データ入力のバイトを探しているなら?選び方と仕事内容など解説!

データ入力のバイトを探しているなら?選び方と仕事内容など解説! バイト

在宅でできるバイトを探していると、データ入力の求人がよく目に入ります。

しかし、具体的にどのような仕事なのか分からない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、データ入力の仕事内容やそのメリット、求められるスキルについて詳しくご紹介します!

データ入力とは?

キーボード操作する男性

データ入力とは、パソコンを使って数字や文字などの情報を入力する仕事です。

紙に書かれたデータや帳簿の数字などを電子化することで、ペーパーレス化を目的としています。

主にExcel、Word、Googleスプレッドシートなどに入力しますが、会社独自のフォーマットに入力することもあります。

このため、基本的なパソコン操作ができれば誰でも始めやすい仕事と言えます。

データ入力の求人が多いのは、この手軽さが理由の一つです。

東京や大阪で求人が多い傾向

データ入力の仕事は、オフィスが多い東京や大阪で求人が多く見られます。

これらの都市にはデータ入力の仕事を請け負う代理店も多いため、自然と求人も集中します。

地方ではオフィスの数が少ないため、データ入力の仕事も少ない可能性があります。

在宅で個人情報を扱うことは難しい

在宅でデータ入力を行う場合、個人情報を扱うことは基本的にできません。

個人情報の取り扱いには厳しいセキュリティが求められるため、自宅のパソコンでは対応が難しいからです。

在宅で個人情報を扱う仕事をする場合は、厳重なセキュリティ対策が必要です。

在宅でデータ入力のバイトをするメリット

空中に浮かぶメリットの文字

個人情報を扱わないデータ入力の在宅バイトには、多くのメリットがあります。

以下の点を参考に、在宅データ入力バイトの魅力を理解してください。

専門的なスキルや知識が不要

データ入力の仕事は、特別なスキルや知識がなくても始められます。

主にExcelやWord、Googleスプレッドシートに入力するため、基本的なパソコン操作ができれば十分です。

未経験でも始めやすい

多くの在宅データ入力バイトは未経験者歓迎です。

専門的な知識やスキルが不要なため、経験を問わずに募集されていることが多く、初心者でも安心して始められます。

パソコンスキルの向上

データ入力の仕事を続けることで、自然とパソコンスキルが向上します。

ExcelやWord、Googleスプレッドシートの操作に慣れ、効率よく作業できるようになるでしょう。

続けることで収入アップ

在宅データ入力の仕事は、成果報酬制の場合が多いです。

慣れてくるとタイピングスピードが上がり、難易度の高い作業もこなせるようになるため、収入が増える可能性があります。

人間関係のストレスが少ない

在宅でのデータ入力は一人で完結する仕事が多いため、人間関係のストレスが少なくなります。

他の人と顔を合わせることがなく、パソコンを通じたやり取りが主となるため、人間関係の煩わしさを感じずに仕事ができます。

在宅データ入力バイトの代表的な仕事内容

PCを扱う女性

在宅でデータ入力のバイトを始めると、どのような仕事があるのでしょうか。

以下に、代表的な仕事内容を紹介します。

データ入力の仕事内容

データ入力と言っても、その内容は多岐にわたります。

例えば、紙の帳簿の内容をデータ化する仕事や、アンケート結果の集計、自分で資料を集めてからデータを入力する仕事などがあります。

リスト作成

リスト作成は、クライアントの指示に基づいて情報をリストアップする仕事です。

例えば、「ビーガン向けのレストラン」をリストアップする場合、インターネットで情報を収集し、該当するレストランのリストを作成します。

この仕事はインターネットでの検索に慣れている人に向いています。

アンケート結果の集計

アンケート結果の集計は、クライアントが実施したアンケートや市場調査のデータを元に、集計を行う仕事です。

アンケート結果を選択式で入力する場合や、フォーマットに入力する場合があります。

自分が得意な方法を選びましょう。

文字入力

紙の書類に手書きや印字された情報を、パソコンに入力する仕事です。

名刺画像から住所や名前を入力したり、レシート画像から日時や金額を入力したりします。

単純なデータ入力作業が多く、初心者や単純作業が好きな人に向いています。

在宅データ入力のバイトの収入の相場

在宅データ入力の収入は、時給制か成果報酬制(1文字または1件ごと)に分けられます。

在宅では成果報酬制が多いです。

成果報酬制の場合、1文字あたりの単価は0.1円~1円程度、1件あたりの報酬は5千円~1万円程度が目安です。

収入はタイピングスピードや経験、受ける案件によって大きく異なります。

在宅データ入力の仕事に求められるスキル

PCで資料作成

データ入力の仕事には特別な専門知識は不要ですが、スムーズに仕事を進めるためには以下のスキルが役立ちます。

検索エンジンの活用

クライアントの指示に基づいてインターネットで情報を収集する場合、効率的な検索方法を知っているとスムーズに仕事が進みます。

ExcelやWordの基本操作

データ入力では、ExcelやWord、Googleスプレッドシートの基本操作が必要です。

これらのソフトに慣れていると、作業が効率的に進みます。

タイピングスキル

速いタイピングが求められます。

特にブラインドタッチができると、入力速度が向上し、収入アップに繋がります。

コピー&ペースト

文章をコピー&ペーストするスキルも重要です。

これができると、作業の効率が大幅に向上します。

在宅データ入力バイトのきつさ

在宅データ入力は未経験でも始めやすい仕事ですが、人によってはきついと感じることもあります。

一人で長時間作業することや、単調な作業が苦手な人には向いていないかもしれません。

また、正確性が求められるため、ミスを避けるプレッシャーがあることもきつさの一因です。

データ入力のバイトの選び方についてのまとめ

データ入力の在宅バイトは、特別なスキルや知識が不要で未経験者でも始めやすい仕事です。

パソコンスキルの向上や人間関係のストレスが少ないなど、多くのメリットがあります。

在宅でのデータ入力バイトに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました