アフィリエイト広告を利用した記事があります

ビーチバレーに最適なサングラスの選び方!スポーツに向くのはどれ?

ビーチバレーに最適なサングラスの選び方!スポーツに向くのはどれ? サングラス

海辺では、日光を遮るものが少なく、水面からの反射光や強い海風にさらされるため、紫外線や乾燥から目を守るためのサングラスは必須です。

屋外での紫外線対策が必要なのは、日焼けだけが理由ではありません。

大量の紫外線が目に入ることで、眼病やアレルギーのリスクが増し、皮膚の老化や炎症を引き起こす可能性もあります。

海辺での紫外線の強さ

日光浴と紫外線

特に海辺では、空からの紫外線だけでなく、「砂浜からの反射で25%」「水面からの反射で10〜20%」の紫外線があるとされています。

アスファルトからの反射が10%程度であることを考えると、海辺の紫外線量は非常に高いことがわかります。

このため、海辺で長時間過ごす際には、十分な対策が必要です。

紫外線対策を怠ると、想像以上の紫外線を浴びることになります。

ビーチバレープレーヤーに最適なスポーツサングラス

ビーチバレーコート

ビーチバレープレーヤーは常に日差しの中で活動しているため、視界の広さと顔や目の保護が求められます。

白砂や水面からの強烈な反射光が目や肌を焼き、紫外線は目に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切なサングラスの選択が重要です。

以下は、ビーチバレープレーヤーに最適なサングラスの選び方です。

  1. 紫外線100%カットレンズ紫外線は目に有害で、長時間浴びると白内障の原因となることがあります。紫外線を100%カットするレンズを選ぶことが重要です。
  2. 広い視界と顔の保護スポーツグラスは、顔全体をしっかりと保護しながら広い視界を確保できるものが理想です。ハイカーブフレームは通常のメガネよりも視野が広く、顔にフィットして砂や風、埃から目を守ります。
  3. 強度のあるレンズスポーツ時には予期せぬ衝撃が発生することがあります。強度の高いレンズを使用することで、目や顔の保護を強化します。
  4. フィッティングとチューンナップスポーツサングラスは、顔にしっかりとフィットすることが重要です。ズレにくく、快適に使用できるようにフィッティングとチューンナップを行います。
  5. 度付きレンズの対応視力補正が必要な場合でも、適切な度数を入れたスポーツサングラスを作成することができます。

マリンスポーツにおけるサングラスの重要性

海での活動は、陸上よりも水面からの反射と太陽からの直射で、紫外線の影響を強く受けます。

サングラスは、紫外線透過率が0.1〜1.0%以下、またはUV400で、可視光透過率が30〜40%のものがおすすめです。

サーファーに多く見られる瞼裂斑や翼状片、白内障などは、紫外線が大きく影響していると言われています。

さらに、海面で乱反射した光は陸上よりも眩しく感じられます。

偏光サングラスを使うことで視界がクリアになり、波の様子などをより正確に確認できるため、パフォーマンスの向上につながります。

強い照り返しから目を守るためにも、海に出る際にはしっかりと紫外線対策を考えることが大切です。

マリンスポーツに適したサングラスの選び方

サーフィン系

サーフィンやボディーボードでは、サングラスの着用にはメリットとデメリットがあります。

サングラスをかけると視界が狭くなり、レンズが曇ったり水滴がついたりすると見づらくなります。

また、激しい動きによってサングラスがずれると、水上で掛け直すのは難しいです。

そのため、日本ではゴーグルやサングラスを着用してサーフィンやボディーボードをする人は少ないです。

それでも「ずれにくい形状」「浮く構造」「ヘッドリーシュで固定する」などの対策を施したサングラスを使用することで、目の病気を予防することができます。

サーフィンやボディーボードをする際には、これらの特性を持つサングラスの着用をおすすめします。

疾走系

疾走系のマリンスポーツでは、太陽光だけでなく強い風からも目を守る必要があります。

そのため、スポーツタイプのサングラスは必須です。

顔にしっかりフィットし、ずれにくいモデルを選びましょう。

ボート系

ボート系のマリンスポーツでは、疾走系ほどの激しい動きはありませんが、眩しさや紫外線、強い風から目を守るためにサングラスを着用することが安全です。

疾走系と同様に、スポーツタイプで顔にフィットするモデルがおすすめです。

ビーチバレーにはサングラスが必須!まとめ

海辺での活動には、紫外線対策が欠かせません。

ビーチバレープレーヤーに最適なスポーツサングラスを選ぶ際には、紫外線100%カット、広い視界と顔の保護、強度のあるレンズ、フィッティングとチューンナップ、そして度付きレンズへの対応が重要です。

これらのポイントを押さえて、目や肌をしっかりと保護しながら、スポーツを安全に楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました