バイトの選び方のコツは?6つのポイントと失敗を防ぐ方法!

バイトの選び方のコツは?6つのポイントと失敗を防ぐ方法! バイト

新しくバイトを始める際、自分に合った仕事を選びたいと思いませんか?

本記事では、バイト選びのポイントを6つ紹介します。

バイトを選ぶ前に確認しておきたいチェックポイントも含めて、ぜひご一読ください。

バイトの選び方6選

時給と書かれた積み木

バイトを選ぶなら、まず以下の6つのポイントをチェックしましょう。

1. 「時給」で選ぶ

目標金額がある場合は、バイトにどれだけ時間を費やせるかを考えましょう。

以下のようにシミュレーションしてみてください。

必要な時給を割り出す計算例

  • 月に10万円必要
  • バイトに費やせる時間は月80時間 → 必要な時給:1,250円以上

ただし、時給が高いバイトには資格や経験が必要な場合もあります。

無理なく目標金額を達成できるバイトを探しましょう。

2. 「シフト」で選ぶ

特に学生の場合、イベントやテスト期間などでバイトできないこともあります。

バイトの募集要項に「短時間でもOK」「週1日からOK」などのシフトの柔軟性があるか確認しておきましょう。

3. 「通勤時間」で選ぶ

自宅からバイト先までのアクセスも重要です。

通勤の負担が大きいと、疲労が蓄積してしまいます。

通勤時に疲れないシチュエーションを思い浮かべ、アクセスしやすい職場を選びましょう。

アクセスの基準例

  • 電車なら乗り換えなしで行ける
  • 徒歩や自転車で○分以内
  • 自家用車やバイクで○分以内

4. 「仕事内容」で選ぶ

バイトの仕事内容も重要な選択基準です。

確認ポイント

  • やりがいを感じられるか
  • 自分のスキルを活かせるか
  • 時給と仕事内容のバランスが取れているか

求人情報や先輩の体験談を参考に、自分に合った仕事を見つけましょう。

5. 「条件・待遇」で選ぶ

条件や待遇もバイト選びの重要なポイントです。

時給が低くても、以下のような条件や待遇が良ければやりがいを感じられることもあります。

  • 昇給制度
  • 通勤手当
  • 有給休暇

特に高校生の場合、勤務時間が法律に反していないかも確認しましょう。

6. 「雰囲気」で選ぶ

バイト先の雰囲気も重要です。

スタッフの表情や会話の有無、客層などをチェックしましょう。

自分に合った雰囲気の職場を選ぶことで、働きやすさが大きく変わります。

バイト選びで失敗を防ぐ2つのコツ

POINTと書かれたノート

倍と選びの失敗を防ぎたいなら、以下の2つのコツもチェックしましょう。

コツ1. 希望する条件に優先順位をつける

バイトに求める条件が多い場合、優先順位をつけると探しやすくなります。

  • 優先度1. 仕事内容:接客業務
  • 優先度2. 通勤時間:自宅から15分以内
  • 優先度3. 時給:900円以上

コツ2. 同じ業務内容でも複数のバイトを比較する

複数のバイトを比較検討することで、より良い条件のバイトを見つけやすくなります。

また、面接に慣れることで応募へのハードルも下がります。

バイトを選ぶ前に確認しておきたい4つのチェックポイント

チェックと書かれた吹き出し

バイトを始める前に、自分に合った仕事を見つけるための準備が大切です。

以下の4つのチェックポイントを参考に、自分にぴったりのバイトを選びましょう。

ポイント1. 1ヵ月に稼ぎたい目標金額はいくらか?

バイトをする理由は人それぞれです。

お小遣いが欲しい人から、生活費や学費を賄わなければならない人までさまざまです。

まずは、ひと月にいくら稼ぎたいか目標金額を設定しましょう。

目標金額を達成するためのシミュレーション例

  • 月に50,000円が目標の場合
    • 時給1,000円のバイトで50時間/月働く
  • 月に100,000円が必要な場合
    • 時給1,000円のバイトで100時間/月働く

もし、月に100時間も働けないなら、もっと高い時給のバイトを探しましょう。

特に学生で生活費を稼ぐ必要がない場合は、まずは30,000~50,000円を目標に設定するのがおすすめです。

初めから長時間働くと負担が大きいので、徐々に慣れていくことが重要です。

ポイント2. 1ヵ月に働ける時間はどれくらいか?

バイトに費やせる時間を考えてみましょう。

ライフスタイルを大きく変えずに、どれくらい働けるかを確認します。

バイト中心の生活を前提にすると、学業や健康に影響が出る可能性があります。

例えば、深夜にバイトをすると、翌朝起きられず学校に遅刻するかもしれません。

睡眠不足が続くと健康を害する恐れもあるので、今の生活をベースにバイト時間を考えましょう。

ポイント3. やりたい仕事・やりたくない仕事は何か?

自分がやりたい仕事とやりたくない仕事を把握することも重要です。

例えば「接客が好き」「立ちっぱなしは避けたい」など、具体的に書き出しましょう。

書き出すことで、自分に合ったバイトを選ぶ際の基準が明確になります。

ポイント4. 校則でバイトが禁止されていないか?

特に学生は、校則でバイトが禁止されていないか確認しましょう。

校則に違反してバイトをしていると、停学などのペナルティを受ける可能性があります。

長期休みだけバイトが許可されている学校もあるので、規則を確認してから応募しましょう。

バイトの選び方のコツについてのまとめ

バイトを選ぶ際には、自分に合った条件をしっかり確認し、優先順位をつけて探しましょう。

複数のバイトを比較検討することで、より良い選択ができるようになります。

バイト選びのポイントを押さえて、理想の仕事を見つけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました