アフィリエイト広告を利用した記事があります

ズボンのウェストサイズの選び方は?外さない男のパンツ選び!

ズボンのウェストサイズの選び方は?外さない男のパンツ選び! ズボン

誰にでも体型に合わせたズボン選びの悩みがあります。

ここでは、よくある「お悩み」とそれに対応するズボンをご紹介しますので、ぜひご参考ください。

大人のオナカ問題

スポーツウェアを着た男性

「普段は問題ないけれど、座っている時間が長いとウエストが苦しい」「食後にお腹が張る」といった悩みを持つ方に最適なズボンを提案します。

【A】ウエストの幅を調整できるタイプ

月日が経つとお腹周りのサイズが変わる方におすすめ。

ウエスト部分にアジャスターが付いており、自由にサイズを調整できます。

ただし、ベルトをしない方には不向きです。

【B】ストレッチ素材や内蔵ゴムで伸縮するタイプ

姿勢や食事によってウエストの変動を感じる方に最適。

見た目に影響が出にくいのもポイントです。

伸縮性のある素材や内蔵ゴムでフィット感を保ちますが、ベルトなしではズレることがあります。

【C】前身はスッキリ、後ろはゴム&内蔵の紐で調整

内蔵の紐でフィット感を細かく調整可能。

前側はスッキリとしたデザインで、ベルトを使用しなくてもズレにくい仕様です。

【D】オーソドックスな総ゴム入りウエスト&内蔵紐で調整

ウエストの大部分がゴムになっており、内蔵の紐でさらに調整可能。

カジュアルな見た目がOKなら、最適なタイプです。

筋肉質な体型の方

筋肉質な男性

「学生時代に運動をしていた」「筋肉がつきやすい」ためにズボンが合わないという方にも対応します。

お尻や太ももが太くても、足首まで太いわけではありません。

答えは、ゆったりフィットのテーパードシルエット

ヒップから膝、裾にかけて細くなる形状で、お尻や太ももをぴったりさせずにスッキリと見せられます。

特にヒップ周りにゆとりのあるタック入りタイプがおすすめです。

ふくらはぎが太い場合はストレートシルエット

自転車競技などでふくらはぎが太い場合、裾の広さをキープしたストレートシルエットが適しています。

冬でも汗をかく方

「暑くないのに、座っていると股や太ももの裏が汗ばむ」という経験を持つ方に。

コットンとポリエステルの特性

コットンは吸水性が高く、汗染みが出やすいのに対し、ポリエステルは吸水性が低く、汗染みが出にくいです。

速乾仕上げのポリエステル混素材のズボンがおすすめです。

お腹だけが成長してしまった方

元々は普通体型だったけれど、年齢とともにお腹が出てきたという方。

答えは、スリム・テーパードを選びつつ、ウエストサイズは無理のない設定にする

ゆったりとしたシルエットではなく、ヒップや脚部分は細めでウエストに余裕を持たせることで、窮屈さを感じずスッキリと見えます。

洗濯しても臭いが気になる方

「定期的に洗濯しているのに、ズボンの臭いが気になる」という悩みを持つ方。

速乾の原理と防臭の原理

速乾素材と防臭素材の原理は同じで、吸水性・保湿性が低く、繊維の膨らみが少ないポリエステルが臭いを防ぎます。

水分を含みにくい素材を選ぶことで、悪臭発生の可能性を低くできます。

ウエスト位置についての注意点

革製のベルト

ウエストの位置は、伝統的にはおへその位置(女性の場合はおへその2~3cm上)にありますが、現代ではスラックスタイプを除けば「ズボンのウエスト部分の位置」は、必ずしもその位置にならないことが多いです。

例えば、チノパンではおへその2~3cm下、ジーンズだとおへその5cm下にウエスト部分が来ることがあります。

これは個人の好みによるところも大きいです。

サイズ表記は「元来のウエスト部分のサイズ」を指しているため、ユーザーの実際のウエスト位置とは異なることがあります。

また、ズボンのウエスト幅とも一致しません。

ズボンのウェストサイズの選び方のまとめ

ズボン購入で失敗しないためには、「自分がウエスト位置にしてほしい場所の長さを測る」ことが重要です。

そして、「ウエストの仕上がり寸法を確認して、自分に合ったサイズを選ぶ」ようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました