アフィリエイト広告を利用した記事があります

ピッタリのズボン丈の選び方!おしゃれに見える長さはどれくらい?

ピッタリのズボン丈の選び方!おしゃれに見える長さはどれくらい? ズボン

ズボンはメンズファッションの基本アイテムですが、その丈の長さは見た目に大きな影響を与えます。

同じ素材やタイプのズボンでも、丈の長さによって印象が大きく変わります。

ズボンの丈の長さに悩む方も多いでしょう。

丈を決めるポイントには、ズボンの太さや種類、シルエットなどさまざまな要素があります。

今回は、普段から履いているズボンをより美しく、快適に着こなすためのポイントをご紹介します。

丈の長さを決めるポイント

背伸びした脚

ズボンのデザインや太さによって、適した丈の長さは異なります。

ここでは、シルエットごとにおすすめの丈の長さをご紹介します。

まずはズボンの太さをチェック

丈の長さを決める際の最初のポイントはズボンの太さです。

ズボンの太さは全体のシルエットを決める重要な要素となります。

その太さに合った丈の長さを選ぶことで、コーディネートが引き締まります。

細めのズボンは短めに

スキニーパンツのような細めのズボンには、短めの丈がおすすめです。

裾にたるみがないハーフクッションやノークッションが理想的です。

夏場にはハーフクッションをロールアップしてノークッションにすると季節感が出せます。

逆に、足首にたるみができるワンクッション以上の長さにすると、すっきりとしたシルエットが損なわれるので注意が必要です。

細身のズボンにはハーフクッションやノークッションがマッチします。

太めのズボンは長めに

太めのズボンにはワンクッションなどの長めの丈が適しています。

特にストレート系のズボンは、ワンクッションにすることで足元にボリューム感を出せます。

しかし、テーパードシルエットのズボンは短めにする方がきれいなラインを保てます。

ストレート系のズボンでも、長すぎるとだらしない印象になるため、普段の履き方や伸縮を考慮して正確な丈に調整しましょう。

裾上げの基礎知識

ミシンで裾上げ

多くのズボンは裾が長めに作られているため、裾上げが必要です。

裾上げはだらしなく見えるのを防ぎ、足元をすっきりさせ、清潔感を保ちます。

丈を決める際に迷うことが多いですが、ここでは裾上げの基本を紹介します。

正しいウエストの位置

裾上げの際に重要なのはウエストの位置です。

一般的には、男性は腰骨、女性はおへそのあたりが基準です。

ベルトの太さや形状によっても丈が変わることがあるため、普段使用するベルトを使って丈を決めるのがベストです。

ジャストサイズを選ぶ際の注意点

注意マークを持つビジネスマン

ズボンを選ぶ際のポイントは、履き心地、快適性、ウエストの位置、合わせる小物などです。

サイズが合っていないズボンはだらしなく見え、清潔感が損なわれます。

裾の長さの種類

ズボンの裾にはいくつかの種類があります。

  • ワンクッション:裾が足の甲にしっかりと当たる長さ。
  • ハーフクッション:裾がたるむかたるまないかのギリギリの長さ。
  • ノークッション:たるみがなく、立った状態でもくるぶしが見える長さ。

裾の長さをイメージする

裾の長さを決める際には、具体的なイメージを持つことが大切です。

ワンクッション、ハーフクッション、ノークッションを基準に考えるとイメージしやすいでしょう。

実際に着用してみて、長ければさらに短くすることができますが、短すぎると伸ばせないため、最初は長めにすることをおすすめします。

種類別に注意すること

ズボンの素材によっては、伸縮することがあります。

特にデニムは縮みやすい素材なので、裾上げの際には注意が必要です。

スキニーパンツは短めにすることが多いですが、短すぎないように注意しましょう。

裾上げに躊躇する方におすすめの「ロールアップ」

せっかく購入したパンツの丈を短くするのは、少し勇気が必要ですよね。

スラックスやワイドパンツなど、裾幅が広いパンツの場合は、なるべく裾上げするのが理想的です。

ただし、スキニーやデニムなどの厚手で細身のパンツについては、『ロールアップ』で対応するのも良い方法です!

ズボン丈の選び方についてのまとめ

ズボンの丈を適切に選ぶことで、コーディネートが引き締まり、清潔感が保たれます。

自分の股下寸法や好きなズボンの丈を知っておくと、ズボン選びがスムーズになります。

丈を決める際には、合わせる靴や素材の特性も考慮すると良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました