フリーターのバイトの選び方は?おすすめのバイト11選!

フリーターのバイトの選び方は?おすすめのバイト11選! バイト

フリーターとしてバイトを探す際、「時給が高くて稼げる仕事」「バイトを掛け持ちする方法」「楽しんで働ける仕事」など、効率よく稼ぎつつ自分に合ったバイトを見つけたいと考えることが多いでしょう。

バイト先によって条件や収入が大きく変わることがありますので、バイト選びは非常に重要です。

この記事では、フリーターにおすすめのバイトを紹介します。

フリーターのバイト選びで重視すべきポイント

店員にスマホを見せる女性

バイトを選ぶ際、求人情報のどこを見て選べば良いか迷うことも多いでしょう。

ここでは、フリーターがバイトを選ぶ際に重視すべきポイントを紹介します。

  1. 時給・手当・待遇
  2. 掛け持ちができる環境か
  3. 業務内容が自分に合うか

「時給・手当・待遇」は、生活するために必要な収入を得るために重要です。

時給が低かったり、交通費が出なかったりすると生活に支障をきたす可能性があるので、条件を決めて探すことをおすすめします。

「掛け持ちができる環境か」は、空いている時間を有効活用し、収入アップにつなげるために確認が必要です。

ひとつのバイト先で十分な収入が得られる場合は問題ありませんが、収入が不十分な場合は、シフトの融通が利くか、掛け持ちが可能かを確認しておくと良いでしょう。

「業務内容が自分の性格に合うか」も大切です。

フリーターは長時間働くことが多いため、長く続けられるような仕事を選ぶのが理想です。

自分の性格やスキルに合った業務内容を探すことで、心身の負担を軽減できます。

おすすめのバイト11選

11の数字

ここでは、前述のポイントを踏まえたフリーターにおすすめのバイトを具体的に紹介します。

1.飲食店店員

飲食店では、調理を担当するキッチンと接客を担当するホールに分かれます。

ファミレスや居酒屋では食事補助やまかないがあることも多く、食費の節約にもなります。

シフトの融通が利きやすい点もメリットです。

2.コンビニ店員

コンビニは24時間営業のため、シフトに入る時間帯を比較的自由に選べます。

特に深夜帯は時給が高く、まとまった金額を稼ぎやすいです。

シフトの自由度が高いため、掛け持ちバイトも可能です。

3.スーパー・ショッピングセンター店員

シフトの調整がしやすく、働く時間を自由に選べる点が魅力です。

レジ打ちや品出しの業務があり、自分の都合に合わせてシフトを組むことができます。

4.ネットカフェ・漫画喫茶店員

24時間営業の店舗が多いため、深夜や早朝など高時給の時間帯にシフトを入れることが可能です。

シフトの柔軟性が高く、掛け持ちバイトにも適しています。

5.フードデリバリースタッフ

原付バイクや自転車で食事をデリバリーする仕事です。

シフトの自由度が高く、自分の空いた時間に働ける点が魅力です。

時給も高めに設定されていることが多いです。

6.事務員

電話対応やPC作業が中心の事務員は、デスクワークで体力を消耗しにくい上、時給が高めに設定されています。

PCスキルがある人におすすめです。

7.コールセンタースタッフ

通販の注文受付や企業の問い合わせ窓口を担当するコールセンタースタッフは、電話応対のスキルが求められるため時給が高めです。

短時間や週2〜3日のシフトも可能です。

8.イベント設営・運営スタッフ

コンサートやスポーツイベントの設営・運営を行うバイトです。

短期・単発の求人が多く、日給・時給が高めです。

非日常空間でのバイトを楽しめます。

9.警備員

工事現場や施設の警備員は、深夜勤務が多く時給が高めです。

シフトの融通が利きやすく、掛け持ちバイトにも適しています。

10.引越しスタッフ

引越しシーズンには短期間で集中的に稼げるバイトです。

重労働ですが、時給が高く体力づくりもできます。

11.試験監督

入試や検定試験の監督を務めるバイトです。

特別な知識や経験は不要で、時給が高めに設定されていることが多いです。

土日や祝日に行われることが多く、掛け持ちバイトも可能です。

フリーターとして働く上での注意点

注意点の文字

フリーターとして複数のバイトを掛け持ちする際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

掛け持ちバイトを始めてから後悔しないためにも、以下の4つの注意点を必ず確認しておきましょう。

シフト調整の管理

バイトを掛け持ちする場合、シフトの時間が重ならないように十分注意することが大切です。

シフトが確定した時点で出勤が約束されるため、別のバイト先との予定が重なっても休む理由にはなりません。

出勤できない場合は、代わりのスタッフを見つける必要があり、迷惑をかけることになります。

掛け持ちする以上、自分のスケジュール管理は必須です。

手帳やスマートフォンのカレンダーアプリでスケジュールをしっかり管理し、ダブルブッキングが発生しないように調整しましょう。

労働時間・体調の管理

バイトは時給制のため、長時間働けば収入も増えます。

しかし、どんなにやりがいがあっても、休みがないと体力的・精神的に辛くなることがあります。

1週間に最低1日は休日を確保し、体を休める時間を作りましょう。

休息を取ることで、体力的にも精神的にもリフレッシュできます。

特に季節の変わり目や風邪を引きやすい時期には体調管理が重要です。

健康を損なって働けなくなることがないよう、適度に休みを取りましょう。

確定申告が必要な場合

バイトで収入を得ていると、確定申告が必要になることがあります。

特に、複数のバイトを掛け持ちしている場合、年末調整ができるのは1社のみのため、自分で確定申告をする必要があります。

以下の条件に該当する人は注意が必要です。

  • バイト先で年末調整が行われていない
  • 年収総額が103万円以上(掛け持ちしているバイトの収入も含む)

確定申告は義務であり、申告しなければペナルティとして税金が加算されることがあります。

該当する場合は必ず申告しましょう。

税金・年金・保険料の納付

バイトで得た年収に応じて、税金・年金・保険料の納付が必要です。

住民税は年収約100万円、所得税は年収103万円を超える場合に納める必要があります。

税金は通常バイト先が給与から控除しますが、控除されていない場合は自分で納付する必要があります。

また、年収130万円を超えると国民年金保険料の納付が必要です。

家族の扶養に入っている場合、年収130万円を超えると社会保険の扶養も外れるため、国民健康保険料も自分で納付することになります。

税金・社会保険料の納付額が大きな負担となり、手取り額が減る可能性があるため、納付時期と金額をしっかり把握しておきましょう。

フリーターのバイトの選び方についてのまとめ

フリーターにおすすめのバイトと、働く上での注意点をご紹介しました。

給与条件や働く環境が充実しており、掛け持ちしやすいバイト先を見つけることで、効率的に収入を得ることができます。

シフトの調整や体調管理、税金や保険料の納付など、フリーターがバイトをする際に注意すべき点は多いですが、この記事で紹介したおすすめのバイトを参考に、自分に合った働きやすいバイト先を見つけ、自分らしいワークスタイルを確立してください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました