アフィリエイト広告を利用した記事があります

トイレの電球の選び方は?トイレの電球が切れる前に○○をチェック!

トイレの電球の選び方は?トイレの電球が切れる前に○○をチェック! 家電

トイレの電球が切れたとき、すぐに交換する必要がありますが、電球の種類が多いため、どれを選べば良いか迷ってしまうことがあります。

そこで今回は、正しい電球の選び方を解説し、チェックポイントやおすすめの明るさもご紹介します。

電球交換前の確認ポイント

未使用のトイレ

「トイレの電球を取り替えたら以前より暗くなった…」というケースはよくあります。

電球の口金サイズや形、ワット数を確認してから購入することが重要です。

現在の電球をチェック

トイレの電球が切れた場合、すぐに捨てずに現在使用している電球の「型番」を確認しましょう。

口金部分や電球のガラス部分には、アルファベットと数字から成る型番が記載されており、電球の種類や明るさ、消費電力がわかります。

例えば、「白熱電球」で型番が「LW100V36W」の場合、LWが電球の種類(ホワイト電球)、100Vがボルト数、36Wが消費電力を示しています。

口金のサイズと電球の形状

電球の口金(ソケット部分に差し込むネジ状の部分)は、元の電球と同じ形状やサイズを選ぶ必要があります。

口金のサイズはアルファベットと数字の組み合わせで表され、例えば直径が26mmの口金は「E26」と記載されます。

一般電球はE26、小型電球はE17、ハロゲンランプはE11が一般的です。

おすすめのワット数

電球や蛍光灯の明るさはワット数(W)で示されますが、最近では消費電力が少なくても明るい器具も増えています。

例えば、「54W、60形」と表示がある場合、54ワットの電力で60ワット相当の明るさが得られることを意味します。

トイレの電球は、60ワット以上だと明るすぎるため、40~60ワットが適しています。

トイレの電球選びのポイント

迷ったときは、トイレの電球の選び方や便利なアイデアを参考にしてください。

家族と相談して使いやすい電球を選びましょう。

LEDと白熱電球の比較

白熱電球は温かみがあり、目に優しいですが、電気代が高く寿命が短いです。

LED電球は省エネで寿命が長く、消費電力が少ないため、長時間使用する場所に向いています。

トイレにはLEDの明るさを示すルーメン値が350~550の電球色がおすすめです。

人感センサー付き照明の利便性

トイレの電気の消し忘れや夜間のトイレ利用時に便利なのが人感センサー付き照明です。

自動でオンオフしてくれるため、省エネ対策にもなります。

センサー感知範囲や取り付け方、消灯までの時間を考慮して選びましょう。

トイレの電球に適した色とは?「色温度」について

明るいトイレ

電球の光の色には様々な種類があり、白色や黄色っぽい色などがあります。

この色味を測る基準として「色温度」という単位が用いられます。

K(ケルビン)という単位で表され、色温度が低いと赤みが強い黄色っぽい色、高くなると白っぽく、さらに青みがかった白になります。

JIS規格では、色温度に応じて「電球色」、「昼白色」、「昼光色」といった名称が付けられています。

住宅用電球として一般的なこれらの色がトイレでどのような雰囲気を作り出すかを見ていきましょう。

落ち着いた雰囲気の「電球色」

「電球色」は、トイレにおすすめの色の一つです。

温かみのある黄色っぽい光で、リラックスできる落ち着いた雰囲気を作り出します。

色温度は約3000Kです。

夜間にトイレを利用する際も、目に優しく、刺激が少ないという利点があります。

ただし、電球色はオレンジ寄りの光であるため、汚れや排泄物の色が確認しにくいという難点があります。

自然な白色の「昼白色」

「昼白色」は、トイレを含む住宅全般に使いやすい色です。

太陽の光に近い自然な白色で、色温度は約5000Kです。

リビングやダイニング、キッチンなどに適しており、自然で清潔感のある雰囲気を作ります。

トイレにも向いていますが、電球色に慣れている場合、昼白色は少し明るすぎると感じることもあるかもしれません。

クールで明るい「昼光色」

「昼光色」は青みがかった白色で、色温度は約6000~6500Kです。

細かい作業を行う場所や集中力が必要な場面に適しています。

しかし、トイレで使用すると汚れが目立ちやすく、リラックスしにくいかもしれません。

清潔感はありますが、トイレには向かない場合もあります。

中間の「温白色」

「温白色」は、「電球色」と「昼白色」の中間に位置する色で、色温度は約3500Kです。

電球色の赤みや黄色味を抑えつつ、昼白色の明るさも持ち合わせています。

トイレの照明としても良い選択肢ですが、店頭で見かけない場合は店員に相談してみましょう。

色の違いに注意

電球を購入する際は、パッケージに記載されている色の表示を確認することが重要です。

「電球色」はオレンジ系、「昼白色」は青系や緑系、「昼光色」は青系の画像が多く使われています。

特に「昼白色」と「昼光色」は漢字が似ているため、購入時にはしっかりと確認しましょう。

トイレの電球の選び方についてのまとめ

電球を交換する際は、型番と口金のサイズを確認し、適切な電球を選ぶことで失敗を防げます。

トイレの電球が落ち着かないと感じたら、ワット数や色をチェックしてみましょう。

温かみのある白熱電球やワット数の低い電球に交換するだけで、トイレの雰囲気が大きく変わります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました