストが大きすぎるとベルトでごまかすことになり、余計なシワができてしまいます。

【STEP3】全体のシルエット

ズボン全体のシルエットも重要です。

太もも、膝、裾の部分がきつすぎたり余りすぎたりしないかをチェックしましょう。

クリースが美しく描かれているかどうかが、全体の印象を大きく左右します。

【STEP4】股下の長さ

股下の長さには、ノークッション、ハーフクッション、ワンクッションの3種類があります。

最近のスーツはスッキリとしたデザインが多いため、丈が長すぎると裾が足元で溜まってしまい清潔感に欠けます。

一方、短すぎるとスタイルが悪く見えてしまうので、注意が必要です。

ビジネスシーンでは、ハーフクッションが万能でおすすめです。

【豆知識】ピンループ

ズボン選びの際に注目したいのが「ピンループ」です。

ピンループがあると、ベルトのバックルのピンを通すことでベルトが上下にずれにくくなり、綺麗な履き姿を保つことができます。

メンズのズボンサイズの選び方についてのまとめ

ズボンの選び方で迷わないためには、自分に合ったサイズ感と穿き方を理解することが大切です。

スリム/スキニータイプのズボンは、コーディネートを外す可能性が低く、清潔感とスマートな印象を与えます。

適切なサイズ感で、格好良くズボンを穿きこなしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました